五輪に歴史あり…話のネタになりそうな”五輪トリビア”を集めてみた

yumekureb
ついにリオデジャネイロオリンピックが開幕となりました。世界200カ国から集まった選手達が繰り広げる熱闘に日本全国から注目が集まっています。さて、そんなオリンピックには100年以上の歴史があります。そこで、一般人が知るわけもない五輪トリビアを集めてみました。

ついに開幕となったリオデジャネイロオリンピック

オリンピックに歴史あり
8月は日本全国でオリンピックが話題になることは間違いありません。そこで、話のネタになりそうなオリンピックのトリビアを集めてみました。これで飲み会の主役になること間違いなし?

第31回夏季オリンピック・リオデジャネイロ大会の開会式が5日夜(日本時間6日朝)、リオ市内のマラカナン競技場で行われた
リオ五輪開幕=南米初の祭典-最多205カ国・地域参加〔五輪〕:時事ドットコム

競技は6日に本格的に始まり、初採用のラグビー7人制、112年ぶりに復帰のゴルフを含む28競技306種目を実施する
リオ五輪、混迷の幕開け 「金」14個獲得を目指す日本 – リオ五輪2016 – SANSPO.COM(サンスポ)

オリンピックに関する知識を問うイベントも催されているようだ

クイズで楽しむオリンピック・パラリンピック

チノクライシス(チノクラ)は「コマンド式バトル」×「特殊クイズ」のクイズRPG。現在オリンピックイベントを開催中のようだ。

本日15時からオリンピックイベント開催です!オリンピックの豆知識をたくさんGetして詳しくなりましょうねっ♪ #チノクラ pic.twitter.com/0xqOVF1GwO
便乗してオリンピックイベントを開催するクイズアプリも…

そこで、重箱の隅をつつくようなオリンピック知識をまとめてみた

知っていれば得をする…というわけじゃないけれど
実に100年以上の歴史がある近代オリンピック。紆余曲折を経て現代の形へと発展してきた。そんなオリンピックの知っているようで知らない知識の一部をまとめてみました。

第一回大会参加者は金メダルを貰えなかった

「金メダル目指します!」が叶わなかった第一回大会
金メダルを用意するにもお金がかかる。メダルにはオリンピック憲章で決められた大きさや純度などの細かい基準があり、金メダルには最低でも6グラムの金が使用されていないといけない。従って、金メダルはまさに”金メダル”なのだが、第一回大会では金メダルが用意されなかった。ビンボーって辛いね。

アテネオリンピックは、1896年4月6日から4月15日まで(当時のギリシャのユリウス暦では3月25日から4月3日まで)、ギリシャのアテネで行われた夏季オリンピック[
アテネオリンピック (1896年) – Wikipedia

財政事情により、第1回オリンピックでは金メダルは無く、優勝者には銀メダル、第2位の選手には銅メダルが贈られ、第3位の選手には賞状が授与された。
アテネオリンピック (1896年) – Wikipedia

現在のように優勝者に金メダルが贈られるようになったのは第2回のパリ大会から。
4年ごとに使える、オリンピックトリビア集! | マイナビニュース

第一回アテネ五輪の”自由形”は平泳ぎだった

自由形と言えば平泳ぎだった時代がある
自由形と言えばクロールである。最速泳法であるクロールの王者は競泳界の覇者であるとされている。しかし、かつて自由形といえば平泳ぎだった時代がある。時代が違えば日本の北島が競泳キングとなっていた…かもしれない。

実は、もともと水泳競技は自由形だけであった。1896年の第1回アテネ・オリンピックでも実施されたのは自由形だけ。速く泳げれば、泳法は何でもよかったのだ。
オリンピックを100倍楽しむためのトリビア【競泳】 | エイ出版社

そして、当時主流だった泳法は平泳ぎであった。一応、背泳ぎはあったが、まだクロールの普及前であり、泳ぐときに両手を別々に使う概念は少なく、背泳ぎも平泳ぎを裏返しにしたようなものだった
オリンピックを100倍楽しむためのトリビア【競泳】 | エイ出版社

そのため、第1回アテネ・オリンピックの自由形は平泳ぎで行われた。
オリンピックを100倍楽しむためのトリビア【競泳】 | エイ出版社

第二回のパリ五輪ではなんと”賞金”が出た!

第二回のパリ五輪はやりたい放題だった
当時はまだ近代五輪の存続が危ぶまれるような状況であり、大会運営組織はありたあらゆる手段を使って盛り上げようとした。なんと賞金が出る競技まであったのだ。

欧州の貴族たちが始めた近代五輪では、当初アマチュアリズムが重視されていた。しかし、1900年の第2回パリ大会では様相が違った。
SANSPO.COM

五輪の存続自体が危ぶまれるような状況で、万国博覧会との同時開催によって難局を乗り切ろうとしていた。大会は5カ月以上にわたって続き、その中で正式競技以外にいろんな競技がお目見えした。
60m走やハト撃ち、都市計画…驚きの五輪競技|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

自動車レース、魚釣り、たこ揚げ大会、気球競争……。これらはいずれも賞金付きの競技だったという。五輪競技なのか、万博の余興なのか、分からないような状態だ。
60m走やハト撃ち、都市計画…驚きの五輪競技|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

一部の競技には公然と賞金も出され、たとえば陸上の幅跳びは1等4000フラン、馬術の障害競走では1等に6000フランが与えられた。クーベルタンの理想はどこへやら、である。
SANSPO.COM

なんか半端だな…60メートル走が行われたことがある

60メートル走という種目もあった
1900年大会の金メダルは米国人で、記録は7秒ちょうどだった。

種目の微妙な変更といえば、陸上競技に今と違う種目があった。60メートル走だ。
60m走やハト撃ち、都市計画…驚きの五輪競技|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

1900年、04年大会で行われた。「100年の歩み」によれば、1900年大会の金メダルは米国人で、記録は7秒ちょうど。
60m走やハト撃ち、都市計画…驚きの五輪競技|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

04年も米国の選手で同じタイムだ。ちなみに100m走も行われていて、この2大会の金メダリストはいずれも11秒ちょうどだった。
60m走やハト撃ち、都市計画…驚きの五輪競技|日経カレッジカフェ | 大学生のためのキャリア支援メディア

フィギュアスケートは夏季五輪競技だった

羽生くんが夏のオリンピアンになった可能性も?
フィギュアスケートは当初「夏季」大会競技だった。

冬季スポーツの花でもあるフィギュアスケート。五輪の競技種目に初めて入ったのは、1908年にロンドンで開かれた「夏季」大会だった。
綱引きに夏季大会のスケート…オリンピックのトリビア10連発 : 五輪 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

規定では「近代スポーツに限る」という指定はあったものの、「冬季スポーツを除く」という条件はなかったため、開催地の気候や競技場の設備によっては、スケートも可能だった
綱引きに夏季大会のスケート…オリンピックのトリビア10連発 : 五輪 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

このためロンドン大会は4月27日から10月31日までの約6か月間開かれ、史上最も長い大会となった
綱引きに夏季大会のスケート…オリンピックのトリビア10連発 : 五輪 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

1920年のアントワープ大会では、フィギュアスケートのほかアイスホッケーも実施された。
綱引きに夏季大会のスケート…オリンピックのトリビア10連発 : 五輪 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

これにはキング内村も苦笑い?体操は室”外”競技だった

実は体操は室外競技だったのだ
体操は本来青空の下でやる競技だった。あまり日焼けしているイメージの無い体操選手だが、本来はもっとワイルドだったのだ。

体操は体育館でやるもの。今ではこれが常識だが、あん馬や跳馬は乗馬術から発展、ゆかは徒手体操が発展したように、体操競技は空の下でやる競技だった。
SANSPO.COM

たとえばマス・ゲームなどもその流れをくんでいる。
SANSPO.COM

1960年ローマ大会はカラカラ帝の大浴場の遺跡にテントを張って実施。体育館を使用して完全な屋内競技となったのは、64年東京大会からだ。
SANSPO.COM

マラソンで55年かけてゴールした選手がいる

五輪マラソンの最長記録保持者金栗四三
招待を受けた金栗はストックホルムへ赴き、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切った(日付は1967年3月21日)。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた

日本がオリンピックに初出場した1912年ストックホルム大会でのできごとです。当時マラソンの世界最高記録保持者だった金栗四三は、マラソン競技に出場
オリンピックのトリビア|ホームメイト・リサーチ

32km程の地点で日射病に倒れ、民家で一晩介抱されました。その間に当然レースは終了してしまい棄権の手続きもできないまま、行方不明として処理されていました。
オリンピックのトリビア|ホームメイト・リサーチ

ところが1967年、金栗はストックホルム大会開催55周年記念式典に招待され、スウェーデンオリンピック委員会の計らいで、特別に用意されたゴールを切ることができました。
オリンピックのトリビア|ホームメイト・リサーチ

これによって作られた記録は54年8ヵ月6日5時間32分20秒3、というもので、オリンピック史上最長のマラソン記録となっています。
オリンピックのトリビア|ホームメイト・リサーチ

ちなみに、古代オリンピックにはこんなキビシイ掟があった

古代オリンピックは全裸が基本だった
古代のオリンピックは男性限定の宗教的政治的な意味合いを持つ大事な行事であった。女性が男性と偽って参加しようとすると、崖から突き落とすというキビシイ掟もあったそうだ。

近代五輪の前身である古代五輪は、現在でいう“風紀の乱れ”の象徴ともいえる全裸で行われていた
古代五輪はみ~んな全裸!?女性だけの五輪もあった!?五輪ビックリ情報 – ウォッチ | 教えて!goo

古代ギリシャでは、均整のとれた体は精神や知性の完璧を表すと考えられていた。鍛え抜かれた体を晒すことは恥ではなく、市民の権利とみなされていたといわれている
古代五輪はみ~んな全裸!?女性だけの五輪もあった!?五輪ビックリ情報 – ウォッチ | 教えて!goo

また、古代五輪には女性が競技に参加することはもちろん、観戦すらも認められなかった。
古代五輪はみ~んな全裸!?女性だけの五輪もあった!?五輪ビックリ情報 – ウォッチ | 教えて!goo

男装して参加しようとした女性がいたため、選手だけでなくコーチも全裸で参加するようになったといわれるほどである。
古代五輪はみ~んな全裸!?女性だけの五輪もあった!?五輪ビックリ情報 – ウォッチ | 教えて!goo

ちなみにちなみに、女性限定の全裸オリンピックもあったのだ

女神ヘラに捧げる女性のオリンピックもあった
ただしヴァージンの女性しか参加できなかった。また、男子の五輪と同様に観戦者は「未婚の女性」に限定されていた。もし非処女や既婚者が掟を破った場合、これまた崖から突き落とすなどの厳しい罰があったようだ。

もともと古代オリンピックってのは、ゼウスに捧げるものですよね。それに対抗して、ヘラに捧げるオリンピックがあったんです。
第7回 オリンピックにまつわる雑学

種目は短距離走だけで、参加資格は、「女性であること」と「処女であること」。
第7回 オリンピックにまつわる雑学

もちろん全裸で行います★優勝するとオリーブの冠と牝牛の丸焼き一頭分がプレゼント。
第7回 オリンピックにまつわる雑学

ついでの古代オリンピックの話をすると、観戦が許されたのは男性と「未婚の」女性。未婚なら良かったらしいです。既婚はダメ。
第7回 オリンピックにまつわる雑学

https://matome.naver.jp/odai/2147043799735124401
2016年08月06日