【百合】漫画家 缶乃【まとめ】

aoi731000
漫画家缶乃さんについてまとめました!

缶乃さんのTwitter

缶乃さんのPixiv

缶乃さんのHP

出版された漫画一覧

サイダーと泣き虫。
○出版社
一迅社○出版年月
2015年3月

○あらすじ

たった5人しかいない弱小オカルト研究会は
部誌作成のため、
二人で手をつないで渡りきれば、
永久に結ばれるという橋の噂を調査することに。

しかし、幼馴染と後輩がその噂を試すところを
見ていられなくて・・・。

そんな青く、甘酸っぱい青春を描いた
[ヒラヒラヒラク秘密ノ扉]
[ようこそ!オカルト研究会]をはじめ、

思春期の不安定な関係を描いた
[花丸ハッピーエンド]
[畢竟デッドエンド]、

フラれた友人を励ますため彼氏の代役として
デートにつき合う
[シンデレラ]など、

缶乃が不器用な女の子たちの溢れそうな想いを
詰め込んだ同人誌をまとめた作品集です。

あの娘にキスと白百合を
○出版社
一迅社○出版年月
2015年5月

○あらすじ

品行方正、成績優秀の秀才少女・白峰あやかは、
中等部から高等部に進学。

『今までと同じ自分』であり続ける……
はずだった!?

天才少女・黒沢ゆりねとの出会いから、
彼女の世界は一変する…?!

白峰と黒沢の物語から、全てが動きだす。
従姉妹と先輩、同級生と後輩、そして教師まで…。
少女たちの数だけ、物語は存在する――…。

Twitterでの感想 #サイダーと泣き虫。

えおなゆ@eonayu

サイダーと泣き虫気になった方は出典元のハイパーケトルイエスタデイの合同同人誌をオススメします。1つのテーマを元に3名が描いてる面白い本です。委託販売もされてるので手に入れやすいです。吸引力の変わらないただ一人の美少女がお気に入りです #サイダーと泣き虫

画像mania@漫画垢@sadistic__devil

#サイダーと泣き虫。|あの娘にキスと白百合をの人の百合作品集。ドロドロ愛憎系というよりはキラキラ友情系。同人誌からの作品が多く、荒削りな部分もあったけど、それを補う勢いがありました。一番気に入ったのはオカルト研究会の話。幼馴染百合って王道にして至高ってよくわかりました。

Twitterでの感想 #あの娘にキスと白百合を

百合作品において重要な要素って、カップルのセックスが同じことではなくてジェンダーが同じことなんではないかと思った #あの娘にキスと白百合を
ジェンダーから離れてるからカップル間の依存関係で色々と冒険できるんだろうなと

@__hiiron

やっと4巻ゲットだぜ
陸上部2人大好きだから嬉しいよ表紙可愛すぎてずっと眺めていられるよ
#あの娘にキスと白百合を
#あのキス
#缶乃
#百合ネットワーク pic.twitter.com/M6Nsk1DVPG

画像mania@漫画垢@sadistic__devil

努力しないで結果の出せる天才ぼっち、努力しかない負けず嫌いな優等生を主軸に、愛情というよりは友情に近い部分での青春百合です。ドロドロ系の百合が多かったのでサラっとした印象を受けました。幕間で脇キャラにスポットを当てた1ページ漫画も深みを出してて非常に◎。 #あの娘にキスと白百合を

画像mania@漫画垢@sadistic__devil

#あの娘にキスと白百合を 2|非常に純度の高い学園百合もの。この手の作品にしてはちょっと線が太いけど、絵は見やすく非常に上手い。今巻のテーマは「別れ」で送り出される側と送り出す側の心理描写がテンポよく丁寧に描かれていてうっとりした。最後に前巻の主役の妹が出てきて次巻が楽しみです。

画像mania@漫画垢@sadistic__devil

最終巻と思い込んでいたけど、無事続刊!今巻は陸上部ペアの掘り下げ。個人的には一番見たかった組み合わせだったので非常に満足ですね。正直白黒ペアよりこっちの方がメインだと思ってます。 #あの娘にキスと白百合を

紅莉栖@ぬこ@inugamimomo

一巻から四巻、背景のお花は違いますが手前には必ず百合がありますね。それぞれの二人に囲む紐も地味に色が変わってて背景のお花と手前の百合がとても似合うってところがとてもいい。 #あの娘にキスと白百合を pic.twitter.com/WTzwMiLkiJ
自転車通勤の後輩と自転車通勤指導先輩のカップルが好きです
#あの娘にキスと白百合を

はなみ@kero18L

伊澄の事を大切に思う千春。
千春の事を大切に思いすぎて変わっていく伊澄。素直に支え、支えられる新しい二人の繋がり。
ええやんとかなってたら、キスするところべた甘で三回位イッた。
#あの娘にキスと白百合を

最後に

『あの娘にキスと白百合を』はまだ続くようです。
現在4巻まで出ていますので、気になりましたら是非!
絵柄も色も物語も素敵ですので、これをきっかけにあなたも読んでみませんか?

https://matome.naver.jp/odai/2146513685383800301
2016年06月06日