スマートに登りたい!初心者でもかんたん ボルダリング基本の動き(ムーブ)3点

aycomp
オリンピックでも話題のボルダリング!はじめて見たいけど、うまく登れなさそう・・・でも大丈夫!基本の動きをマスターすれば、初心者や力の弱い女性でも、無理なくスムーズにボルダリングを楽しむことができます。基本ムーブをマスターして、ボルダリングをますます楽しみましょう!

ボルダリングを楽しみたいけど、上手に壁を登れるイメージが湧かない・・・
そんなあなたに、ボルダリングをスマートにする基本動作「ムーブ」を3つだけ紹介します。基本の動きを意識すれば、見違えるようにキレイに壁を登ることができます!

その1 まずはスタート “基本姿勢”

ボルダリングの基本姿勢は「腕は伸ばし、膝は曲げた姿勢」の一言に付きます。
腕を伸ばすことで握力と腕力の消耗を防ぎ、膝を曲げることで体の重心を壁に近づけます。
ボルダリング初心者は必ず覚えよう!人より速く上達する正しい基本姿勢のコツとは? – POZNEN

その2 手足を動かす順番 “ダイアゴナル”

ダイアゴナルは対角線という意味で、カウンターバランスとも呼ばれる、ボルダリング初心者は必ず覚えたい、クライミングの必須ムーブです。
上達への必須条件!ボルダリングムーブダイアゴナルのコツと動画 | ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

ダイアゴナルで大事なのは、足と腕の位置です。

ホールドを取りにいく腕とは対角となる足に重心をかけます。右手を出すときは左足に、左足を出すときは右足に。
そうすることで、腰にひねりが自然に加わるので、体の重心移動に勢いがついて遠いホールドにも届くことができるのです。
ボルダリング初心者上達へのコツ!5つの基本ムーブ(姿勢&登り方) | スポハピ.com

ちなみに、「ホールド」とは、壁についている色とりどりの石のことです。ホールドを持つことを「ホールドをとる」なんて言ったりします。

その3 足に体重を乗せる!キョン(ドロップニー)

キョンはドロップニーとも呼ばれるボルダリングムーブのテクニックのひとつです。男性よりも女性が多様するテクニックですが、足が使える上手いクライマーもよくキョンを多用しています。
ボルダリングのキョンのコツと動画|足の使い方一つで楽に登れる! | ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

足を前後に開いて、それぞれのつま先でホールドを外側に押して体重を支えます。
基本ムーブ – はじめてのボルダリング


膝を内側に畳むようにして登っているのがわかります。こうすることで、足が安定して、楽に手を伸ばすことができます。

あまりよい動画がなかったので、ボーカロイド「初音ミク」のCGですが、動きの参考まで。
1:00あたりから、キョン足の動きと、字幕でコツも解説しています(思ったよりわかりやすいです)
https://matome.naver.jp/odai/2146902743443000601
2020年01月11日