メイド姿でガチロック!既に海外で話題の和製ガールズバンド「BAND-MAID」って?

seventysixstars
BABYMETALやONE OK ROCK、MAN WITH A MISSIONなどに続く、海外で人気急上昇中のメイドガールズバンド「BAND-MAID」を紹介します!

今、海外でも大人気の日本人アーティストが増えてきている!

3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが1日に世界同時発売したニューアルバム『METAL RESISTANCE』が、アメリカ・ビルボード誌の総合アルバムチャートで39位にランクインした。日本人アーティストがTOP40入りしたのは、1963年に坂本九さんのアルバム『Sukiyaki And Other Japanese Hits』が14位に入って以来53年ぶり、史上2組目の快挙。
BABYMETAL、全米TOP40入りの快挙 坂本九さん以来53年ぶり2組目 (オリコン) – Yahoo!ニュース

BABYMETAL以外にも、ONE OK ROCKやMAN WITH A MISSIONなど、日本でも大人気のアーティストが海外でも高く評価され始めてきた。

ONE OK ROCK

ONE OK ROCKは2013年にヨーロッパ・アジア11カ国12ヶ所を周る単独ツアー「”Who are you??Who are we??” TOUR」を開催。当時何よりも海外人気に驚いたのはメンバー自身である。2014年にはニューヨークとロサンゼルスでライブを開催。更に南米とヨーロッパを周るツアーを開催、2014年は日本にほとんどいなかったワンオク。2015年にリリースした「35xxxv」は海外でのレコーディング、海外で活躍することを意識して作られたアルバム。日本でもオリコンチャートで初の1位を記録した。
世界で通用する日本のバンド マンウィズ ワンオク アレキ FACTら-Ripy[リピー]

MAN WITH A MISSION

2011年に日本でメジャーデビューしたマンウィズはYoutubeなどで着実に人気を集め、2014年には全米デビューを果たし、アメリカ大陸全土を周る大規模なツアーを開催。ニューヨークやサンフランシスコ、ソルトレイク、ロサンゼルスなどで公演を行った。2015年には全米で大ヒットを飛ばしたバンド・ゼブラヘッドとコラボ楽曲「Out Of Control」をリリースした。
世界で通用する日本のバンド マンウィズ ワンオク アレキ FACTら-Ripy[リピー]

しかし、日本ではまだ多くの人には知られてないが、海外では既に大人気のガールズバンドがいる!そのバンドとは・・・

BAND-MAID(バンドメイド)
オフィシャルサイト
http://bandmaid.tokyo/メイドの姿をした5人組ガールズ・ロック・バンド

BAND-MAIDの特徴は?

衣装はメイド服で、
ライブを『お給仕』と呼び
ファンを『ご主人様』、『お嬢様』と呼ぶ!!

BAND-MAIDは、メイドの世界観満載のガチ・ロック・バンド!
BAND-MAID | BIOGRAPHY

<BAND-MAID プロフィール>

ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に、ツイン・ボーカルにギター、ベース、ドラムの確かな実力を持ち合わせている。

そのルックスとは正反対の音楽性で観る人を魅了し、MV「Thrill(スリル)」はfacebook上に公開されて2週間で200万回再生を記録。

YouTubeでも公開1年経たずして100万回再生を記録。日本のみならず、海外のご主人様、お嬢様にも受け入れられている。

結成3周年目に突入というまだ若いバンドではあるが、既にSHIBUYA-AXやZepp Tokyoなどの大舞台でのライブ経験や、ももいろクローバーZ主催イベント“AGO FES”や“音霊 OTODAMA”、“肉ROCKフェス”への出演、Silent Siren、ORESKABAND、HEAD PHONES PRESIDENT等との共演などと常に話題が尽きない。
2016年3月には初の海外お給仕をアメリカ シアトル“Sakura-Con”にて行い、3000人近くを動員。同年5月にはイギリスでのお給仕も決定している。

既に海外からは、BAND-MAIDへの出演オファーが殺到中!

18日にアルバム「Brand New MAID」でメジャーデビューするが、すでにその存在は海外にとどろいている。27~29日に開催される英カルチャーフェス「MCM COMIC CON」や10月のメキシコ単独公演を始め、フィンランド、ドイツ、ブラジルなど世界11カ国から出演依頼の声がかかっているという。
BAND MAID、海外にも「ご主人さま」いっぱい デビュー前にオファー殺到 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

なぜBAND-MAIDが海外で人気になったかというと?

『Jrock Radio』というジャパニーズロック専門のウェブラジオ局が、120万人以上のファンを抱える自身のFacebookページで“Thrill(スリル)”を紹介。そのことがきっかけとなり、注目度が一気に高まったのだという。その影響で多くの海外ロック / メタル系サイトがこぞってBAND-MAIDを取り上げ、海外人気の高まりにつながっていったのだ。
ギャップ萌えは世界共通だった?BAND-MAIDが海外でウケたワケ – コラム : CINRA.NET

『Jrock Radio』以外に、海外のメタルサイトでも紹介されるほど!

こちら、海外メタルサイトの翻訳が読めます!

そんなBAND-MAIDは、最近日本でメジャーデビューしたばかり!

BAND-MAIDが、5月18日に日本クラウンよりミニアルバム『Brand New MAID』をリリースすることが明らかになった。
BAND-MAID、日本クラウンからメジャーデビュー (BARKS) – Yahoo!ニュース

メジャーデビュー前の3月には既にアメリカで初の海外ライブを行い3000人を動員!

BAND-MAIDは3月27日にアメリカ・シアトルで開催されたコンベンションイベント「Sakura-Con」に出演。約3000人の観客を前に迫力のあるパフォーマンスを披露した。
シアトルで3000人集めたBAND-MAID、初の全国ツアー開催 – 音楽ナタリー

アメリカ・ワシントンで開催された「Sakura-Con」出演時のBAND-MAIDのライブの様子
メンバーのKanami(歌波)のTwitterより

──3月にアメリカで行った初の海外ライブは大盛況だったそうですね。

ミクービックリしました。会場を下見したときに、フロアがとても広かったので不安になっちゃって。でも本番直前にステージ裏に行ったら、ものすごいBAND-MAIDコールが聞こえてきて。

茜ーすごく刺激的でしたね。ステージに上がるまで信じられなかったけど(笑)。
BAND-MAID「Brand New MAID」インタビュー (1/3) – 音楽ナタリー Power Push

インタビューの続きは、こちらからどうぞ!!

そしてなんと10月にはメキシコでの単独公演も決定!!!!!

【BAND-MAID en México】
開催日:2016 年 10 月 9 日 (日)
開場時間:17:00
開演時間:19:00
会場:SALA
BAND-MAID | LIVE

そんな彼女たちの夢は”世界征服” そして世界中の競馬場でお給仕を・・・ ラーメン屋を・・・www


https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901/2146460249280521903
KANAMI -遠乃歌波- (Gt.)

KANAMI:バンドとして世界征服のほかに、私個人としてはギタリストとしても作曲者としても成長していきたいな。
BAND-MAIDが明かす、“ギャップのある音楽”を作り続ける理由「バンドとして“世界征服”したい!」|Real Sound|リアルサウンド


https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901/2146460249280522103
MISA (Ba.)

MISA:私はお酒がすごい好きなので、世界中のお酒を飲めたらなって(笑)。ベーシストとしても、もっと技術を高めていきたいと思います。
BAND-MAIDが明かす、“ギャップのある音楽”を作り続ける理由「バンドとして“世界征服”したい!」|Real Sound|リアルサウンド


https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901/2146460249280521803
SAIKI -彩姫- (Vo.)

SAIKI:お給仕の時に「手を挙げろ!」って煽ると挙げてくれるみたいな。それをもっと海外でもやっていきたいと思います。
BAND-MAIDが明かす、“ギャップのある音楽”を作り続ける理由「バンドとして“世界征服”したい!」|Real Sound|リアルサウンド


https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901/2146460249280521703
MIKU -小鳩ミク- (Gt/Vo.)

MIKU:私はまずBAND-MAIDで世界征服をして。あと、小鳩は馬が好きなんです。地元が熊本なんですけど、馬は見るのも食べるのも競馬も好きなので、世界中に小鳩の競馬場を作りたいな。そして、世界中の競馬場でお給仕をしたい。
BAND-MAIDが明かす、“ギャップのある音楽”を作り続ける理由「バンドとして“世界征服”したい!」|Real Sound|リアルサウンド


https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901/2146460249280522003
AKANE -廣瀬茜- (Dr.)

AKANE:私はバンドを始めた頃からずっとフェスに出たいと思っていて、海外でも日本でもフェスに出られるようになりたい。あとは競馬場を作るとのことですし(笑)、ラーメンが好きなので競馬場内にラーメン屋を出店させてもらおうかなと。
BAND-MAIDが明かす、“ギャップのある音楽”を作り続ける理由「バンドとして“世界征服”したい!」|Real Sound|リアルサウンド

最後に

バンド結成時から海外進出を意識していたBAND-MAID。予期せぬ出来事をきっかけにその予定は早まったが、海外での評価に追いついていかねばとメンバーの意識レベルはぐんと上がった。彼女たちの「世界征服」への道は既に開かれている。
ギャップ萌えは世界共通だった?BAND-MAIDが海外でウケたワケ – コラム : CINRA.NET

是非、「世界征服」を成し遂げてほしいです!!!

https://matome.naver.jp/odai/2146432635182210901
2016年05月30日