【Pro310W Slim165W】PS4初代 PS4新型 PS4Slim PS4Pro 消費電力

-AvA-
ゲーム機を買うとき、年間の電気代などあまり気にする人はいないかもしれません。しかしブリティッシュ・ガスの明かした最新データによると、現代の家庭用ゲーム機はかつてのものと比べ、最大4倍以上もの電気代がかかっていることが判りました。
PS4(CUH-1000)
消費電力 最大250W

39,980円 500GB(税別)

PS4(CUH-1100)
消費電力 最大250W

39,980円 500GB(税別)

PS4(CUH-1200)
消費電力 最大230W

34,980円 500GB(税別)

PS4Slim(CUH-2000)
消費電力 最大165W

29,980円 500GB(税別)
34,980円 1TB(税別)

PS4Pro(CUH-7000)
消費電力 最大310W

44,980円 1TB(税別)

定格250W
(ネットで出てくるゲーム中の実測は140W前後)

250Wで24時間ぶっつづけに動かしているとしたら6kwH/日、
1kWH22円として1月30日として計算すると
\3960
この数字は何かというと
PS4がフルパワーで1カ月ぶっつづけで動いた場合の
数字です。
実際はこれの半分もいかないでしょう。
まあざっくりで\2000以下。

あとは、テレビ。
これも50型ぐらいの液晶テレビならPS4と同程度。
PS4の電気代はどれくらいでしょうか? – 今年から実家の電気代が急に2… – Yahoo!知恵袋

1kWhあたりの電力量料金は全国平均である22円で計算します。

まずは旧型PS4です。
250W÷1000×1時間×22円=5.5円

次に1日3時間1ヶ月プレイした場合の電気代です。
0.25×3時間×30日×22円=495円

最後に年間の電気代です。
0.25×3時間×365日×22円=6022.5円

では次に新型PS4の1時間使用時の電気代です。
230÷1000×1時間×22円=5.06円

同様に1日3時間1ヶ月プレイした場合の電気代を見てみましょう。
0.23×3時間×30日=455.4円

最後に年間プレイ時の電気代です。
0.23円×3時間×365日×22円=5540.7円
PS4ってどのくらい電気代かかる? | 安屋敷那央仁のえいぎょうスマイル日記

PS4が消費電力200Wで1日あたり2時間PS4が稼働し、それが1か月続いたとします。1か月で、60時間の稼働と考えられるので
200(W)÷1000(k)×60(時間)×27(円)=324円
となり、PS4を1日2時間で、1か月使うと電気代は約324円になることが分かりました。ちなみに、1年間で計算すると、約3,888円になります。
最新PS4の消費電力は約200W!200Wの電気代って?

ここでは2015冬の最新型の冷蔵庫(ファミリーサイズ)で考えてみます。年間消費電力量は180kWhになります。このとき、
180(kWh)×27(円)=4860円
となります。つまり、冷蔵庫を1年間使用すると、電気代は4,860円になることが分かりました。ちなみに、10年前の冷蔵庫の年間消費電力量は約680kWhと、最新の冷蔵庫に比べ、約3倍になっています。つまり、10年前の冷蔵庫を買い替えた場合、年間で電気代が約10,000円安くなります!!
最新PS4の消費電力は約200W!200Wの電気代って?

PS4のスタンバイモード(Rest Mode)の1時間当たりの消費電力は「10W」で、年間コストは「10.64ドル(約1260円)」となっています。完全に電源を切る方法は「機能画面から電源マークを選び、[PS4の電源を切る]を選ぶ」「PSボタンを1秒以上押したままにして表示された画面で[PS4の電源を切る]を選ぶ」「電源ボタンに7秒以上(「ピッ」という音が2回するまで)触れたままにする」。

「スタンドバイモードを切りたくない」という場合は、メニューの「省電力設定」→[スタンバイモード中の機能の設定をする]から設定することで消費電力を削減することが可能。設定できる項目ごとの消費電力は「USB端子に給電する(6.3W)」「インターネットに接続したままにする(2.4W)」「アプリケーションを一時中断したままにする(1.2W)」となっています。
PS4・Xbox One・Wii Uで一番スタンバイ時の待機電力が多いのはどれ? – GIGAZINE

https://matome.naver.jp/odai/2147453781434809401
2016年09月22日