「100人に1人の逸材」 田中彩子 超ソプラノ! そして、美しき歌姫!

darkside

■田中彩子さんの人物

京都府出身。10代から単身ウィーンにて声楽を学ぶ。
22歳で日本史上最年少でスイスの首都ベルン市立劇場にて、ダニエル・インバル指揮のフィガロの結婚で代役なしでのソリストデビューを飾る[1]。 (ソリストとしては日本人初、且つ同劇場史上最年少での歌劇場デビュー)
その後、国際ベルベデーレオペラ・オペレッタコンクールにオーストリア代表として本選出場を果たし、ウィーン・フォルクスオーパーとオペラ「ホフマン物語」のオランピア役で契約する。
田中彩子 – Wikipedia

■情熱大陸で取り上げられる田中彩子さん

情熱大陸@jounetsu

音楽の都・ウィーンで「100人に1人の逸材」と絶賛されている
美しきソプラノの歌姫・田中彩子に密着! あす夜11時です。
#jounetsu #mbs #tbs #情熱大陸 #田中彩子 #ソプラノ #ウィーン #コロラトゥーラ pic.twitter.com/S5PMc7dPzm

■田中彩子さん経歴

・2011年
マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバル”Musica Coronensis”にて、マーラーの交響曲第4番第4楽章『天上の生活』のソプラノソロで出演。

・2012年 – 2014年
オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ魔笛のオーストリアツアーにて、同オペラの夜の女王役で全公演出演。

・2013年
ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー。

・2014年
オルフの世俗カンタータ『カルミナ・ブラーナ』のソプラノソリストで、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー。
田中彩子 – Wikipedia

■ディスコグラフィー

2016年現在、発売しているアルバムは1枚!

1st Album 「華麗なるコロラトゥーラ」

■Twitterでも話題に!

【クラシック】今夜放送の「情熱大陸」にはソプラノ歌手の田中彩子さんが出演されます。初めて田中さんの「夜の女王のアリア」を聴いたときの感動は、二度と忘れません。素晴らしい歌声ですので、是非ご覧ください。発売中のCDも要チェックですよ! pic.twitter.com/eNhzA0vCHn

ろくあい@rokuai6

今日の情熱大陸、田中彩子さんだぁああ!

えちゃ@ecya

Gyao!の無料配信で「情熱大陸」見てるんだけど、6/5の「ソプラノ歌手・田中彩子」は、あまりの美しさ(声と容姿!)に、テレビの無い我が家では、ネットで見るしかないので、実家に電話して録画してもらうことにした!
あんなに美しい容姿の人っているんだねぇ!

ロンパーちゃん@yorukuma_mc

田中彩子さん!
今年の名フィルのニューイヤーコンサートで(テレビでしたが)初めて聴かせていただいて、もうすごかった!
いつか生で聴いてみたいです。
録画予約します https://t.co/uguZM7Pamq
https://matome.naver.jp/odai/2146512525469114301
2016年06月05日