勝てそうで勝てない…錦織圭と松山英樹に皆がモヤモヤしてる

銀河鉄道の昼
先週はゴルフの全米プロ選手権、テニスのロジャーズ・カップという大きな大会が行われていました。両大会には松山英樹選手と錦織圭選手が参加し、それぞれ4位と準優勝という結果を残しました。素晴らしい結果に違いはないのですが、最後の壁を乗り越えられない二人にモヤモヤしている人もいるようです。

松山英樹が全米プロ選手権でメジャー自己最高の4位に入る

勝てそうで勝てない…松山英樹と錦織圭
これで松山英樹選手はメジャー4大大会(全米OP、マスターズ、全英OP、全米プロ)の全てでTOP10入りを達成したことになります。そのポテンシャルは疑いようがなく、間違いなく世界のトップレベル選手であると言えるでしょう。しかしながら、何度もチャンスを掴みながら尽くそれを逃してしまう松山選手の姿にモヤモヤしてしまうファンも多い様子…。

一方、テニスの錦織圭選手はマスターズ1000ロジャーズ・カップで準優勝を果たしました。松山選手と同じく4大大会制覇の期待がかかる錦織選手ですが、それに次ぐ格付けのマスターズ1000での優勝も待望されています。しかし、こちらもなかなか最後の壁を乗り越えられません。

松山英樹は最終ラウンドを2バーディー、ボギーなしの68で回り、通算9アンダーの271でメジャー自己最高の4位に入った。
松山、メジャー自己最高4位!「4日間いいプレーができた」 — スポニチ Sponichi Annex ゴルフ

一方、錦織圭もマスターズで3度目の準優勝

メジャーに次ぐ格付けのマスターズ1000で勝ちたかった錦織だが…
またしても決勝でジョコビッチに敗れてしまった

テニスのロジャーズ・カップ男子単決勝で、錦織圭がジョコビッチに3―6、5―7で敗れ、優勝ならず。
テニス、錦織は優勝ならず

リオデジャネイロ五輪の前哨戦でもある今大会はツアーでも格が高いマスターズで、錦織は3度目のマスターズ決勝でまたも初制覇に届かなかった。
【テニス】錦織はジョコビッチに敗れる : スポーツ報知

錦織とジョコビッチの対戦はこれが12度目で、錦織の2勝10敗。錦織は2014年の全米オープン準決勝で勝ったものの9連敗。今年だけでも5敗を喫している。
錦織圭がジョコビッチに9連敗…マスターズ初優勝を逃す – ライブドアニュース

錦織と松山には日本人初のメジャー制覇という期待がかかっている

松山英樹(24)と錦織圭(26)には4大大会制覇という大きな期待がかかっている
共に4大大会で上位につけた実績があり、あと一歩で史上初の快挙を達成できるのではないかと期待されている。日本人選手としては規格外の存在であることは言うまでもない。

松山と錦織は、ゴルフ、テニスと舞台は違うが、ともに「メジャー」と呼ばれる世界4大大会のタイトルを初めて(ゴルフは男子、テニスはシングルスとして)取れる可能性の高い選手
「松山」と「錦織」の五輪意欲が大きく違うワケ | ゴルフとおカネの切っても切れない関係 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ゴルフは「マスターズ」「全米オープン」「全英オープン」「全米プロゴルフ選手権」のメジャー、テニスは「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン選手権」「全米オープン」
ゴルフとテニス「4大大会」日本人初制覇に期待 気になる日程は?【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

全く異なる競技であることはもちろんですが、その難易度の高さ、栄光の大きさはどちらも勝るとも劣りません。
テニスの錦織圭とゴルフの松山英樹、四大大会優勝に近いのはどっち? – 言わせろ!ナンバー – Number Web

だが、最後の高い壁を乗り越えることが出来ていない

リシュブール@riche_dq10

錦織も松山も惜しいとこまでいっただけに残念… いつかメジャー勝てるといいのにね!

自己ベストの4位という結果を残したものの、優勝を逃した松山

2015年のマスターズを超える好結果を残したが…
松山英樹の4大大会成績
マスターズ5位(2015)
全米オープン10位タイ(2013)
全英オープン6位タイ(2013)
PGA選手権4位タイ(2016)

第3Rの10番終了時で首位と2打差。日本人初のメジャー制覇の可能性は十分にあったが、チャンスを決めきれなかった。
松山、メジャー自己最高の4位も「チャンスで入らないのが今の実力」 : スポーツ報知

12番(パー3)では2m強、14番では2.5mのチャンスを決め切れず、もどかしい展開が続いた。
【速報】松山英樹、メジャー初V逃す 通算9アンダーで終了/全米プロ【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

パーオン率は4日間通算で約82%と部門別4位も、平均パット数は30・75。
松山、メジャー自己最高の4位も「チャンスで入らないのが今の実力」 : スポーツ報知

松山英樹「チャンスで入らないのが今の実力」

勝つチャンスはあったのだが、尽くそれを逃し続けた
ショットは好調だったものの、グリーン上でその好調を活かすことが出来なかった。

何度もチャンスをつくったが、決め切れない。「早めに10アンダーにして、それからどれだけ伸ばせるか」というプランは崩れた
頂点逃すも手応え=松山、復調示す4位-全米プロゴルフ:時事ドットコム

直接入りかけ、という好ショットを何度も打ちながら、グリーン上でそれが生かし切れない。
日本ゴルフツアー機構 – 過去の記事 | その他記事 | 全米プロゴルフ選手権最終日

「チャンスで入らないのが今の実力。伸ばすためのパットが入らないと勝負にならない」
松山、メジャー自己最高の4位も「チャンスで入らないのが今の実力」 : スポーツ報知

「勝つためにはスコアを伸ばすためのパットが入らないとダメ。その辺が課題かなと思う」
松山英樹4位「久しぶりにいいプレーができた」 – 海外男子 : 日刊スポーツ

松山英樹の今季のメジャー挑戦は終了した

マスターズと全米プロでTOP10に入ったが…
4大メジャー全大会でTOP10入りを達成したのは中嶋常幸以来2人目の快挙である。そのポテンシャルを疑う者はいない。だが、世界のトップレベルには一歩及ばないのも事実である。

トップ10に2度入ったが、予選落ちも2度あり悔しさを味わった。
松山 メジャー自己最高4位「自信がないのが少し戻った」 — スポニチ Sponichi Annex ゴルフ

マスターズ、全米オープン、全英オープンに続き全米プロでもトップ10入り。
松山、メジャー自己最高の4位も「チャンスで入らないのが今の実力」 : スポーツ報知

4大メジャー全試合で10位以内に入った日本人は中嶋常幸以来2人目の快挙で、さまざまな環境に適応できる能力の証しだ。
松山、メジャー自己最高の4位も「チャンスで入らないのが今の実力」 : スポーツ報知

だが、一時の不調を乗り越えて掴んだものもあるようだ

今季はメジャー大会で2度の予選落ちという屈辱を味わった
しかし最悪期は脱しつつあるようだ

今季のメジャーはマスターズで7位と健闘したものの全米オープン、全英オープンでは予選落ちしていただけに見事な復活と言っていい。
松山英樹 メジャーで勝つため必要な最後のピースは「ざっくりポン」!? — スポニチ Sponichi Annex ゴルフ

「悔しいのもある。でも4日間、久しぶりにいいプレーができたことがうれしかった」
松山英樹の、記念すべき全米プロ。4位より、やっと戻った笑顔を喜ぶ。 – ゴルフ – Number Web – ナンバー

「自信が少し戻ったかな。練習で100だった自信が試合では0になっていたけど、今はそれが少し残っているから」
松山英樹の、記念すべき全米プロ。4位より、やっと戻った笑顔を喜ぶ。(4/4) – ゴルフ – Number Web – ナンバー

錦織圭はまたしてもジョコビッチに悲願達成を阻まれた

4大大会の前にマスターズ1000で優勝したいところだが…
4大大会に次ぐ格付けのマスターズ1000で優勝することは錦織の大きな目標でもある

錦織の今季の目標はもちろん4大大会に勝つことだが、最低でもそれに次ぐ格付けのマスターズ1000を1つは勝ちたいと考えている
左脇腹が癒えず 錦織に懸念される「リオ途中棄権」の恐れ | 日刊ゲンダイDIGITAL

5月の同じマスターズ大会、イタリア国際準決勝は、最終セットまで追い詰めた。錦織は「もう少し。勝ちが見えている」と打倒王者に手応えをつかんでいた。
錦織は準V ジョコビッチへの借り五輪で返す – テニス : 日刊スポーツ

しかし、この日は「まだまだ遠く感じる」とトーンダウン。自分のプレーが悪くなくとも、王者に強さを見せつけられた。
錦織は準V ジョコビッチへの借り五輪で返す – テニス : 日刊スポーツ

悲願のマスターズ1000大会での初優勝にあと一歩のところで手が届かなかった。屈強な世界王者の壁の厚さを改めて知らされた
錦織、またしても“ジョコの壁”破れず準∨…それでも納得「すばらしい1週間」 – スポーツ – ZAKZAK

錦織の戦い方も決して悪くなかったが力負け

「近いようで遠い」
追いついたように思っても突き放されてしまう

「ジョコビッチはこの数日間の試合よりもさらにレベルを上げてきた」
錦織 左脇腹「安心できないが、大丈夫だと思う」 – テニス : 日刊スポーツ

「相手のサーブもリターンも良くて、常にプレッシャーを受けていた」
ジョコの壁痛感…錦織「マスターズ優勝は近いようで遠い」 — スポニチ Sponichi Annex テニス

「もう少しレベルアップしないとマスターズ優勝は近いようで遠い」
ジョコの壁痛感…錦織「マスターズ優勝は近いようで遠い」 — スポニチ Sponichi Annex テニス

だが、こちらも手ごたえを掴みつつはあるようだ

ジョコビッチ攻略に向けて更に練習を続けるという

「少しずつ通用するショットや彼の苦手なところも見えてきた」
錦織圭がリオ五輪でジョコビッチ超えに挑む 「弱点見えてきた」 – ライブドアニュース

「上達するために練習を続けます」
錦織 決勝「ベスト尽くした」 – テニス365 | tennis365.net

https://matome.naver.jp/odai/2147001001128859601
2016年08月02日