【ポケモンgo】不正ツール使用でアカウントが一斉BAN!?その実態とは

マミーペロ

ポケモンgoで不正ツールを使ったアカウントがBANされた

変更を加えた、また非公式のソフトウェアを使用すること。複数アカウントでプレイすること。(1プレイヤー 1アカウントでお願いします。)アカウントの複数人での共有。位置情報を変更したり操作したりするツールや技術の使用。アカウントの販売や交換。もし不正行為の疑いがある方を発見した場合は、ヘルプセンターから連絡してください。
Pokémon GOトレーナーガイドライン – Pokémon GO

これらの行為がBANの対象になったようです。

非公式のソフトウェアとは

iPhoneやAndroidなど実機ではなくWindowsで動作するエミュレーターが存在し、位置情報の偽装も容易にできる。家のデスクトップ上で世界中どこにでも瞬時に移動出来てしまうのだ。そのエミュレーターの名前は伏せておくが、容易にダウンロード可能で日本語に対応しており、位置情報偽装のほか、キーボードでトレーナーを東西南北に歩かせるという機能まである。歩く速度は2キロ、6キロ、10キロ、20キロ、100キロと調節が可能。
『ポケモンGO』不正ユーザーがアカウント一斉停止! 「ふざけるな」「二度とやらん」開き直る声ばかり | ゴゴ通信

つまり、家にいながら外にいるポケモンを捕まえることが可能ということです。

更に、Androidやiosでもこういったことが可能

通常の『ポケモンGO』とは異なり、画面上に見慣れないボタンが配置されている。そのボタンを押すとトレーナーは押した方向に勝手に歩き続ける。そのほか位置情報の緯度経度を入力すると瞬時にその場所に移動することが可能。これは中国が配布している不正アプリで、専用のストアからダウンロード可能。
『ポケモンGO』不正ユーザーがアカウント一斉停止! 「ふざけるな」「二度とやらん」開き直る声ばかり | ゴゴ通信

実際に、このソフトを使っている動画がある。

https://www.youtube.com/watch?v=HU8OMxoz6wU

大手ブログやサイトも紹介していたりするので、外を出たくない
という人が使っているようだ。

アカウントの売買も

某オークションサイトを見てみると、カビゴンやカイリューといった強いポケモンが
沢山入ったアカウントや、151匹全部入ったアカウントもある。これらも、おそらく
不正ツールを使ったアカウントだと思われる。

こういったことに迅速に対応した運営

正直、ここまで運営のNIANTICがチート使用者に対応してくれるとは
思わなかった。不具合の多いアップデートなんかもあったが、この運営には
期待が持てそうだ。
これから他のプレイヤーとの対戦・交換機能が実装されるのを夢見て、頑張ってほしい
と思う。

https://matome.naver.jp/odai/2147114976694825401
2016年08月14日