怪談話だけじゃない!稲川淳二の本職が凄かった!!

azata
夏の風物詩!稲川淳二の怪談話。でも稲川淳二の本職は・・・
プロフィール
芸 名稲川淳二(いながわじゅんじ)
タレント・工業デザイナー・怪談家
生年月日1947年(S22)8月21日
東京都渋谷区恵比寿生まれ
サイズ身長:167 B:90 W:78 H:90
体重:58 頭:57 首:38 肩:43 袖丈:53
モモ周り:49 股下:68(パンツで 72)
靴:24.5 or 25  指:12号
血液型AB

稲川淳二の本職が凄いと話題に! バーコードリーダーや新幹線の検札機はこの人のデザイン
稲川淳二の本職が凄いと話題に! バーコードリーダーや新幹線の検札機はこの人のデザイン | ガジェット通信

この人に話をさせたらどんな普通の話も怖い話に聞こえてしまうというくらい、怖い話で定着している稲川淳二。そんな稲川淳二は有名な工業デザイナーというもう1つの顔を持つ。むしろそっちが本業で過去には「車どめ」や「バーコードリーダー」、新幹線の「検札機」などを手がけている。
稲川淳二の本職が凄いと話題に! バーコードリーダーや新幹線の検札機はこの人のデザイン | ガジェット通信

「車どめ」はグッドデザイン賞
「車どめ」はグッドデザイン賞(公共空間用設備器具部門)も受賞しておりそのほかは、飲食店の建物のデザインなどを手がける。その謎の人物像から意外な一面が見られ驚いている人も多いだろう。
「車どめ」の型番には「JI-○○」と付く物が多くおそらくInagawa Junjiの頭文字から取ったと思われる。

怪談話だけじゃない人生のエピソードも豊富!

幼少時は広尾に在住しており、地元ではガキ大将的存在で「10人ほどの弟分を従えていた」というが、ある時公園で、同い年で当時麻布在住だった安岡力也と遭遇し叩きのめされたことから力也の弟分となる。力也曰く「当時は『ドラえもん』のジャイアンとのび太のような関係だった」とのこと。ちなみに力也とは中学校進学後一時疎遠となるが、芸能界入り後にある現場で再会して交友が復活し、以後力也の死まで関係が続いていた
稲川淳二 – Wikipedia

舞台俳優として活動していたが、1980年代中期に貧乏・不健康というキャラクターでバラエティ番組にも登場。一世を風靡したフジテレビ『オレたちひょうきん族』内の一コーナー『ひょうきんベストテン』にて、”歌手役で登場 → 「悲惨だなー」と嘆き、散々な扱いを受ける → カメラに向っての決め台詞「いかがでしたか? 喜んでいただけましたか?」”という一連の流れを披露していた。
稲川淳二 – Wikipedia

実は稲川、事務所の社長である妻と、なんと約25年間別居生活で、住んでいる家も知らないという。妻との別居生活について、本音で語ってもらった。

* * *
女房とは別居して25年、その間に会ったのは10回くらい。冠婚葬祭くらいしか会わないですもん。がんで入院した時も、見舞いに来なかったなあ。けんかしたとかじゃないですよ、成り行きです。家に帰ったらいなかったんです。
稲川淳二 妻との25年別居告白「女房の住所は区しか知らない」│NEWSポストセブン

テレビドラマにも結構出ています。

ザ・ハングマン6(1987年、朝日放送)- モルモット伯父さん こと 高田元
ハングマンGOGO(1987年、朝日放送) – モルモット伯父さん こと 高田元
はいすくーる落書(1989年、TBS)
ママハハ・ブギ(1989年、TBS)
塀の中の懲りない面々(1990年、TBS)
はいすくーる落書2(1990年、TBS)
卒業(1990年、TBS)
キモチいい恋したい!(1990年、フジテレビ)
ダンナ様は18歳(1990年、TBS)
金曜ドラマシアター「実録犯罪史シリーズ 危険な花嫁 札幌テレクラ殺人事件」(1991年、フジテレビ)
信長 KING OF ZIPANGU(1992年、NHK総合)
土曜ワイド劇場「新宿ラブストーリー事件簿」(1992年、朝日放送)
土曜ワイド劇場「花吹雪女スリ三姉妹 みちのく絵図の秘密」(1995年、朝日放送)
めぐり逢い(1998年、TBS)
土曜ワイド劇場「はみだし弁護士・巽志郎3 女子高生援助交際殺人事件」(1998年5月、朝日放送)
天国に一番近い男 MONOカンパニー編 第7話(1999年2月19日、TBS)- 服部路雄
稲川淳二 – Wikipedia

日本のこわい夜〜特別篇(2005年、TBS)
陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜(2007年、NHK)- 宇右衛門
地獄先生ぬ〜べ〜(2014年、日本テレビ)- 第1話のOPナレーション
死幣-DEATH CASH-(2016年、TBS) – 本人 役 ※ 番組スポットナレーションも担当
稲川淳二 – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2147153166108222301
2016年08月19日