大洋・横浜・DeNAの背番号1

tanmentanmen
1950年の球団創設からの背番号1を背負った選手の変遷をまとめました。

岩本 信一(いわもと のぶかず) 投手 (1950)

1950年のみ背番号1で大洋に在籍
2リーグ分裂で南海から移籍先発投手として7勝を挙げた。
翌年松竹ロビンスに移籍後引退。

有馬義一(ありまよしかず) 監督 (1951)

1951年シーズン途中に監督の中島治康が現役復帰したため、当時球団専務だった有馬が監督に就任。

小西得郎(こにし とくろう) 監督 (1952)

プロ選手を経験しなかったことに加え、審判員や球団売買の仲介を経験した異色の経歴を持つ
初代セ・リーグ優勝監督(1950年松竹ロビンス)

森雅功(もり まさのり) 一塁手 (1953)

背番号10を付けていたが松竹ロビンスとの合併の関係で背番号1に変更に。
しかしこの年1試合出場のみで引退

水谷則一(みずたに のりかず) コーチ (1954)

楠安夫(くすのき やすお) 捕手 (1955)

藤井勇(ふじい いさむ) 一塁手、外野手(1956~1958)

大洋創設時の主力打者
1950年背番号3時代に記録したシーズン122打点は1999年ロバートローズに塗り替えられるまで球団最多打点だった。

近藤昭仁(こんどう あきひと) 二塁手 (1960~1974)

初優勝メンバーでルーキー年からセカンドに定着
引退後は監督として38年ぶりの優勝の土台を築いた

山下 大輔(やました だいすけ) 遊撃手 (1975~1988)

8年連続ゴールデングラブ賞獲得、遊撃手連続守備機会無失策のセリーグ記録(1977年)を樹立するなど守備はピカイチ
ルーキー年は控えであったにも関わらずオールスターのファン投票で選出されるなどスター選手であった

谷繁元信(たにしげ もとのぶ) 捕手 (1988~1992)

1988年ドラフト1位で入団。
ルーキー年から1軍帯同し期待されるも背番号1時代は期待に応えられず。
プロテクターに背番号が隠れて見えないから8に変更してから芽が出たという事は背番号が悪かったのか。。。

進藤達哉(しんどう たつや) 三塁手、遊撃手 (1993~2000)

安定した守備と意外性のあるバッティングに定評。
1998年のリーグ優勝時は逆転タイムリーを放った。

波留敏夫(はる としお) 外野手、遊撃手、三塁手 (2001)

金城龍彦(きんじょう たつひこ) 外野手、三塁手 (1992~2014)

熊原 健人(くまばら けんと) 投手 (2016~)

https://matome.naver.jp/odai/2146708157905899001
2016年06月28日