読書の秋~おすすめの一冊~

tmre0809
普段本を読まない、読書をしてみたいけどどの本を読めばいいのかわからない。そんなあなたにおすすめの本を紹介します。

何を読めばいいかわからない・・・

読書をしようにも、何を読んでいいかわからない。そんなあなたに、この秋ぜひ読んで欲しい本を紹介します。

感動すること間違いなし!!

君の膵臓を食べたい
著者 住野よる
本屋大賞2016第2位感動系

主人公である「僕」が病院で偶然拾った1冊の「共病文庫」というタイトルの文庫本。
それには「僕」のクラスメイトである山内桜良(やまうち さくら)が膵臓の病気により、もう長くはないことが記されていてた。
「僕」は、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。
「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく。
君の膵臓をたべたい – Wikipedia

君の膵臓をたべたい、読み終えちゃった、読み終えたくなかったけど
ボロ泣きだよね、うん、どうも涙もろい私は小説でも大粒の涙を落とすわけだ

きたひろ@kita_hiro5425

「君の膵臓をたべたい」読み終わった。
こんな形もあるんだなーって、
タイトルで感動した。

らいき@mkgm831

君の膵臓をたべたいすごく良かった
こんなに感動したのいつぶりだろうってぐらい感動してしまった
是非みんなにも読んでほしい
コーヒーガ冷めないうちに

著者 川口俊和

コーヒーが冷めるまでの間、過去に戻ることができる喫茶店での物語です。「恋人」「夫婦」「姉妹」「親子」の四つのお話が載っています。

お願いします、あの日に戻らせてくださいーー。「ここに来れば、過去に戻れるって、ほんとうですか?」不思議なうわさのある喫茶店フニクリフニクラを訪れた4人の女性たちが紡ぐ、家族と、愛と、後悔の物語。
コーヒーが冷めないうちに

めるお@AiriMeruainya

「コーヒーが冷めないうちに」
読み終わった!感動した☺☺
“心ひとつで、人間はどんなつらい現実も乗り越えていけるのだから、現実は変わらなくとも、人の心が変わるのなら、この椅子にもきっと大事な意味がある…。”

ろくかく@rokukaku

コーヒーが冷めないうちに 読了。ここまで綺麗な作品は久々です。物語が終わっても、注がれた純真無垢なその表現は暫く冷めずに心に留まる。#コーヒーが冷めないうちに

雛音@roof55hinane

「コーヒーが冷めないうちに」もめちゃめちゃ面白かったし凄い小説だった。
個人的には房木さんのお手紙のシーンが一番ぶわっときた。
恋人、夫婦、姉妹、親子のどれをとっても、目元がじわじわする。

誰もが知る自己啓発本

嫌われる勇気
著者 岸見一郎
古賀史健

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない――
【対人関係の悩み、人生の悩みを100%消し去る〝勇気〟の対話篇】

世界的にはフロイト、ユングと並ぶ心理学界の三大巨匠とされながら、日本国内では無名に近い存在のアルフレッド・アドラー。
「トラウマ」の存在を否定したうえで、「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言し、
対人関係を改善していくための具体的な方策を提示していくアドラー心理学は、
現代の日本にこそ必要な思想だと思われます。
Amazon.co.jp: 嫌われる勇気 eBook: 岸見 一郎, 古賀 史健: Kindleストア

JUNKY店主@ironokikuchi

「いま、ここ」に強烈なスポットライトを当てていたら、過去も未来も見えなくなる。過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。「嫌われる勇気」より

Kenghi@suiji018

嫌われる勇気、面白かった。アドラー心理学を本格的に学んでみたいと思う本でした。確かに身につけるには10年やそこら平気で掛かってくると思うが、どれだけ時間を掛けても理解したいし、その考え方を自分のものにできたら凄く楽に生きれそうだと思った
いかなる経験も、それ自体では成功の原因でも失敗の原因でもない。【嫌われる勇気】

あっ、と驚く叙述トリック

イニシエーション・ラブ

著者 乾くるみ

途中までは平凡な恋愛小説に感じますが、最後の数ページで物語が一変します。読み終わった後、もう一度読みたくなること間違いなし。

side-A
「僕」こと鈴木は、友人の望月から代役で呼ばれた合コンで出会ったマユに心を惹かれる。その後同じメンバーで誘われた海水浴で、ふとしたきっかけでマユから連絡先の電話番号を教えてもらう。2週間後、意を決して電話をかけたところ、マユも自分のことを気にかけてくれていたようで、デートの約束をなんとか取り付ける・・・・・・
side-B
マユとの関係を優先し、東京の会社からもらった内定を蹴り地元静岡の企業に就職した鈴木に、東京の親会社へ2年間の派遣の話が持ち上がる。新入社員から成績優秀者が選ばれエリートコースに乗せる、という会社方針のため鈴木は断り切れない。鈴木はマユに相談し、マユは渋々ながらも遠距離恋愛を決意し、鈴木は毎週会いに帰ってくることを約束する・・・・・・
イニシエーション・ラブ – Wikipedia

あああああ@aniimo001

イニシエーション・ラブ

ただの恋愛小説と思って読むと、最後の二行で丸々ひっくり返されます。その戦慄の読了感を一度体感してみて下さい。

ZHASILAI@zasa_mg

イニシエーション・ラブ ラストやばすぎやろ(笑)ほんまびびる。
イニシエーションラブ読了したけど、これめちゃくちゃ面白い!ミステリー小説にはまるきっかけになるくらい面白いかもしれん

綺麗な文章

羊と鋼の森
著者 宮下奈都
本屋大賞2016第1位美しく、清らかな一冊

ゆるされている。世界と調和している。
それがどんなに素晴らしいことか。
言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。

「才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない、そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。(本文より)」

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。
『羊と鋼の森』宮下奈都 | 電子書籍 – 文藝春秋BOOKS

北芳@fujimiroku23

羊と鋼の森をね、読んだのですよ。ああまでひたすらに、ひたすらに静謐で自然な美しさを湛えた文章にはなかなか出会えないだろうな…って印象。すごく色彩に溢れていてキャラがみんなやさしくて……良いものを読ませてもらいました。

鉈実@KatamiNatami

大分前に羊と鋼の森読み終わった。すごい読みやすかったしスルスル内容も読み込めた。心も清らかになる。これはいい成長物語です。

有名な旅行記!!

ガリバー旅行記
著者 ジョナサン・スウィフト

私の名前はガリバー。七つの海を渡って、これまで多くの国を訪れてきた。手のひらに乗るほどの小さな人の住む国、リリパット。私の十倍はある巨人の国のブロブディンナグ。そして巨大な浮遊島であるラピュタなど。そうそう、グラブダブドリッブでは魔法使いの降霊術により、歴史上の偉人たちに出会うという貴重な体験までできた。
ガリバー旅行記

山椒魚@ahoro-toru@ahoahoro_toru

ガリバー旅行記は風刺作品として読むと結構面白いぞみんな読もう。日本も出てくるし。
皮肉と風刺を理解できるようになってからガリバー旅行記を読むと面白い
https://matome.naver.jp/odai/2147451065510904201
2016年10月08日