iPhone7でsuicaを使う前に!(注意点・メリット)

teasesugoi
9/16に発売されたiPhone7、iPhone7Plus、Apple Watch Series 2が、iPhone待望のおサイフケータイに対応しSuica等電子マネーが使用できるようになります。その使い方や、注意しなければならない点等まとめました。事前に確認してみてください。

▼おサイフケータイが使えるiPhoneの機種は?

初代iPhoneからiPhone6s/6sPlusまではsuica等おサイフケータイは使えません。
一方で何気にApple Watch Series 2が使えます。いちいちスマホを取り出さなくて良いから便利すぎますね。

なお、海外モデルのiPhone7/7Plusでは使用できません

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」、そして「Apple Watch Series 2」が、「Suica」などに用いられているFeliCaを採用し、日本でアップルの決済サービス「Apple Pay」が利用できるようになった
iPhone 7で日本上陸の「Apple Pay」、何ができるのか [iPhone] All About

▼iPhone7/Plusで使えるおサイフケータイはsuica、iD、Quickpayのみ

iPhone7ではEdy、nanaco、WAON、各社ポイントカード等は現段階では未対応です。

▼今のsuicaをiPhone7/iPhone7Plusにタッチすれば設定完了!だけど同時に今のSuicaは使えなくなる

設定は簡単だけどカード型Suicaは抜け殻に
カード型のSuicaの上にiPhone7を置き、カード番号の一部を入力すればチャージ額も全額移り設定完了!(Suica購入時に支払った500円のデポジット分もチャージされます)
しかも定期券も使えます。

ただーし!!
カード型のSuicaはすぐに使えなくなります。
うんともすんとも言いません。抜け殻です。
職場の監査等で現物の通勤定期券が必要な場合とか、会社所有の清算用Suicaがある場合とかは特に気をつけて下さい。

なお、カード型Suicaがない場合はiPhoneアプリから新規に設定できます。

▼現在モバイルSuica使用中の人もiPhoneのSuicaへ移行できる

Android(アンドロイド)や従来型携帯電話(フィーチャーフォン)からの機種交換に伴う残高や設定内容の移行も、Suicaアプリで行うという
iPhoneにSuica JR東のキーパーソンを直撃|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

▼今後、新しいiPhoneへ機種変更する時も楽々Suicaを移行できる

iPhoneからiPhoneへ移行する場合には、アップルのクラウドサービス「iCloud」を経由するため、アプリや設定を移行すると、同時にApple Payの残高・設定も移行することになる
iPhoneにSuica JR東のキーパーソンを直撃|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行う必要あり。(iPhone内にSuica情報があることで機種変更データの受取りができなくなります)
また、再発行登録したモバイルSuica情報をiPhoneでは引き続き利用不可。旧機種からのデータをサーバへ預ける「機種変更」の手続きができない場合は一度「退会」しiPhoneで新規登録が必要です。

▼Suicaエリアに居住していなくてもiPhone7でSuicaアプリをダウンロードすれば使えるし、新幹線の切符も買える!

Apple PayのWalletとは別に、JR東日本より「Suicaアプリ」を提供予定です。こちらは、これまでの「モバイルSuica」と同じ、と考えていただいてかまいません。新幹線の切符なども買えますし、ここから新規のSuicaを発行することもできます。
iPhoneにSuica JR東のキーパーソンを直撃|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

JR東日本の小縣方樹取締役副会長が言ってますので確かかと。
ただし、JR東海のEX-ICは使用できないとのこと(下記参照)

▼モバイルSuicaで使えた一部決済方法、JR東海のEX-ICは使えない

新サービスでは、EX-IC(JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス)、銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなど一部ご利用いただけないサービスもございます
JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>[その他] スマートフォンでのご利用について

▼関西地区「PiTaPa」のお店ではSuicaを使えない(PiTaPaの改札は通れます)

iPhoneに設定したSuicaでも通れる改札
「PiTaPa」含む、PASMO、ICOCA、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん、Kitacaエリアでも相互利用でき、全国の鉄道・バスでsuicaが使えます。

PiTaPaのお店では使えません。(PiTaPaエリアの鉄道・バスは使えます。ややこしいw)

▼iPhone7に設定したiD、QUICPayで使えるお店は?

iD、QUICPayともに大手コンビニ、大手スーパー、大手ファミレス、大手タクシー等が対応

▼出発地か到着地がJR東日本のSuicaエリアでないと定期券は発行できない

OKなパターン
ダメなパターン

「Suica定期券」は、JR線単独定期券のほか、Suicaエリア内からPASMOエリア内または、icscaエリア内にまたがる他の鉄道会社との連絡定期券を発売します。(一部お取扱いできない区間があります)
JR東日本:Suica>購入方法>Suica定期券の購入

ちなみにモバイルPASMOは、そもそも存在しません。。。

▼iPhone7からiD、Quickpayで支払うにはタッチしながらリーダーにかざさないとダメ

Apple Payで使用するiD、QUICPayの違いは、決済時の認証手段です。従来のおサイフケータイは決済リーダーにタッチするだけですが、Apple Payでは、iPhoneのホームボタンに指を置いて指紋認証を行いながらタッチすることが発表から明らかになっています
iPhone7のタッチ操作はコツがある? Apple Payとおサイフケータイの付き合い方を考えてみた – Engadget Japanese

Suicaの場合は、指紋認証なしにかざすだけで使えます。iD、クイックペイのみ、支払い時に指紋認証が必要です。
アンドロイドスマホなら、iD、QUICPay共にかざすだけで使えるからちょっと面倒くさいですね。

▼iPhoneの電池が切れると改札から出られないかも!

電池が切れた直後なら大丈夫ですが、完全に放電しきっているとSuicaが反応しなくなり、改札から出られなくなる可能性があります。

▼もちろん良いことも!iPhone7/Plusをなくしてもsuicaを停止でき、チャージ額も戻ってくる!

端末を紛失してしまった場合は、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定すれば、「Apple Pay」の使用を一時的に停止することができる
「iPhone 7」搭載「Apple Pay」に「Suica」が対応 – 10月にサービス開始へ | マイナビニュース

端末を紛失しても「Suica」のチャージ残高は保証されるという。
「iPhone 7」搭載「Apple Pay」に「Suica」が対応 – 10月にサービス開始へ | マイナビニュース

iPhone参考まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2147332880430742001
2016年10月26日