ハンバーグレストランチェーン「びっくりドンキー」は盛岡の小さな店が前身

july701
ハンバーグレストランチェーン「びっくりドンキー」の店名は「驚いたロバ」を意味する。「ロバのようにのろまでもいい。どんな時でも一生懸命に頑張って客をドキドキわくわくさせたい」という創業者・庄司昭夫さん(故人)の思いが込められている。

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727532303

びっくりドンキー 盛岡の小さな店が前身

ハンバーグレストランチェーン「びっくりドンキー」の店名は「驚いたロバ」を意味する。「ロバのようにのろまでもいい。どんな時でも一生懸命に頑張って客をドキドキわくわくさせたい」という創業者・庄司昭夫さん(故人)の思いが込められている。

びっくりドンキーの前身は、庄司さんが1968年に盛岡市で始めたハンバーガーとサラダの店「べる」。13坪の小さい店だが、メニューから内装まで手作りにこだわった。

ところが開店まもなく米マクドナルドの日本進出のうわさを耳にし、ハワイの店舗を視察して衝撃を受けた。機械化して一気にハンバーガーを焼き上げる様子を目の当たりにし「この先ハンバーガーは勝負にならなくなる」と考え、ハンバーグをパンで挟むのはやめた。一方で新メニューづくりに試行錯誤を重ね、一つの木の器にハンバーグとご飯、サラダなどを一緒に盛る独特のスタイルが出来上がった。新メニューは人気を呼び、盛岡市内でチェーン展開した。

その後、80年に同様のメニューを提供するびっくりドンキーの1号店を札幌市にオープン。翌年に本社も同市に移した。徐々に支持が拡大し、全国335店舗(今年4月時点)を展開するにいたる。廃材やガラクタなどを集めてつくったように見える店舗の外観、窓の形をした大きなメニューなど「びっくり」も随所に。楽しんでもらいたいという創業者の遊び心は今も健在だ。【横山三加子】

出典:毎日新聞2016年9月18日 東京朝刊


https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533003

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533203

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533303

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533403

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533503

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533603

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533803

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201/2147452873727533903

株式会社アレフについて

社名とシンボルマークについて

アレフの社名とシンボルマークは、現在のアルファベットの原形となった古代フェニキア文字の“A(アレフと発音しました)”にちなんでいます。「アレフ」は、もっとも大切な基本、最上級を意味しているほかに、ことの起こりやものの起源なども表しています。同時に、“A”の形は、フェニキア人が豊穣のシンボルとして神格化していた牛の頭をかたどったものであり、自然と生命の象徴でもあります。そして、文字を発明したフェニキアの人々は、武力ではなく知恵を重んじる通商民族でした。この社名とマークには、つねに基本を忘れず、最上を目指し、自然や生命を何より大切にしながら食文化を追求していこうという私たちアレフの想いが込められています。

創 業
昭和43年12月

設 立
昭和51年7月
昭和62年5月 商号変更

資本金
442,615,500円(平成28年3月)

代表者
代表取締役社長  庄司  大

役 員
専務取締役    上森 典夫
常務取締役    庄司 開作
取 締 役    中村 勝廣
取 締 役    新道 弘次
監 査 役    今野 幸一

従業員数
社 員:664名
パート:2,904名(1日 8時間換算平均人員数)
(平成28年3月)

売上高
385億円(平成28年3月期)

主要取引銀行
みずほ銀行 札幌支店
北洋銀行 本店営業部
北海道銀行 本店営業部
三井住友銀行 札幌法人営業部
三菱東京UFJ銀行 札幌支社

一次加工場
北海道、岩手、福島、埼玉、岐阜、大阪、福岡(沖縄MLP含む)
ビール醸造所(小樽)
珈琲ローストファクトリー
平取工場(平取町)

業態・店舗

ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」
イタリアンレストラン「ペペサーレ」

生パスタと釜焼ピザレストラン「らくだ軒」

ビアパブ「小樽倉庫No.1」「ライプシュパイゼ」

イングリッシュ テーマガーデン「銀河庭園」

ガーデンセンター「花の牧場」

サラダビュッフェレストラン「森のレストランTen-Man」

ドライエイジングビーフステーキ専門店「43°STEAKHOUSE」

346店舗(直営140店、FC206店)

(平成28年7月現在 ※店舗数に銀河庭園は含まれておりません)

加盟団体
(社)日本フランチャイズチェーン協会

本 社
北海道札幌市白石区菊水6条3丁目1番26号
TEL 011-823-8301(代表)
FAX 011-823-8192

東京本部
東京都港区高輪3丁目24番18号 高輪エンパイヤビル 6F

(平成28年7月現在)

アレフの歩み

当社の創業は、昭和43年12月、創業者 庄司昭夫が岩手県盛岡市に開店した「ハンバーガーとサラダの店・べる」です。その後、主力メニューをハンバーグに変更し、盛岡市内に3店舗出店しました。

昭和51年 7月
岩手県盛岡市中央通3丁目1番8号において「カウベルカンパニー株式会社」を設立(資本金2,000千円)

昭和55年 9月
ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」1号店(札幌市西区)オープン

昭和56年 6月
本社を札幌市中央区南2条西10丁目5番地に移転
札幌工場(札幌市東区)新設

昭和58年 4月
関西地区営業開始、「びっくりドンキー」フランチャイズ展開へ

昭和60年 4月
本社を札幌市白石区菊水6条3丁目1番26号に移転

昭和60年 10月
新業態スペシャリティディナーレストラン「ハーフダイム」1号店(札幌市東区)オープン

昭和62年 5月
株式会社アレフに商号変更

平成 2年 12月
食材の研究を目的として、農業生産法人「有限会社アレフ牧場」(現:株式会社牧家 北海道伊達市)設立支援

平成 7年 7月
「小樽ビール」醸造スタート
新業態 ブルワリーパブ「小樽倉庫No.1」 (北海道小樽市)オープン
新業態 イタリアンレストラン「ペペサーレ」1号店(札幌市東区)オープン

平成11年 4月
「びっくりドンキー」200店舗を突破

平成11年 6月
ビール新醸造所開業(北海道小樽市)

平成12年 10月
チェーンレストラン初の沖縄出店

平成13年 7月
新業態 恵庭ガーデンショップ「花の牧場(現・恵庭ガーデンセンター)」開業

平成15年 9月
「北海道・ニュージーランド生物多様性シンポジウム」開催

平成15年12月
新業態 窯やきピザと釜ゆで生めん「らくだ軒」オープン

平成16年11月
新しい時代の提言「さっぽろ・ガイアミーティング」開催

平成17年 8月
持続可能な地球環境をめざすため「環境未来地図フォーラム」開催

平成17年12月
北海道地域文化選奨特別賞(企業市民文化賞)受賞

平成18年 2月
北海道省エネ・新エネ大賞(省エネ部門)奨励賞受賞

平成18年 6月
「えこりん村」グランドオープン(現:えこりん村株式会社)

平成18年 10月
店舗で一般家庭の廃食用油回収をスタート(北海道)

平成19年 2月
農林水産省バイオマス利活用優良表彰(農村振興局長賞)受賞
北海道工場を移転、開業(恵庭市)

平成20年 5月
「生物多様性条約第9回締約国会議 (COP9)」(独・ボン開催)にて、「ビジネスと生物多様性イニシアティブ」リーダーシップ宣言に署名。

平成20年 6月
北海道省エネ・新エネ大賞(省エネ部門)大賞受賞

平成20年 12月
環境事業部新設(環境ビジネスに参入)

平成21年 2月
手話の使えるお店宣言「びっくりドンキー氷雪の門地下店(札幌)」

平成21年 3月
食品産業CO2削減大賞・農林水産省総合食料局長賞受賞

平成21年 4月
店舗で一般家庭の廃食用油回収を東京都(4月)、埼玉県(9月)に拡大

平成21年 10月
サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」受賞

平成22年 1月
北海道工場 第14回新エネルギー大賞「資源エネルギー長官賞」受賞

平成22年 3月
環境省「平成21年度食品リサイクル推進環境大臣賞」最優秀賞受賞

平成22年 5月
「びっくりドンキー300店達成」

平成22年 6月
第1回いきものにぎわい企業活動コンテスト「農林水産大臣賞」受賞

平成22年10月
第1回 エコアクション大賞「普及貢献部門大賞」受賞

平成23年1月
『第3回顧客満足度調査」レストラン3位

平成23年7月
第3回さっぽろ環境賞 「札幌市長賞(循環型社会形成部門)」を受賞

平成23年9月
平成23年度障害者雇用優良事業所「理事長努力賞」を受賞

平成23年11月

平成23年度 北海道ゼロ・エミ大賞「大賞」を細澤牧場と共に受賞

平成24年10月
平成24年度 循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰 を細澤牧場と共に受賞

平成25年6月
沖縄地区にハンバーグ製造施設 沖縄ミートラインプロダクツを設立

平成27年2月
第12回 企業フィランソロピー大賞 「びっくリサイクル賞」を受賞

平成27年9月
アレフ埼玉工場を岩槻市から久喜市へ新設移転

平成27年9月
公益財団法人北海道盲導犬協会より「感謝状」受領

平成28年2月
「2014年度環境報告書(2015年9月発行)」が第19回環境コミュニケーション大賞において優良賞を受賞

(平成28年7月現在)

3つの企業使命

人間の健康と安全を守り育む事業の開拓
人間の福祉を増大する事業の創設
自然を大切にする事業の展開
企業情報 – 企業使命・行動理念 | 株式会社アレフ 公式ホームページ

アレフの経営理念

人間の尊重を原点に置き、
活力ある経営をする
そして、偏りや歪みの無い調和を保つ

よりよい品をより安く大衆の側に立つ

損得よりも善悪が先

お客様、我々、全ての幸福を目的とするが
お客様あっての我々という姿勢を守る
企業情報 – 企業使命・行動理念 | 株式会社アレフ 公式ホームページ

https://matome.naver.jp/odai/2147452699925640201
2016年09月22日