夏で当たり前!?夏の定番の野菜や果物の魅力

そのへんの豚
「夏の代表的な果物や野菜といえば…?」「トマト、スイカ、メロン、パイナップル!こんなの知ってて当然じゃん!」確かにそうかもしれません。しかしただ「夏の代表的な」というだけで、その理由や原因について考えたことはありませんか?そこでこのまとめではそれらが夏の定番である理由について考えてみましょう。

1.西瓜(スイカ)

果肉や種子に含まれるカリウムは疲労回復ならびに利尿作用があるため、暑さで体力を消耗し水分を過剰摂取することで起こりがちな夏バテに効果があるとされている。
スイカ – Wikipedia

⇒つまり生産量が著しく増えるのではなく、食べた後の身体への効果が夏向きであるということ なのです。「旬」や「定番」、「代表例」というのは、おそらく一種の食べ物としての「評判」なのかもしれません。

2.メロン

期待される効能

利尿作用、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、糖尿病予防、がん予防(赤肉メロン)、風邪予防(赤肉メロン)

メロンに含まれるカリウムの量は果物の中でも特に多く、高血圧や動脈硬化などの予防効果が期待できます。カリウムには水分バランスの調節をする働きもあり、利尿作用やむくみ解消にも効果的です。
メロン

⇒メロンについても、収穫や生産の量よりも、食べた後の身体に対する効力から、夏を連想させるような果物だといえるのだそうです。スイカと同様に、利尿作用だけでなく、カリウムによって水分調整できるのですから。

3.パイナップル

プロメリンの消化作用
未熟なパイナップルを食べると、舌がピリピリすることがある。これは、プロメリンというたんぱく質分解酵素がたくさん含まれているせい。―(中略)―夏に生のパイナップルをおすすめする最大の理由が、プロメリンのたんぱく質を分解する性質にある。酢豚に入っているパイナップルを思い出してほしい。プロメリンはたんぱく質を分解するため、パイナップルを使うと、肉を柔らかく味をまろやかにし、消化を助けるのだ。そのため、食欲を失いがちな夏こそ出番!―(中略)―食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりそう。
今が旬!夏の体にパイナップルが効く!?|果物|healthクリック

食欲増進にクエン酸・リンゴ酸
ー(中略)ーレモンや梅干の酸味の元として知られるクエン酸は、疲労回復によく、エネルギー代謝を活発にする。リンゴ酸はクエン酸より甘みが強く、クエン酸を助けて新陳代謝を活発にする。―(中略)―食欲を増進させるので、夏バテ気味で、食欲がないときにおすすめだ。
今が旬!夏の体にパイナップルが効く!?|果物|healthクリック

その他、パイナップルには、日焼け予防に役立つビタミンCや、疲労回復に役立つビタミンB1など、夏の健康を守るうえで必要不可欠なさまざまな栄養素が含まれている。
今が旬!夏の体にパイナップルが効く!?|果物|healthクリック

⇒パイナップルも栄養素の効果的な時期として、夏の定番の果物といった印象があると考えられます。食欲維持や増加、便秘予防や日焼け防止といった、夏に起こる悪質な現象の対策として主に説明されています。

4.トマト

トマトの旬の時期
ー(中略)ー冷涼で強い日差しを好み高温多湿を嫌うトマトの性質からして夏は旬の時期とは言えず、春 – 初夏と秋 – 初冬のトマトが美味とされる。夏が旬とされた理由は、日本でトマトの栽培が始まった頃は温室などの設備が不十分なために、春に種を播いて夏に収穫する作型が一般的であったためである。
トマト – Wikipedia

(1)「カリウム」で夏バテを予防

むくみの予防に効果的と言われるカリウム。夏は汗をかきやすいため、汗と一緒にカリウムが流れ出ることで、体内のカリウムとナトリウムのバランスが崩れ、むくみやすくなります。このカリウム、実は、夏バテとも関係しています。
カリウムは、心臓や神経、筋肉の正常な動きをサポートしているため、カリウムが不足すると、倦怠感や胃もたれなど、夏バテの症状の一因となるのだそうです。
夏バテ予防にはトマト!?夏の朝にトマトを食べるべき理由3つ | 女性の美肌・美容マガジンLBR

(2)「リコピン」で紫外線対策

リコピンには、日焼けによるシミやシワを予防する働きがあることがわかっています。とくに、朝にリコピンをとると吸収率が高くなるそうですから、お肌のためには朝にトマトを食べるのがおすすめです。
夏バテ予防にはトマト!?夏の朝にトマトを食べるべき理由3つ | 女性の美肌・美容マガジンLBR

⇒トマトには栄養素による身体への効果だけでなく、化学的観点や風潮の観点による生産状況も詳しく述べられています。トマトの性質やむくみ予防、各器官の正常な動きのサポートや美容効果などをもとに、夏での摂取や生産が決められているようです。

https://matome.naver.jp/odai/2146847873702099801
2016年07月16日