新米ママは知っておきたい。赤ちゃんの病気「口唇口蓋裂」って、何?

zabimaru

口唇口蓋裂って?

口唇口蓋裂とは、赤ちゃんの唇や口の中の上あごがが真ん中でくっついておらず、間にすき間が開いている状態の病気。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

唇がくっついていないだけの口唇裂、上顎がくっついていないだけの口蓋裂、両方ある口唇口蓋裂、の3種類があり、片側か両側か、またその程度によって不完全、完全に分けられます。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

割合は?

日本では400-600人に1人の割合で口唇口蓋裂を持った赤ちゃんが生まれています。決して珍しい病気ではないのです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇口蓋裂になる理由とは

赤ちゃんの体の重要な部分は妊娠して3-8週の間に主に作られていきます。
顔が作られるのは主に妊娠4-12週の間。その間になんらかの異常が起こることで口唇口蓋裂が起こります。
その異常とは何か。原因として考えられていることは色々あります。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→遺伝なのか?

赤ちゃんが口唇口蓋裂で生まれた時、両親や祖父母、兄弟や親戚、に口唇口蓋裂の人がいることがあります。ただ、その確率は数%と非常に低いもの。

自分が、家族が、お子さんが口唇口蓋裂で生まれた場合にどうしても気になるのが遺伝ですが、統計から見る限りその心配はあまりないようです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→妊娠中の投薬?

催奇形性といって妊娠中に飲むことで胎児へのなんらかの影響がある可能性のある薬を飲むこと。
そういったことが口唇口蓋裂が起こることに関係している可能性はあります。

赤ちゃんの構造の主な部分が出来上がるのは妊娠3-8週。顔が作られるのは4-12週。
特に最初の3-5週程度は妊娠に気づかないことも多い時期で、知らずに薬を飲んでしまうということはあることです。

ただそれがすぐに口唇口蓋裂につながるわけではありませんし、なかなか「この薬が原因」と言いきれるほど単純なものではありませんが、一部の薬が関係している可能性はあると言われています。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→レントゲンやCTなどの検査?

妊娠中にレントゲンなどの被爆するものを避けるのは当然のことですが、絶対に必要な検査、というのはどどしてもあるものです。
レントゲン程度の被爆であれば問題がないことがほとんどですが、CTくらいになると無視できない線量になってきます。

ただこれが直接口唇口蓋裂に関係する、絶対になる、とはやはり言えないもの。
あくまで可能性ですが、放射線検査が影響することもあります。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→過度のストレス?

妊娠中には精神的に不安定になったり、いつも以上にストレスを感じる妊婦さんはとても多いことででしょう。

ここで言うストレスはそういった精神的なストレスよりも肉体的な過度なストレス。
妊娠初期にひどく体調を崩したり、病気になったり。そういったことが影響している可能性もあります。

ただつわりがひどくて全くたべれない、妊娠中に熱を出した、入院した、などがあっても問題なく出産を迎える人は万といますし、妊娠中に仮に具合が悪くなったからといって過度に心配する必要はありません。
あくまで原因となりうるものの1つ、というだけです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

⇒原因の大半は分かっていません

遺伝、薬、放射線、ストレス。
どれも可能性の一部でしかないということは言ってきましたが、実際にはこういったことや偶然何か別のことが絡み、そういったことが合わさって起こるのが口唇口蓋裂。

はっきりとした原因として言えるものがなく原因が分からないことがほとんど。
つまりほとんどが原因不明な病気なのです。
誰のせいでもなく、偶然起こってしまうものなのです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇口蓋裂は胎児エコーで分かる

口唇口蓋裂は妊婦健診のエコー検査でわかる場合がほとんどです。特に最近のエコー技術は精度が高く、3D、4Dエコーなどで胎児の顔の細部まで確認できるので、かなりの確率でわかるようになってきています。
口唇口蓋裂とは?原因と症状、治療法は?胎児はエコーでわかる? – こそだてハック

胎児の口唇・口蓋は妊娠7~12週頃に形作られるので、このときに何らかの理由で裂け目ができますが、口唇や口蓋が形成される期間の間は裂け目ができるかどうかはわかりません。
口唇口蓋裂とは?原因と症状、治療法は?胎児はエコーでわかる? – こそだてハック

しかし、20週を過ぎて顔の細胞がある程度できあがってくる頃に唇がつながっていない場合には口唇口蓋裂が疑われます。ただ個人差があり、30週を過ぎて状態がはっきりしてから診断されることもあります。
口唇口蓋裂とは?原因と症状、治療法は?胎児はエコーでわかる? – こそだてハック

口唇口蓋裂の症状とは

→上手に哺乳ができない

赤ちゃんがおっぱいや哺乳瓶でミルクを飲むとき、舌と上顎がとても大事な働きをします。
赤ちゃんは舌と上顎で密閉空間を作り、そこが陰圧になることでおっぱいやミルクを上手に吸いだします。
赤ちゃんに指を吸わせてみるとその感じが良くわかると思います。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇裂だけの赤ちゃんは問題ないですが、口蓋裂がある場合にはその大事な上顎にすき間があるために上手に密閉空間を作ることができないためにうまく哺乳ができないことがあるのです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→発音が上手にできない

口蓋裂がある場合、その程度にもよりますが、空気が通常とは違うところに抜けてしまうために上手に発音できないことがあります。
鼻と上顎の境目が閉じていないことで鼻声になることもあります。

発音に関しては手術で上顎のすき間を直し、言語療法といって言葉のリハビリを受けることがあります。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

→歯並びの問題

口蓋裂のある赤ちゃんは上顎の発達が悪いことが多いため、そして後にお話する手術の影響もあって歯並びに問題がでることがあります。
多くの場合、矯正歯科に通って長い年月をかけて成長を見守っていくことになります。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇口蓋裂の治療法は?

口唇口蓋裂の治療は基本的に手術になります。
手術の回数は状態によりますが多くは1-3回。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇裂の手術は生後3ヵ月頃。唇をまず閉じてあげます。これだけで見た目の美容上の問題が解決されるので大きな一歩です。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

次が上顎のすき間、口蓋裂を閉じる手術。言葉を覚え話し始める1歳半から2歳くらいの間で行います。
その手術の後、正しい発音ができるように言語療法を始めます。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

中には上顎の歯茎がくっついていない子もいます。
その場合には5-10歳くらいの間に、体の他の部分から骨を少しもらうことで歯茎を形成する手術をします。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

今は技術がとても進歩しているので、手術を受け終えた赤ちゃんが口唇口蓋裂を持っていた、ということは言われなければ分からない、ということが殆どです。
赤ちゃんの口唇口蓋裂ってどんな病気?原因と治療法|cuta [キュータ]

口唇口蓋裂を採り上げる漫画もあります。

コウノドリ

誰にでも起こる、かもしれないこと。読んでいて、勇気をもらえます。
これからパパママになる人は読んでおくべき。
コウノドリ(6) (モーニング KC) | 鈴ノ木 ユウ | 本 | Amazon.co.jp

自身の出産がきっかけで読み始めた漫画です。
こどもが無事に生まれたこと、自分がちゃんと産めて今元気であることがとてもよかったな。と感じられます。
コウノドリ(6) (モーニング KC) | 鈴ノ木 ユウ | 本 | Amazon.co.jp

口唇口蓋裂と診断されても大丈夫

赤ちゃんが口唇口蓋裂と診断されると、「自分が悪かったのでは…」と自分を責めてしまうママもいるかもしれません。しかし、口唇口蓋裂のほとんどはママが何かをしたせいでなってしまうわけではありません。赤ちゃんが口蓋口唇裂になってしまったことで自分を責めるのではなく、赤ちゃんがこれからしっかりと成長していけるようにサポートすることに集中してあげてくださいね。
口唇口蓋裂とは?原因と症状、治療法は?胎児はエコーでわかる? – こそだてハック

https://matome.naver.jp/odai/2146582706218230901
2019年01月01日