あるある!中国の空母艦載機「J15」お払い箱に?…

Doragonfly
軍拡を続けている中国の歪みか?

覇権獲得のためになりふり構わぬ軍拡を続けている中国だが、やはりそのひずみはそこかしこに出ているようだ。
中国の空母艦載機「J15」に技術的な欠陥 ロシアに救援要請か – ライブドアニュース

中国が初めて保有した空母「遼寧」の艦上戦闘機J15に技術的な欠陥が見つかる。

ロシアに技術支援を要請するか、代替機を探さざるを得ない状況になっている
中国のJ15お払い箱に?欠陥露呈で“パクリ先”ロシアに支援要請か ニュース国際画像掲示板 明和水産

中国が初めて保有した空母「遼寧」の艦上戦闘機J15に技術的な欠陥が見つかる。

J15はロシアの艦上戦闘機Su33を模倣して製造したものだ。
中国の空母艦載機「J15」に技術的な欠陥 ロシアに救援要請か – ライブドアニュース

要するに未熟さ故に模倣しきれず、“パクリ先”のロシアに泣きつこうとしているということになる。

J-15(殲撃15)「飛鯊」は、瀋陽飛機工業集団公司が、ロシアのSu-33艦上戦闘機や同社がSu-27SK/J-11を元に開発したJ-11B戦闘機の技術をベースとして開発中の艦上戦闘機である。
J-15艦上戦闘機(J-11BH/殲撃15) – 日本周辺国の軍事兵器

ロシアの艦上戦闘機Su33を模倣して製造したもの
J15は配備から4年がたつが、これまで生産数は16機にとどまっている

空母向けのパイロット養成に大きな支障が出る可能性がある。
中国のJ15お払い箱に?欠陥露呈で“パクリ先”ロシアに支援要請か ニュース国際画像掲示板 明和水産

カナダの軍事情報サイト「漢和防務評論」や米華字ニュースサイト多維新聞によると、J15は配備から4年がたつが、これまで生産数は16機にとどまっている

空母向けのパイロット養成に大きな支障

ウクライナが保有していたSu33の試作機を入手し、艦上戦闘機に関する技術を取得。
中国の空母艦載機「J15」に技術的な欠陥 ロシアに救援要請か – ライブドアニュース

遼寧そのものも建造に着手されながら、ソ連崩壊のあおりを受けてスクラップ同然となった未完成の空母「ワリヤーグ」をウクライナから購入し、改修したものだ。
中国のJ15お払い箱に?欠陥露呈で“パクリ先”ロシアに支援要請か ニュース国際画像掲示板 明和水産

スクラップ同然となった未完成の空母「ワリヤーグ」をウクライナから購入し、改修したものだ。

技術不足で高性能エンジンの開発ができず。潮風にさらされるためにメンテナンスも容易ではない。
中国の空母艦載機「J15」に技術的な欠陥 ロシアに救援要請か – ライブドアニュース

中国がウクライナからSu33の試作機を購入した際、完璧な設計図を手に入れることができなかったのではないかという軍事問題専門家の指摘もある。

技術不足で高性能エンジンの開発ができず

「漢和防務評論」は代替機を導入する場合、ロシアが開発し、インド海軍が導入している空母艦載機Mig29K戦闘機か中国の第5世代戦闘機のJ31を候補に挙げている。
中国のJ15お払い箱に?欠陥露呈で“パクリ先”ロシアに支援要請か ニュース国際画像掲示板 明和水産

ロシアがMig29Kを売却するかどうかは中露両国の軍事協力の行方やロシアと西側諸国との関係に影響されるなど不確定要素が多い。

空母艦載機Mig29K戦闘機か中国の第5世代戦闘機のJ31を候補に挙げている。

「漢和防務評論」は、資金さえ出せばロシアは中国にSu33の設計図を渡すはずだと分析している。
中国の空母艦載機「J15」に技術的な欠陥 ロシアに救援要請か – ライブドアニュース

https://matome.naver.jp/odai/2146452297321600401
2016年05月29日