【随時更新】知っていただきたい!バンド・アイドル・楽曲2017

storiv58
2017年とにかく今聴くべき楽曲を取り揃えました。様々なジャンルから選びましたので、できれば全部聴いて、気に入ったらライブハウスへ足を運んでいただければと思います。

2016年、イエモンの復活から始まり、岡崎体育・ヤバイTシャツ屋さんの大ブレイク。アイドル界ではBiSHが怒涛の勢いで規模を大きくしていきました。

宇多田ヒカルや175Rが活動再開したかと思えば、ハイスタが突然の新曲リリースにAIR JAM開催。SMAPの解散。℃-uteやWHITE ASHの解散発表などたくさんの出来事がありました。

そんな中、2017年に是非知っていただきたい!!!という音楽を紹介していきます。

①BiSH ②Ailiph Doepa ③There There THeres (ex:BELLRING少女ハート) ④Crystal Lake ⑤Dizzy Sunfist ⑥渋さ知らズオーケストラ⑦NATURE DANGER GANG ⑧ReVision of Sence ⑨打首獄門同好会 ⑩おやすみホログラム ⑪バックドロップシンデレラ ⑫ヒステリックパニック⑬POT ⑭ミオヤマザキ ⑮ぜんぶ君のせいだ。⑯BiS ⑰魔法少女になり隊 ⑱a crowd of rebellion
⑲My Hair is Bad ⑳ポルカドットスティングレイ ㉑四星球 ㉒THE CHERRY COKE$
㉓SECRET 7 LINE ㉔セックスマシーン ㉕クリトリック・リス ㉖SHANK ㉗ENTH ㉘あいみょん
㉙椎名ぴかりん ㉚PassCode

とにかくカッコいいバンド・アイドル・曲をどんどん紹介!!

①BiSH

新生クソアイドルから、16年avexからメジャーデビュー。楽器を持たないパンクバンドという肩書きにまったくと言っていいほど負けていない、それがBiSH。
16年は日比谷野音でのワンマンを大成功させるなど、もうこの勢いは止めようがないくらいのグループになってしまった。
17年3月のZeep Tokyoワンマンもすでに即完している。

http://www.youtube.com/watch?v=6BFFE7FLE8g

②Ailiph Doepa

どーぱちゃん。楽曲はセンスの塊!本当変態的で天才的過ぎてまだ時代が少し追いついていないのかもしれない。system of downのようなホルモンのようなディズニーランドのような感じ!とりあいずライブハウスで観てほしい!!

③BELLRING少女ハート → There There Theres

すげーいい曲!!ベルハー。16年末で現体制は終了してしまったが、
17年度新しい体制でさらに大きく羽ばたくはず。いずれにせよ、この歌唱力だけど、
楽曲が素晴らしい。このアンバランス感がエモい
後継グループのゼゼゼも素晴らしい。すでにペリカンにドはまり中

http://www.youtube.com/watch?v=iSVgk1HYkv4

④Crystal Lake

15年リリースのアルバム「THE SIGN」が名盤!!!
SiM、ベガス、coldrain、HEY-SMITH、Crossfaithである程度打ち止め感があったラウドロックだが、まさに世界にこれから出ていくバンドが現れ躍進している。

⑤Dizzy Sunfist

3ピースメロコアパンクバンド。16年3月発売の1st full album「Dizzy Beats」を引っ提げて全国ツアーを回るとともにどんどん大きくカッコよくなってきた。
この1年で本当カッコよくなったし、MCがど直球でいいんだよねー

⑥渋さ知らズオーケストラ

初めて観たとき本気で感動した!!
ナーダム!

⑦NATURE DANGER GANG

説明不要。すべてがぶっ飛んでいるグループ。
アナーキーと言えばいいのか、カオスと言えばいいのか。客が盛り上がらなければ、「俺たちが客席で盛り上げる」とばかりにフロアに降りて行き暴れまくる。気がつけばセーラー服を着ていたはずの女性ボーカルのユキちゃんが亀甲縛り姿になっている。

そもそもステージに何人立っているかが、わからない。SAXを吹くシルクハットの男もいれば、激しく腰を振るレゲエダンサーもいる。しかも、メンバーの数が毎回違っていたりもする。

だが、ともかく彼らが登場すれば、熱狂の渦を巻き起こすのは間違いない。彼らの名はNATURE DANGER GANG。今、最も注目を集めている若手バンドのひとつだ。

2017年年明けとともにいったん活動休止をしたが、どうやらすぐに復活するらしい笑

http://www.youtube.com/watch?v=zZ9sRRpgioY

⑧ReVision of Sence

ヘビーでありながらソリッドな中毒性の高い雑食サウンドに、現実世界をえぐり出すような、Vo河井教馬の描く辛辣な歌詞。大阪を中心に注目を集めるReVision of Senceがいよいよ全国流通盤『宣戦布告の7カ条』をリリース!次世代シーンの大注目株!!

⑨打首獄門同好会

打首も有名になってきましたね!
次郎にお米に魚にうまい棒にドーナツに焼き鳥になんでもあります
日本の米は世界一!!

⑩おやすみホログラム

2014年5月に始動したアイドル・ユニット、おやホロ。メンバーは望月かなみ、八月ちゃん。メンバー はそれぞれ多岐にわたるカルチャーに通じており、クラブやハードコアなライヴハウスへ の出演などジャンルをまたいで精力的な活動を展開中。

⑪バックドロップシンデレラ

池袋を拠点とするウンザウンザを踊りたくなる唯一無二のバンド。

⑫ヒステリックパニック

ご存じ大好きな名古屋のヒスパニ。15年4月にまさかのメジャーデビューをしたが、いい感じにビクターに染まっていない。とにかくこれからも日本中をぐちゃぐちゃに引っ掻き回してほしいものだ

⑬POT

覚えておいて損はありません。わかりやすいキャッチーなメロディとノリの良さで、ツーステップ必至のとにかく明るい青春パンクは、聴いていて病みつきになる。直球勝負なメッセージがこもった日本語詞で、友人に語りかけるような瑞々しいヴォーカルも好感度高め。なかなか個性を出すのが難しいこの手のジャンルにおいて、思わず耳を傾けてしまう彼らの魅力は、もしかしたら個性的であるということよりも、誰もが共感を持てる等身大な雰囲気にあるのかもしれない。

⑭ミオヤマザキ

mio(Vo.)、taka(G.)、Shunkichi(B.)、Hang-Chang (Dr.)の4人組ロックバンド。2013年、東京で結成。Vo. mioによる『男性は心拍数が上がり、女性は皆共感する』恋愛の陰を描いた歌詞と、圧倒的なライブパフォーマンスにより「ミオラー」と呼ばれる熱狂的なファンを獲得。

⑮ぜんぶ君のせいだ。

名古屋発の「病みかわいいアイドル」ぜんぶ君のせいだ。
曲のクオリティの高さは勿論のこと、ライブパフォーマンスが凄すぎる。
控えめに言っても、まじめにでんぱ組やBiSHのようなアイドル界を引っ張っていける
存在になってくるだろう!!
ましろちゃんが可愛すぎる。

⑯BiS

2014年に横アリで解散してから約2年が過ぎ、まさかのBiSが再結成された。
とは言いつつもプールイを残して他のメンバーはオーディションで新しく加入。
プールイ、ゴ・ジーラ、アヤ・エイトプリンス、ペリ・ウブ、キカ・フロント・フロンタールの5名で活動する。
2016/11/16にアルバムをリリース。新しい伝説がまたここから始まった。
軽く前のBiSは超えてほしいものだ

⑰魔法少女になり隊

なんでもありのエンターテイメント系バンド(集団!?)ましょ隊。
私は2014年結成からわずかで出たROCK IN JAPANのオープニングアクトで初めて観て衝撃を受け、そこから主要なライブに行っている。2016年9月にSONYからまさかのメジャーデビューが決まった。どこまでいけるか、大勢を巻き込んでいけるかぜひ注目してほしい。

⑱a crowd of rebellion

新潟のコシヒカリーモバンド、リベリオン。痛快なサウンドと女性かと間違えられるほどのハイトーンボイス、ここにシャウトが絡み合うラウドロックバンド。2016年に1st Full Album「Xanthium」をリリース。これが傑作中の傑作である。ツアーを行うたびに、全国各地でソールドアウト続出中。
SiM、coldrain、HEY-SMITH、Crossfaithで頭打ちとなっていたラウドロックだが、Crystal Lake、リベリオン、ヒスパニと楽しみなバンドがまだまだ出てきている。

http://www.youtube.com/watch?v=aNzI-1aXTz4

⑲My Hair is Bad

はい。このバンド売れます!覚えておいて間違えないです(もうすでに売れているけど)
16年10月に2nd Full ALBUM「woman’s」を発売。曲がいいのは間違いないんだけど、とにかくライブがすごい!男だけどきゅんきゅんさせられてしまいます

⑳ポルカドットスティングレイ

キャッチコピーは“超常ハイカラギターロックバンド”。
その名もポルカドットスティングレイ!
福岡のバンドシーンに突如現れた彼らは、リスナーの心を次々と鷲掴みにし、口コミでライブの評判も広まっていく中、福岡県外にも活動範囲を拡大中!
テレキャスター・ストライプのMVは確信犯的に観てしまいます

1 2