歴代ハリウッドの美女10選 (絶世の美女)

来栖崇良
世界中に鮮烈な印象を残したハリウッドの美女10人をまとめました。美人が集まる映画界とはいえ100年後に語り草になる女優はごく一握りですが、この中には1000年後の人類がクレオパトラや楊貴妃と比較する美女がいるかもしれない。

※番号は順位ではありません。出生の早い(古い)順に並べました。

1.キャサリン・ヘプバーン(Katharine Houghton Hepburn)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171600503
1907年5月12日~2003年6月29日
アメリカ合衆国コネチカット州ハートフォード出身、現在まで演技部門においてアカデミー賞を4回受賞したただ一人の俳優。

主な出演映画

1993年『若草物語』
1951年『アフリカの女王』
1981年『黄昏』

2.イングリッド・バーグマン(Ingrid Bergman)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171600703
1915年8月29日~1982年8月29日
スウェーデンのストックホルム生まれ、アカデミー賞を3回、エミー賞を2回、トニー賞演劇主演女優賞の受賞経験がある。

主な出演映画

1942年『カサブランカ』
1943年『誰が為に鐘は鳴る』
1956年『追想』

3.マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171600903
1926年6月1日~1962年8月5日
アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身で、20世紀を代表するセックスシンボルとして世界中で認知されている。

主な出演映画

1953年 『ナイアガラ』
1953年 『紳士は金髪がお好き』
1959年 『お熱いのがお好き』

4.オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171601103
1929年5月4日~1993年1月20日
ベルギーの首都ブリュッセルのイクセルに生まれで、ハリウッド黄金時代に活躍した。アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしている。

主な出演映画

1953年『ローマの休日』
1961年『ティファニーで朝食を』
1964年『マイ・フェア・レディ』

5.グレース・ケリー(Grace Patricia Kelly)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171601303
1929年11月12日~1982年9月14日
アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ、セクシーの路線マリリン・モンローとは対照的な清楚路線で「クール・ビューティー」と賛美され、ヨーロッパの君主モナコ大公レーニエ3世と結婚して引退した。

主な出演映画

1952年『真昼の決闘』
1954年『ダイヤルMを廻せ!』
1954年『喝采』

6.エリザベス・テイラー(Dame Elizabeth Rosemond Taylor)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171601503
1932年2月27日~2011年3月23日
イギリスのロンドン生まれ、少女時代から子役で映画出演しており、優れた演技力、美貌、スキャンダラスな私生活、そして珍しいスミレ色の瞳で知られていた。

主な出演映画

1951年『陽のあたる場所』
1963年『クレオパトラ』
1966年『バージニア・ウルフなんかこわくない』

7.オリヴィア・ハッセー(Olivia Hussey)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171601703
1951年4月17日~
アルゼンチンのブエノスアイレスの生まれ、14歳で演じたジュリエット役の可憐な美しさが世界的な伝説となるものの、映画ではヒット作に恵まれずテレビ出演が主になっている。

主な出演映画

1968年『ロミオとジュリエット』

8.ジュリア・ロバーツ(Julia Fiona Roberts)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171601903
1967年10月28日~
アメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身、「プリティ・ウーマン」のイメージからアイドル視されがちであったが、2000年には高い演技力からアカデミー賞を受賞している。

主な出演映画

1990年『プリティ・ウーマン』
1993年『ペリカン文書』
2000年『エリン・ブロコビッチ』

9.ペネロペ・クルス(Penelope Cruz Sanchez)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171602103
1974年4月28日~
マドリード州アルコベンダス生まれ、度を越した美貌に注目が集まりがちであるが、2006年公開「ボルベール〈帰郷〉」ではスペイン人女優として初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

主な出演映画

1998年『オール・アバウト・マイ・マザー』
2006年『ボルベール〈帰郷〉』
2008年『それでも恋するバルセロナ』

10.ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)


https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101/2146764554171602403
1981年6月9日~
イスラエル出身で、子役としてヒット作「レオン」のマチルダ役を演じ、衝撃的なインパクトを全世界に与えた。そのインパクトが人々の記憶に残り続けているものの、2010年にアカデミー賞を受賞し、演技者としての評価も獲得する。

主な出演映画

1994年『レオン』
2004年『クローサー』
2010年『ブラック・スワン』

【 関連まとめ 1 】

【 関連まとめ 2 】

https://matome.naver.jp/odai/2146764394870885101
2018年01月21日