元キンコメ 高橋被告の事件に繋がる壮絶な人生

toshitoshi777

元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一被告

相次いで高校に侵入し、女子生徒の制服窃盗と建造物侵入の罪に問われた高橋健一被告。
懲役3年が求刑された。

東京地裁で裁判が行われ、犯罪に至った経緯などを告白。

その中で、彼の抱えてきた”闇”が明らかになった。

弁護人の冒頭陳述で明らかになった闇

中学~高校時代のいじめ

小学校まで普通に話してた女子にからかわれ、笑われた印象が強く、それまで(小学校まで)と違う制服を着ているイメージから、それを着ている人に対する劣等感、女性に対するコンプレックスが強く生まれたと思う

女性という人間に対しては、劣等感や怖いという感覚があった。それで、“物”である制服に関心が向かったのではないかと思う

母親の自殺

高橋被告の供述によると、母は難病を患って歩行が困難になり、94年に一度、自殺を試みて未遂に終わったが、97年に再度自殺を試み、死亡したという。自殺の原因としては、難病に加えて、高橋の父の放蕩を挙げ、「遺言書には、父と同じお墓にだけは入れないで欲しい、と書いてありました」と明かした。
元キンコメ高橋健一被告の衝撃的な闇が明らかに 母の自殺、いじめ体験 – ライブドアニュース

その理由が父親の出会い系が原因で借金まみれということがあるそうです

自身が犯行に及んだきっかけとして、「居なくなってしまったという喪失感、それ以上に、一緒に暮らしていて、自殺までして居なくなろうとした決意みたいなものを伝えられなかった驚き、そして支えになれなかった悔しさが…」と発言。

父親の借金

13年には父親の借金約2600万円を肩代わりしたことも説明。
元キンコメ高橋健一被告の衝撃的な闇が明らかに 母の自殺、いじめ体験 – ライブドアニュース

仕事上の重圧

仕事では、俳優としてブレークしつつあった相方だった今野浩喜(37)との格差が広がり、「コンビ仕事でのギャラは折半だったが、恵んでもらっているようで申し訳なかった」と苦しんでいた心境を口にした。
元キンコメ高橋健一被告の衝撃的な闇が明らかに 母の自殺、いじめ体験 – ライブドアニュース

俳優の宮崎吐夢さんは、高橋さんのことを、
『人からどう見られているか』ということにあれほど無防備な人はいない。
と評していた。
【衝撃】キングオブコメディ高橋健一の逮捕に私が思うこと – 70%

そこそこ、イケメンだと思うのですが、彼にはそんな考えはなかったのでしょう・・・

それより20年間捕まらずに犯罪を繰り返していたことの方が衝撃的だった。
20年のあいだ誰にも心開かず、舞台に出て、テレビに出て、相方とネタをやって、たくさんの芸人仲間と触れ合って、粛々と生きてきたことが恐怖だった。
【衝撃】キングオブコメディ高橋健一の逮捕に私が思うこと – 70%

https://matome.naver.jp/odai/2147286042499564201
2016年09月03日