【洒落怖 シリーズ】 バーテン

Ghostail

『バーテン』シリーズ

語り部である歌舞伎町でバーテンをしている「俺氏」と
お店のお客である霊感のある「レイコさん」との
歌舞伎町を舞台にした少しアンダーグラウンドな霊体験物語

『ハーレム男』

歌舞伎町でバーテンやってんだが歌舞伎町で体験したヤバい話しでもしようかな。
週2~3回来る客(40代♀仮にレイコさん)はまぁ例の見える人で
普通の人は苦手なのかいつも1人だった。
しかしオカルト好きな俺はレイコさんと話しが合った。

レイコさんとは色々な霊体験をしたが今日話すのはその中の1つだ。

レイコさんはいつも21時前にはお店に来る。
しかしその日お店に来たのは23時を過ぎた頃だった。

俺「いらっしゃいませ~!遅かったですね?」
レ「今日はすごいよ~wあっ日本酒お願い!」

レイコさんは来る前に霊体験すると決まって日本酒を頼む。(いつもはジントニック)
日本酒を一口飲み大きく深呼吸した後俺に言う

レ「何も連れてきてないよね?」
俺「特に嫌な感じはしませんけど?」

そう俺はただのオカルト好きではなく霊感のあるオカルト好きなのだw
まぁ俺は見える事はめったになく感じたり聞こえたりするタイプだ。

レイコさんが言うには歌舞伎町を歩いてるとたくさんの
女の子を連れた(人間ではない)893なハゲ男がいて数があまりに尋常じゃなかったため
後を付けたらしい…
面白いと思ってそのハゲの後を少し付けたんだそうだw(ちなみにその時は友達と2人)

ハゲは色んな店の前で知り合い?と会い話しをして立ち止まる。
そのたびに女の子が増えるんだそうだ。
しかも女の子はみんな手を繋いでるんだと。
ハゲを掴んでる子がいてその子の手を後から来た子が掴む、
そしてその子の手を…みたいな感じ。
中には合体する子もいて合体したらどんどんくっ付いてって可哀想だけど
もう戻れないわねだって。

そんな感じでハゲの大行進は歌舞伎町を練り歩く。
そして区○所通りの地下のクラブ(女の子がいる方ね)へと入って行ったらしい…。

女2人でクラブに入れないからって悩んでたら、
うちのバーにもよく来る金持ちのマルさんと偶然にも出会う。
マルさんもオカルト好きな為か3人でそのクラブにご入店w

席に着いたがハゲはVIPにいるらしく姿が見えない。
しかしVIPからさっきの女の子達が出てきてはお店の子(こちらは人間ね)に
しがみついたり中に入ったりするんだそうだ…
マルさんや友達は普通の見えない人なのだが空気が悪いのはわかったらしい。
レイコさんは席に着いた子にそれとなく聞いてみる(それとなく幽霊の事聞くってどんなだw)
その子が言うには更衣室で声が聞こえたり仕事中に泣き出す子や色々あるらしい…自殺する子も少なくないけど歌舞伎町では珍しくないですよ?ってケラケラ笑う。

お店の子「歌舞伎町のキャバ嬢は幽霊なんかより怖いですからwいちいち気にしてたら
やってけないですよw」

レイコさんは俺にこれは名言だねって笑った。

そのお店を出る時に見送りされたのだがお店の外に女の子が出ると
霊の子は女の子から離れてフラフラと歌舞伎町を歩き出した…

レ「歌舞伎町をフラフラ歩いてる霊はたくさんいるよね。
何に憑くでもなく何してるんだろって思ってたけど仕事してたんだねw」
俺「仕事なんですかそれ?w」
レ「だって女の子に憑いてお客さんの相手してるんだよ?」
俺「そっか~…でもなんでハゲに霊がたくさんついて行ったんでしょうね?」
レ「自分みたいな女の子の匂いがしたんじゃない?
それか生きてる女の子の念みたいなのに吸い寄せられたとか…」
レ「お店の子も言ってたけど歌舞伎町じゃ幽霊より女の子の方が念とか強いのかもね
…自殺する子よりよっぽどw」

日本酒を飲み終えいつも通りジントニックを頼むレイコさんw
日本酒の後にジントニックってw

また時間があればもう少し怖い体験を書かせてもらおうかな?でわでわ

『終わらない悪夢』

歌舞伎町でバーテンやってんだが歌舞伎町で体験したヤバい話しでもしようかな。
週2~3回来る客(40代♀仮にレイコさん)はまぁ例の見える人で
普通の人は苦手なのかいつも1人だった。
しかしオカルト好きな俺はレイコさんと話しが合った。

レイコさんとは色々な霊体験をしたが今日話すのはその中の1つだ。

ある日仕事が休みの日俺は新宿に遊びに行ったついでに次の週のシフトを出しに
バーへ顔を出した。

お店は平日だったが少し混んでいて店長に少し働いて行かないかなんて誘われるも
笑顔で断る俺w
シフトを書き外に出てさぁこれからどうするかな~って考えながらタバコに火をつける

するとお店の常連客のレイコさんが出てきて声をかけてきた。
当時はまだレイコさんの事をよく知らなかったがこの日をきっかけに仲良くなった。

レ「今日仕事じゃなかったんだね~?今から何するの?」
俺「する事ないからフラフラして帰ろうかと…」
レ「じゃあ面白いお店いかない?」

この言葉で俺の歌舞伎町を見る目が変わるなんてその時は思ってませんでした…

バーでも何回か話した事があったのでそのお店に着くまでは普通に会話しながら歩きました。

新宿二丁目の近くのそのお店に近づいた時俺は違和感を覚えた…
そう俺はただのオカルト好きではなく霊感のあるオカルト好きなのだw
まぁ俺は見える事はめったになく感じたり聞こえたりするタイプ。

俺「なんか変わった場所ですよね(ウホッ的な意味も含めてw)」
レ「あ~君も感じる人なんだ?wでもお店入るともっとヤバいよ?」
俺「へ~楽しみですねw(感じる人ってw)」

階段を上りお店のドアを開ける。俺の働くバーとさほど変わりはないが明らかに空気が違う…

そのお店はカウンター席が10席ほどの小さな店で、
カウンターの中に2人カウンター席に1人店員らしき人がいて3人の客の相手をしてる。
客も含めて全員ウホッだと見たらわかるwさっきの空気はウホッ的な空気が違うって意味w

店員「あ゛ら゛~い゛ら゛っ゛し゛ゃ゛い゛!」

っとお約束のガラ声に言われるまま入り口近くの席に座る。
奥も空いてるのになぜ入り口なのかと思ったが初めての店なので何も言えない。

俺「普通のウホッバーですよね?さっきまでの違和感もないし…」
レ「まぁまぁwすぐわかるよw」

それぞれお酒を注文したわいのない話しをする。
20分ほど話しただろうか…急にドアの向こうで叫ぶ声が聞こえた。

「……だっ……し……」
「うる……お……が…」

声と同時にドアを激しく叩く音…

「た…けっ……」

俺は驚いてレイコさんを見る。笑いながら俺を見てお酒を飲むレイコさん…

その間も声はしてる…

俺は何か事件かと思いビビりながらドアを開けた!
何もいない…おかしいな…って思うのと同時に階段の下で何か引きずる音がする
階段を降りようとする俺の腕をパパイヤ鈴木似のマスターが掴み言う。

パ「関わらない方がいいわよ…(全部濁音付きでw)」

席に戻るなりレイコさんに言う

俺「なにがなんだかわからないですよ…何か事件じゃ…」
レ「いつもこの位の時間になったら聞こえるのよ!ね~ママ(パパイヤ鈴木の事)」
パ「あんたも好きよね~wこの辺りじゃ多いからもう気になんないわw(全部濁音)」

パパイヤ鈴木とレイコさんの説明によれば
・声の主は何年も前に自殺したウリセン(意味がわからない)の男の子
・自殺してからも二丁目で見かけるから噂になってた
・一カ所に留まるのではなく二丁目をフラフラしてる姿を目撃されていた
まぁこんな感じ。しかしドアの向こうで起きた現象の説明にはなってない。

俺「じゃあ死んだウリセン君は何を騒いでたんですか?」
パ「ん~幽霊になってからも掘られてるのよw」

…辛い話だw長いけど事情はこんな感じ

ウリセン君はノンケだが友達か先輩に騙されて男に体を売る仕事をした。
ウリセン君は嫌だと断ったがリンチをくらい可哀想に仕事を止めれなかった。
ある日の客はどSだったらしくウリセン君に暴力を奮い無理やり「あーっ!」をした。
ウリセン君が泣きながらシャワーを浴びて出てくると自殺してた…。
ウリセン君はどうしていいかわからず知り合いでたまたま近くだった
パパイヤさんのお店に濡れた髪のまま飛び込んで来た。
事の次第を説明され警察を呼ぶパパイヤさん。

するとウリセン君は見えない何かを怖がり逃げて行った…。
その後ウリセン君は自殺したらしい。

二丁目でウリセン君の目撃情報が流れる。
しばらくするとウリセン君の幽霊の様子がおかしいって話になっていた。
何かから逃げるウリセン君の幽霊…ある日お店のドアを叩く音がするので開けようとすると
ウリセン君の声がする。

パパイヤさんは
「あんた死んでるんだから成仏しな!うちは生きてるゲイ用のお店よ!」
って答えるとウリセン君が
「あいつが…自殺した客が僕を追いかけてくる…殴られる…犯される…助けて!」
って言ったらしい。

ドアを開けれずにいるとドアの向こうで知らない声が聞こえ静かになる。
それから毎晩のようにウリセン君は助けを求めてるらしい…

死んでも終わらない悪夢…怖いと言うか悲しい話しでした。

『リピーター』

歌舞伎町でバーテンやってんだがまた歌舞伎町で体験したヤバい話しでもしようかな。
週2~3回来る客(40代♀仮にレイコさん)はまぁ例の見える人で普通の人は苦手なのか
いつも1人だった。
しかしオカルト好きな俺はレイコさんと話しが合った。

レイコさんとは色々な霊体験をしたが今日話すのはその中の1つだ。

ある日いつものように少し赤い顔をしたレイコさんが21時を少しまわった頃お店に現れた。
俺「いらっしゃ~い!いつものでいいですか?(いつものはジントニック)」
レ「いや日本酒お願~い。。」

レイコさんが日本酒を頼む時、それは何か霊体験をした後なんだそうだ…。
レ「ユウタ君(仮)このお店までどの道使ってる?」

変わった質問だなと思いながら俺は答える。

俺「いつもは…俺のタバコ変わってるでしょ?
だからセントラルのタバコ200種類でタバコ買って
サンクスで買い物してだから…
(俺はBLACK DEVILのローズ味と言う変わったタバコを吸ってるw)」

歌舞伎町知ってる人にしかわかんない話しかもだがお店までの道を答える。

レ「じゃあ○○ビルの前に時々いる具合悪そうな女の子わかる?」
俺「…具合悪そうな女?黄色い服着た薬中みたいな人ですか?」
レ「黄色い服なんだ…。そっか~ありがと!じゃあジントニックお願い♪」

日本酒を早々と飲み干したレイコさんと状況が掴めない俺…。

ジントニックを速攻で作りコースターに置きレイコさん専用おつまみの
ビーフジャーキーとごま油を出す。

俺「まさか例の(霊の)話しですか?w」
レ「うん。幽霊なのは確実なんだけど何してるかがわかんないんだよね~
…歌舞伎の子(レイコさんは幽霊を子って呼ぶ)は
基本的に歩き回るじゃない?でもあの子はずーっと
あの場所で考え事してるみたいに…。」

レイコさんが言うには歌舞伎町の幽霊の多くは人の流れがあるからか
生きてた時の癖なのか知らないが歌舞伎町を徘徊してる(してしまう)らしい。
その子は歩道に立っているのにも関わらず人の流れに乗らないそうだ。

俺も少し気になったので次の日早めに歌舞伎町に来て見てみようと思った。

次の日は日曜日で駅から歌舞伎町まで人が多い
…人混みが嫌いな俺は足早にタバコを買いサンクスへ向かう。
するとレイコさんがレジに並んでるではないか!

俺「ちわっす!こんな時間に…あれ?
…日曜って仕事休みだし新宿来ないんじゃなかったんですか?w」
レ「何となく昨日の話してたら気になっちゃってw」

どうやら目的は同じらしいwwこのオカルターめww←お前もなw

2人でなぜなのか考えながら○○ビルに向かうがあの子はいなかった…。
俺自身ただのオカルト好きではなく霊感のあるオカルト好きを自負してる。
俺は見える事はめったになく感じたり聞こえたりするタイプなので、
今回はあまりにはっきり見えてる&昼間(通勤時)も見えてたし半分人間ではないかと思った。

しかしレイコさんは言う

レ「いるけどいないね~…。どこに行った?」
俺「ただの池ぬ…ゲフンッゲフンッ!ただのキチガイか薬中だったりしてw」
レ「いや~そんなはずはないって…。とりあえず入ってみようか?」

レンガが敷かれた洒落た歩道。
そのビルには昼だがクリスマスのようなライトアップが様々なお店を主張しているw

まぁお店に入る訳じゃないし…って思ってると

レ「あっ見つけた!」

慌てて振り返るとレイコさんがビルの上を見ている。
俺もつられて上を向こうとした瞬間…レイコさんに引き倒されてしまった。
一瞬悲鳴が聞こえたが痛みと怒りで後回しだ…半ギレでレイコさんを睨みながら

俺「なんなんすか?マジ痛いんですけど?(怒)」
レ「だって幽霊の飛び降り自殺とぶつかったら嫌かな~って思ってw」

…いやいや笑えませんから!マジ笑えませんってば!
痛む肘をさすりながら自分がいた場所を振り返る。
歩道のレンガが不自然に割れ嫌な何かがいるような気がする…。
無言で反対側の歩道へ行き様子を伺う。
しばらくすると嫌な何かは立ち上がり例の黄色い服の女になった…。

レ「あの子繰り返してるんだね~…可哀想に…落ちたショックで記憶がないのかな?」
俺「自殺した人は無限に自殺を繰り返すって2ちゃんで読んだ事ありますよ…。」

その後は俺の仕事が始まるまでお茶をしながら怪談話しで盛り上がりました。
あなたもそのうち歌舞伎町でレンガの歩道を歩く事があるかもしれません。
その時は不自然に割れたレンガの所で立ち止まって上を見ない方がいいですよ?w
あと歌舞伎町の自殺でこの事件はググると出てきちゃうかもなので
場所がわかっても書き込まないで下さいね?でわでわ

『アイツ』

さっきおきたフレッシュな心霊体験を書こうかな。
俺は前に体験した事件以来寝る時に部屋を真っ暗にする事ができない…
それは怖いからじゃなくアイツが活発になるからだ…

アイツとは歌舞伎町で出会ったんだけど出会いの話しはまたいつか書くよ。

今日もいつも通り寝てたつもりだった…
でも今日は昼頃に無限自殺の話しを書いてた為に寝たのは昼過ぎだった…
だから部屋の電気を点けてなかった
夕方18時位にしまったと思ったがもう遅い…アイツがいる。
すでに人の形は失われてて何体取り込んだのか腕がたくさん生えている…
例えるならSTAR WARSのジャバの背中から腕をたくさん生やした感じだ。
アイツを目で確認してすぐに電気を点けようと思ったが遅かった…。

金縛りで動けない…無意識に「南無阿弥陀仏…」と唱えようとする俺。
すると後ろから手が何本も出てきて、口や鼻や胸を抑えられ息が出来ない…
息が出来ないしパニックになった耳元で
「死ね死ね死ね死ね…」「あぁ~うぁぁ~」「死にたくねぇ」「許してくれ~お願いだから」
っと男女何人もの声がする…
今日はヤバいな…助からないかもと思ったんだけど声の1つが
「頑張って…」って言った気がした。

息はいまだに出来ないので頭の中でお経を唱える「南無阿弥陀仏…オン、アボキャー…」
酸欠で意識を失いそうになる寸前に手が離れた
…そして「うわぁぁ~」「はぁぁ~」「助けて」みたいな声と共に後ろに消えていった…

そこで気がついた俺…俺はベットに普通に寝てる。だから後ろ=下なんだよね…
アイツとは長い付き合いだ…何年か前までは俺と大きさが変わらなかったが
だんだん大きく中にいる数も増えてる…
アイツに負ける前に何か解決方法を考えなきゃいけない…
でわでわ

『集まる』

歌舞伎町でバーテンやってんだが歌舞伎町で体験したヤバい話しでもしよう。
レイコさんとは色々な霊体験をしたが今日話すのはその中の1つだ。

歌舞伎町に毎日行ってるとこの店変わるんだなってなんとなくわかる。
それは警察が入ったりする以外にヤクザが多く出入りしだしたりってサインもある。
歌舞伎町だから殺人事件がとか思うかもだけど新聞とかに載るような事件に遭遇した事はない。
それは多くの事件が示談(強制的な示談w)になるからかもしれない…w
俺も最初は歌舞伎町には殺し屋1みたいなのがいるって思ってたんだよねw
ある日の事、俺はいつも通りタバコを買いコンビニに寄って
茶花伝のミルクティーを飲みながら歌舞伎町を歩く。
ちょうど朝風俗の送りの車と出会い邪魔だな~と思いながら車をふと覗いてみた。
なんと車の中に人間どうやったらそんなに顔が腫れるのかってくらい顔の左側を腫らして
血だらけの女の子がいた…。

一瞬幽霊?!って思ったんだけどすぐにドライバーが

「何見てんだコラッ?」

って言ってきたから人間なんだと思う…しばらく離れた場所で紅茶花伝飲んで様子を見てると
お店の入口に嫌なモノがたくさん集まってるのがわかる。
あるモノは車の下に、あるモノは電信柱の上や影に
…すごい集まってるかと思ったら急に消えた…

あれ?って思ったら中から亀田のオヤジ激似のヤーさんがでてきた…
静かに車に乗り込むとどこで買ったのか不思議な犬の絵のジャージを着た手下に指示を出し、
首が折れるんじゃないかってくらいうなだれた多分お店の人?を連れて車を出した…。
亀田オヤジが消えてすぐに嫌なモノ達は集まりだしてお店に入って行く…
あ~幽霊もヤクザは恐いんだなって少し思ったけど入って行く量が半端ない
…すげーな~って思ってたら時間になったので出勤する。

オープンして21時を回ったくらいにいつも来る客(40代♀仮にレイコさん)がやってきた。
俺が口を開く前から

レ「日本酒お願い!」
って言ってるので俺は期待通りだと思い早速質問をする。

俺「○○ビルですよね?w今日ヤクザが揉めてたみたいだけど関係あるんですか?」
レ「いや前から少しずつだけど色んな子(レイコさんは幽霊を子って呼ぶ)が
集まってるからそろそろ潰れるなとは思ってたんだけど…」
俺「えっ?幽霊が集まると潰れるんですか?」
レ「前話したお水の子と違って風俗の子は…これは私が勝手に言ってるだけだけど、
風俗って風って漢字使うじゃない?だからみんな風邪ひくみたいに病気になるわけよ!」
俺「へ~風俗は恐いっすねw」
レ「性病もだけどマイナスな空気で色んな霊が集まるし、
ある意味それ(取り憑かれたり)も病気みたいなもんでしょ?」
レ「今日前を通ったら幽霊以外の…なんか悪魔みたいなのがたくさん電信柱の上にいたのよ!
カラスみたいにならんで電線に座って話をしてるわけ!」
俺「あっそれ俺も感じました!幽霊じゃなかったんですね~…」
レ「私もよくわからないけど次は○○(その後しばらくして潰れた裏風俗店の名前)
だって話してた…まぁ私には関係ないけど歌舞伎は変なのがたくさんいて飽きないわねw」
俺「へ~…」

歌舞伎町には人気がなくて潰れるお店・警察が入って潰れるお店・オーナーの税金対策や
お金な事情で潰れるお店以外に悪霊?悪魔?に潰されるお店があるそうだ…
なんかあんまり怖くなくてごめんな~…でわでわ

『埋められた仏像』

これは歌舞伎町の話しではなくて昔都内からそう遠くない(はず)場所へ行った時の話し。
俺の友達に「悪そうな奴は大体友達」みたいな馬鹿がいる。
ある日そいつ(仮にレイジで)がよくわからない仕事?
で某県の山に行ってくるって言うから友達(仮にユウマで)をもう1人連れてついて行った。
仕事の内容は教えてくれなかったんだが都内から5時間位の山奥?森?に連れて行かれた。
俺は途中で寝たがら正確な時間と場所は今となってはわからない…

夜中に出発して朝方到着。見渡す限り木と木と川しかなかった…レイジは仕事だからと
俺とユウマは山の中に置き去りにされたw

レイジが言うには近くに綺麗な川があり、川で遊んでたらマイナスイオンで癒されるよと…
俺とユウマは仕方なく付近を探索した。
すると山の中に石の階段と廃れたお寺らしき建物を発見した。
山の中で雰囲気満点だか明るいため怖くない。
近くに街灯などないし電気なんてものはないだろうから夜中は壊そうだなって話ながら
お寺らしき建物を物色。
建物の中は何もなく何十年も使ってないのだろうか廃墟と言うより遺跡って感じだった。
いきなりユウマが叫んだ…

ユ「この家(本堂?みたいな建物を家って言ってたw)俺絶対素手で壊せるぜ!」

残念な事にユウマは馬鹿だ…そしてDQNだ…レイジもだが
東京に来て知り合ったんだが数少ないエリートDQNで綺麗に前歯が二本ともない…
ユウマはそう叫ぶと柱に体当たりをした…

轟音とともに崩れる建物…と思ったら体当たりした柱だけが折れユウマに直撃しただけだった
…長年風雨に晒されただけあり建物はすぐにも崩れそう
…ユウマは笑いながら残った柱に蹴りを入れてる…
最初は何かに取り憑かれたかと思ったが素らしいw

俺は建物が崩れた時に巻き込まれるのが嫌だったので少し辺りを歩く事にした…
本堂から30メートル位離れた草原の中に直径3メートル位の土が盛られて
雑草が生えてない場所があるのに気付く。
誰かが手入れした訳ではないだろうがまるでミステリーサークルのように
更地があるではないか…
俺は何か不思議だったので草野生えてない地面に立つ。
すると本堂破壊を諦めたのかユウマが来てこう言った。

ユ「なんか埋まってるんじゃねーの?小判とか!」

地面は最近作られた様ではない…昔何かをしたのは確かだが…
本堂からシャベルの代わりになりそうな板をもってきて2人で堀始める…
ザッ…ザッ…ザッ…ザッ…
少し掘るとユウマが何かに当たったって騒ぎ始めた…
慎重に掘り進めると…

なんと銅像の手みたいなのが出てきた…他にも何体か埋まってるみたいだ…
出てきた手にそって掘り進める。
銅像だと思ってたのは実際は手の形や体の様子から仏像らしい。
手…腕…肩…そして…
仏像の頭を掘っていたユウマがいきなり叫ぶ

ユ「うぇ~すげ~顔!何よこれ?」

慌ててユウマの掘ってた仏像を見ると…
物凄い憎しみに満ちた顔をした仏像があった。
仏像って普通穏やかな顔してるものなんだが、
ここに埋まってる仏像(顔を確認できたのは3体)は怒りや憎しみの表情をしている
…ヤバいのを掘り返したな~って思ったし仏像を完璧に掘る勇気
(まだ半分は埋まったままだった)がなかったので慌てて埋め直した。

埋めてる最中からか仏像が何かお経?(聞いたことのない言葉だった)や
「オーン…オーン…」って言い出したのですぐにその場を逃げ出した…。
レイジに連絡してレイジの来るはずの方向へ2人で歩きながら待った。
その間なぜか山は無音だった…

東京に帰って来てしばらくはビビりまくってたが特に何かあったりはしてない…
ただ俺が携帯をなくしたり買い替えたりした為か今は2人とは連絡が取れない。
レイジの仕事とは何だったのか…そして朽ち果てたお寺と埋められた仏像…
埋められて悔しがったのかな?それとも眠りの邪魔をした?
…物凄い顔してたしすごい怖い声だった…

思い出しただけでトイレ行けなくなる位の体験なんだけどうまく伝わる事を祈る…でわでわ

https://matome.naver.jp/odai/2146556430897751801
2016年06月14日