【必見】なかなか見られない!激レアな相撲技まとめ

ちいnao
相撲技82種の中からなかなかお目にかかれない激レアな相撲技についてまとめてみました⭐︎

腕捻り(かいなひねり)

腕捻り(かいなひねり)とは、相手の片腕を両腕で抱え、足を引きながら体を開いて取った腕を外側に捻り出す技。
とったりとは体を開く方向が逆です。

鯖折り(さばおり)

相撲の決まり手の一。両手で相手のまわしを引きつけ,自分の上背と体重で相手の腰をくじいて押し倒す技。

頭捻り(ずぶねり)

相手の肩や胸に頭をつけ、
食い下がり差し手を抱え込むか、
肘をつかんで右(左)に捻るときは左(右)足を開いて、
手と首を同時に捻りながら倒して勝ちます。

伝え反り(つたえぞり)

差してきた相手の手首あたりをつかみ、
相手の脇の下をくぐり抜けながら自分の体を後ろに反らせ、
その圧力で倒して勝ちます。

掛け反り

相手の差し手のわきの下に自分の頭を入れ、足を踏み込んで切り返すように後ろへ倒すか、「外掛け」で反り倒すこと。

小褄取り(こすそとり)

褄取りに似ていますが、この技はつま先ではなく、相手の足首の正面から掴んで引き上げて倒して勝ちます。

二枚蹴り(にまいげり)

相手の体を吊り上げ、相手の足首あたりを外側から蹴り、
同時にひねりながら投げを打って倒して勝ちます。
蹴り、ひねり、投げの合わせ技で難度の高い技です。
「二枚」とは足の膝から足首の部分の外側のことを言います。

三所攻め(みところせめ)

相手の右(左)足を「内掛け」か「外掛け」して、
一方の足を手で取り、同時に頭で相手の胸を押すか
身体を寄せて仰向けに倒して勝ちます。
「内掛け」または「外掛け」、「足取り」、
「押し」または「寄り」の三つの技で相手の両足と胸の
三箇所を攻めるので、この名前がつきました。

摑み投げ(つかみなげ)

上手で相手の後ろ廻しをつかみ、
相手の体を宙に浮かせて放り投げて勝ちます。
よほど、腕力のある力士でないと出来ない大技で、
1957年以降52年間、一度も出ていないめずらしい技です。

櫓投げ(やぐらなげ)

両手で廻しを取って相手の体を十分に引きつけ、
膝を相手の内股に入れて太ももに相手の体を乗せ、
吊りぎみに持ち上げてから振るように投げ落として勝ちます。
両力士の力の差が大きくないと見られない大技です。
2009年の名古屋場所で1975年以来34年ぶりに朝青龍がこの技を決めました。

一本背負い(いっぽんぜおい)

相手の片腕を両手でつかみ、相手のふところに入って肩にかつぎ、前に投げ倒すこと。

大逆手(おおさかて)

大きく肩越しに相手の上手を取り、身体を反らずに、つかんだ腕の方向に投げること。

居反り

しゃがんで腰を落とし、のしかかる相手の膝(ひざ)を抱え、押し上げて反り返り、後ろに落とす技。

襷反り

片手で相手の差手の肘を掴み、もう一方の手で相手の腕の下を通して相手の足を内側から掬い上げ、後ろに反り倒す技。

撞木反り(しゅもくぞり)

低く構えて頭を相手の脇の下に入れて
肩の上に担ぎ上げ、体を反らして相手を後ろに
落として勝つ大技です。

外襷反り(そとたすきぞり)

相手の差し手を抱え、上からもう一方の手を
相手の差し手の方の内股にいれ
自分の体を反らせて倒して勝ちます。

1960年1月に決まり手が制定されて以来、幕内の取り組みで使われたことはない。

大股

出し投げを打った後、相手の踏み出した足(自分から遠いほうの足)を手で掬い、相手を倒す技。非常に珍しい決まり手で、昭和33年以降、幕内の取り組みでは使われていない

https://matome.naver.jp/odai/2147477862114135301
2016年09月29日