フィアット 124スパイダー、最安のターボ搭載オープンカーに

makaizou

イタリアのフィアットの新型オープンスポーツカー、『124スパイダー』。同車の米国価格が公表され、「米国で最も価格の安いターボエンジンのオープンカー」となった。


https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377205303

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377205203

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377205103

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377205003

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377204903

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377204803

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377204703

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377204603

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601/2146523689377204503

新型フィアット124スパイダーは、マツダとフィアットの協業プログラムから誕生した1台。新型フィアット124スパイダーは、新型マツダ『ロードスター』と車台を共用する兄弟車になる。兄弟車ではあるが、ボディはフィアットの専用デザイン。

フィアットは1966年、初代124スパイダーを発表。多くの顧客に支持され、1985年までの20年間に渡って生産された。30年ぶりに復活した新型124スパイダーは、新型マツダロードスターとは、全く異なる専用ボディを採用。ヘッドライトのデザインなどに、初代124スパイダーのモチーフを反映させた。

その一方、室内のデザインは、新型マツダロードスターと基本的に共通。ロードスターと同じステアリングホイールは、フィアットのロゴが目を引く。ダッシュボード中央には、7インチモニターを配置。

今回、フィアットは、新型124スパイダーの米国価格を公表。ベース価格を2万4995ドル(約269万円)に設定し、「米国で最も価格の安いターボエンジンのオープンカー」と宣言した。

これは、兄弟車の新型マツダ ロードスターが、米国では日本仕様の1.5リットルターボではなく、自然吸気の2.0リットルエンジンを搭載するため。新型ロードスターの米国ベース価格は、2万4915ドル(約268万円)と、新型124スパイダーよりも若干安い設定となっている。

https://matome.naver.jp/odai/2146523679377169601
2016年06月07日