【必見】頭皮のフケの正しい改善方法のまとめ

unknown11301130

1.まずはフケの種類を見極める

一般にフケといわれるものは2種類存在します。
乾性フケ
脂性フケ

これら種類はフケの症状を表すものではなく、 その原因を表します。
フケの種類

フケには、大きくわけて2種類があります。頭皮の乾燥が原因で起こる「乾性フケ」と、頭皮の脂分が多すぎるために起こる「脂性フケ」です。

この2つはまったく正反対の原因で起こるものですから、自分のフケがどちらであるかを見極めることなしには効果的な対策はとれません。

乾性フケの人が脂性フケ向けの対策をとると、よけいに頭皮が乾燥してしまって逆効果ですし、脂性フケの人が乾性フケ向けの対策をとると、さらに頭皮が脂っぽくなってしまってやはり悪化してしまうことになるためです。
どうすれば改善できる?正しいフケ対策とは | スキンケア大学

乾性フケの場合

パサついたフケが出るのは、頭皮の乾燥が大きな原因です。
この乾燥から、頭皮を守りぬくことが、フケを抑える最大の対策になるんです!

絶対と言っていいくらい、すぐにやって欲しい大事な対策は、

シャンプーの見直し
頭皮の保湿
頭の洗い方の見直し

大きくこの3つです。
頭皮の乾燥によるフケ対策!実際に効果のあった方法はコレ!

絶対に避けたいのは、「何度も執拗にシャンプーをすること」です。シャンプーは多くても1日1回に留めましょう。

シャンプーによって洗い流されてしまった皮脂や角質層の保湿成分(細胞間脂質や天然保湿因子)は、大体24時間かけて回復すると考えられています。よって、1日に何回も頭皮を洗うと、お肌のバリア機能や水分保持力が回復する前に再度潤いが奪われてしまい、かえって乾燥が進んでしまうのです。
どうすれば改善できる?正しいフケ対策とは | スキンケア大学

脂性フケの場合

脂性フケは脂性肌の人に多く、主な原因は頭皮の皮脂の過剰分泌です。それにより2つのケースでフケが発生します。1つめは、皮脂の過剰分泌により角質層がはがれ落ちてフケになる場合。2つめは、皮脂を栄養とするマラセチア・フルフルという真菌(本来必要な皮膚常在菌)が異常繁殖してしまい、頭皮に炎症を起こさせ表皮角質の形成を早め、フケ症を起こす場合があります。
脂性フケの原因と対策:シャンプーの洗い方だけではない

脂性フケの場合は、シャンプーの仕方や食生活を見直すことで改善が期待できます。

まずは、毎日正しい方法でシャンプーをする必要があります。皮脂の取り除きすぎは乾性フケの原因となりますが、逆に皮脂が多すぎても脂性フケの原因となってしまいます。毛穴に汚れが残ると詰まってしまうので、いつも清潔に保つようにしましょう。

また、脂性フケの改善に特化したシャンプーも充実していますので、そちらの活用もおススメです。
どうすれば改善できる?正しいフケ対策とは | スキンケア大学

また、アルコールの摂取を控えることは代謝を活性化させることに繋がりますし、ビタミンB2やB6のような脂質の代謝を促す成分を多めに摂取することも大切です。
どうすれば改善できる?正しいフケ対策とは | スキンケア大学

https://matome.naver.jp/odai/2146409123411389401
2017年05月15日