伝統スイーツ! 日本饅頭(まんじゅう)コレクション 【北海道・東北編】

jibunmedia
日本の伝統スイーツ『おまんじゅう』。全国、各都道府県で見つかる丸々(地名)名物丸々(品名)饅頭(饅頭)をまとめてみました。北海道および東北地方のお饅頭をまとめてみました。

【北海道】 冠婚葬祭では「中華まんじゅう」がメジャー

北海道では冠婚葬祭で「中華まんじゅう」がメジャーとのこと。道南では中華を「中花」とも呼ぶらしいです。

北海道弁bot@HokkaidouBot

【中華まんじゅう】 北海道で食べられる、三日月型のどら焼きっぽいお菓子。「中華まん」とは区別する。道東地方では、冠婚葬祭の引き出物として扱う地域もあるらしい。(道外の地域にもいくつかあるが、名前が異なる。)

海道では、「中華まんじゅう」(中華まんと区別)と表記され、近年、様々なメディアに北海道のものが取り上げられ、北海道独自の物と考える人もいるが北海道以外にも存在することを知らない者も多い。
中華饅頭 – Wikipedia

千秋庵総本家
千秋庵総本家では大正時代から「中花まんじゅう」が作られていたとか。

【青森県】 八戸の伝統銘菓『鶴子まんじゅう』

全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞を受賞しているとのこと。

八戸市の伝統的な土産菓子として知られ、こしあんに黒砂糖を使用した皮で包み焼き上げ、落雁粉のそぼろをまぶしたもの。考案者であり萬榮堂の創業者だった松田萬次郎が見た「櫛引八幡宮に舞い降りる大きな鶴」の夢がその名の由来とされている
鶴子まんじゅう – Wikipedia

夕 ( ˘ω˘ )月@yuuduki965

櫛引八幡宮の隣にあるお菓子屋さん(名前ど忘れごめんなさい)のわらび餅(きなこ・抹茶・黒糖)がすごく美味しくておすすめ〜!餅っていうより口に入れたら溶けちゃう感じですごく美味しいから食べて(伝われ) あと鶴子まんじゅうは高松宮さまに献上したこともある銘菓やで

708@nao700913

鶴子まんじゅううめー

【秋田県】 根強い人気で50年。『金萬』

秋田県の代表的な銘菓「金満」。
カステラ生地が特徴的なお饅頭です。

秋田県人に秋田銘菓は?と聞くと、必ず一人は『金萬』というはず。そのくらい秋田で根強く人気がある銘菓です。
秋田県人も納得のうまさ!JR秋田駅で買えるお土産ベスト5 | 秋田県 | トラベルjp<たびねす>

カステラの薄皮の中には、上質な白あんがぎっしり詰まっており、上品な甘みがおいしいと評判です。
秋田県の人気お土産30選。きりたんぽの他にもたくさん! – Find Travel

ま( ˙◁˙ )さこ@chakoko0427

もし秋田の人間に普通に金萬の話されたら「28個タベマシタ」ってカタコトに言ってみて。
めっちゃ喜ばれるから。ほんっとにめっっちゃ喜ばれるから。テンション上がるから。 #金萬 #秋田銘菓
大曲に花火を見に行った従妹が、秋田銘菓の金萬をお土産に持って来てくれた。白あんをカステラ風の皮で挟んであって、初めて食べたけど美味しかった。
#和菓子 #金萬 #秋田 #大曲の花火 instagram.com/p/6_z18lBW-o/

【岩手県】 多様なバリエーションが魅力的『かもめの玉子』

季節限定の商品や一口サイズの「ミニかもめの玉子」などいろんな種類の「かもめの玉子」が楽しめます。

かもめの玉子(かもめのたまご)は、さいとう製菓株式会社が製造している岩手県大船渡市の郷土菓子。白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコレートでコーティングした卵型の菓子である。販売はさいとう製菓の子会社・株式会社鴎の玉子が行っている。
かもめの玉子 – Wikipedia

ハコ@36_hako

かもめの玉子
レモン風味で美味しい!!
どうしよう・・・2個目、食べたい(⌒∇⌒)
#かもめの玉子 pic.twitter.com/fm8lXQm8w2

井関裕貴@ISK49

恒例の あさ採りワイド秋田便内のおやつタイム。ADさんの差し入れは、大好物の『かもめの玉子』の新商品メロン味。中にはメロンのシロップが❗️ウマシ♪( ´▽`) #かもめの玉子 #さいとう製菓 #岩手 #abs_radio pic.twitter.com/0zpkwFL7dF

【山形県】 創業80年・こだわりの味 『一本杉菓子店 あげまんじゅう』

行列も出来ることがあるらしい「一本杉菓子店」。
全国の揚げまんじゅう(かりんとうまんじゅう)の中でも歴史のあるお店なんだろうと思います。

通常、あげまんじゅうというと、ドーナツの様なやわらかいものが多いのですが、当店のあげまんじゅうはカリカリの食感を出すために独自の製法で饅頭が硬くなるように仕上げています。
また、底面を焦がすことによって、独特の風味と食感をより引き出しています。
あげまんじゅう | 一本杉菓子店 山形県天童市 創業80年・こだわりのあげまんじゅう

まるご@Margaux2004

あげまんじゅう@一本杉菓子店は天童の銘菓。賞味期限がなか一日ゆえ、遠方のお友だちには写真で。 http://twitpic.com/2x5jy0

しのぶ@sshinobu_

@sshinobu_
すみません、さすがは一本杉菓子店のあげまんじゅう…思いの外、反響が。
ちなみにタクシー運転手さんのオススメの食べ方はなんと冷凍庫で凍らせる!
これがカリッとおいしいのです!あんこは凍らずひんやり。これからの季節にぜひ!
…少し常温で解凍してからですけどね。

アニ@ani88suteki

一本杉のあげまんじゅう、とりあえず10個買っとけばいいべと思ったけど、ぜんっぜん足りなかった。100個くらい買っときゃよかった。まじで。また食うぞ。
ipponsugi.jp

【宮城県】 仙台のお菓子といえば『萩の月』

仙台のお土産と言えば「ずんだもち」や「笹かまぼこ」、そしてこの「萩の月」。ふわふわの生地に濃厚なカスタードがお茶にとてもよく合いますよね。

萩の月(はぎのつき)とは、1979年(昭和54年)9月から菓匠三全(宮城県仙台市)が販売しているカスタードクリームをカステラ生地で包んだ饅頭型のお菓子のことである。正式名称は『仙台銘菓「萩の月」』(せんだいめいか はぎのつき)。
萩の月 – Wikipedia

萩の咲き乱れる宮城野の空にぽっかり浮かぶ名月をかたどった銘菓・萩の月。まろやかでやさしい風味のオリジナルカスタードクリームをたっぷり使い、ふんわりとした高級カステラで包みました。
萩の月|歴史と味の菓匠三全

萩の月おいしいよね~!ぼくそんなにおいしそう?? RT @m_3al トキムネくんってば、後ろから見たら、お皿に乗った萩の月だわさ pic.twitter.com/o8ClQ07kTi

【福島県】 日本三大まんじゅうのひとつ『薄皮饅頭』

シンプルな味わいで食べ始めたら止まりません!

1852年(嘉永5年)から続く和菓子の老舗「柏屋」が製造販売している。
薄皮饅頭 – Wikipedia

皮は、小麦粉に黒糖を多く混ぜて作った生地を使用しているため、茶色をしている。通常の饅頭よりも皮が薄い分、餡の占める量が多い。このためかなり甘いが、くどい味わいではない。現在、餡の種類で「こしあん」と「つぶあん」の2つがある。
薄皮饅頭 – Wikipedia

また、小さいサイズの「薄皮小饅頭」や、蒸篭に入れて販売している「せいろ薄皮」がある。そのまま食べるほかに、焼いて食べたり、凍らせて食べたり、衣をつけて天ぷらにして食べたり、茶漬けにして食べたりする人もいる。
薄皮饅頭 – Wikipedia

ぐー@k1k1j1j1

岸朝子さんの本に載ってた福島のお土産をもらった〜!薄皮ミニパンみたいにあんこがギッシリでよい!つい2個も食べちゃった!#柏屋薄皮饅頭#つぶあん#饅頭#福島のお土産#和菓子 instagram.com/p/0sjwHrASEK/

ユキマル@yukimarco

柏屋さんの『薄皮職人手作り 柏屋薄皮饅頭(こし)』〜♪
購入店舗も本店と開成柏屋と郡山おみやげ館のみの限定品。
出来立てほやほや が店頭に並びます。つぶあんも食べたかったけど売切れで残念! pic.twitter.com/G00joMOEIp

【福島県】 会津の知る人ぞ知る銘菓 『粟饅頭』

福島県からもう一品。個人的には一番おススメです。お土産というよりかその場で出来たてを召し上がってほしい一品です。

「柳津虚空蔵」として有名な会津柳津で販売されている「粟饅頭」。円蔵寺の参道では饅頭を蒸かす際に出る蒸気と煙突の風景がぐっときます。
また、出来たてのアツアツフワフワの食感は一度試していただきたい!

粟と餅米を混ぜた生地にこしあんを包んで蒸した饅頭。色は粟をイメージした黄色で、粟のつぶつぶした感触と、餅の粘りを持ち合せた独特の食感が特徴。
基本的に手作りで、店頭では職人がおちょこのような型に詰めて作っている光景が見られることもある。福島の物産展では定番商品の一つとなっているが、手作りのため製造に時間がかかり、必ずといっていい程行列ができる。
粟饅頭 – Wikipedia

賞味期限が短く、2日も経つと硬くなってしまう。長期保存する場合は冷凍する必要がある。
粟饅頭 – Wikipedia

お店によっては半日くらいで硬くなってしまう、という経験があるのでお早めにお召し上がりください。

金太郎@ef470

柳津に行ったらこれだね(^ω^)#あわまんじゅう pic.twitter.com/MFNaNY6phr
なんと町田で会津柳津の小池菓子舗の粟饅頭を入手しました。会津柳津の名物の粟饅頭をこんなところで見るとは(^^) #aizuyanaizu #会津柳津 #粟饅頭
#甘い誘惑
新潟のおばあちゃんち行く前に福島寄ってあわまんじゅう屋さん3軒くらい行って食べ比べしてきた
あわまんじゅう蒸してて煙でてて可愛かった#あわまんじゅう instagram.com/p/_6F15FjJQm/

https://matome.naver.jp/odai/2146548716419522501
2016年06月16日