もう予備軍かも…実は子どもより深刻な「高齢者貧困」が怖い

meraleisy
最近「子どもの貧困」が話題になっていますが、その裏でそれを上回る勢いで増えているのが「お年寄りの貧困」。中には、貯金が3000万円あっても生活が立ち行かなくなり、破産する人もいるそうです。若い人も他人事ではない「老後破産」の実態についてまとめました。

最近「子供の貧困」が話題になっている一方で…

同じくらい増えてきているのが「お年寄りの貧困」

高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題
NHKスペシャル | 老人漂流社会”老後破産”の現実

年金収入だけでは暮らしていけない“老後破産”の実態が、独居高齢者だけでなく、親子が共倒れする事態にも広がっている
NHKスペシャル | 老人漂流社会団塊世代 しのび寄る“老後破産”

独居老人の貧困率は「3人に1人」

子供の貧困が「6人に1人」なので、それより多いことが分かる

全国の平均所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子供の割合は、過去最悪の16.3%(前回比0.6ポイント増)。貧困に直面する子供は300万人以上で、6人に1人いる計算
日本の子ども、6人に1人が貧困に直面 「老人から若者へ」福祉政策転換を海外主張 | ニュースフィア

300万人で6人に1人なので、約50万人の子どもたちが貧困に悩まされている。

日本全国で65歳以上の高齢者の数は3200万人。およそ16人に1人が老後破産の状態にあり、独居高齢者に限れば3人に1人にも上る。
「老後破産」200万人の衝撃第1部 「普通のサラリーマン」だった私は、定年からたった10年で破産した 65歳以上の16人に1人が直面する | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

独居老人の数は前述したとおり600万人。そのうちの3人に1人が困っている。つまり、約200万人の人が老後破産の現実と向かい合っている。これは子どもの貧困と比べると、約4倍の数に当たる。

貯金が3000万円あっても足りないらしい…

大手企業で役職付いて例えば支店長などの役職で辞められた方の場合、退職金額は3000万円を往々にして越えます。普通は、これだけあれば俺の老後は安泰だ、と思うのですが、ところがどっこい老後破綻に陥るケースが決して少なくありません。
なぜ3000万の退職金を貰っても老後破綻するのか: tak-tak-world

夫婦2人分の生活費だけで7350万円かかります。そこへリフォーム費用に300万円、介護などの予備費として300万円が加わると、老後25年間の支出総額は7950万円。つまり2124万円の赤字ですね。年金だけでは、とうてい足りません
年金だけでは約2000万円も足りない「老後破産」の罠|週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

他にも子どもへの支援や病気にかかって入退院などを繰り返したり、介護の300万は予備費なので実際介護が始まればもっとかかる。そうすると、1000万がさらにプラスされて3000万あっても足りるかどうか分からない。

その結果、生活が立ち行かなくなる

これがいわゆる「老後破産」

高度成長期に順風に過ごしてきた世代は、「働いてさえいれば何とかなる」と思いがちです。それなりの預貯金があっても、ゼロになるのはあっという間です。
老後破産はなぜ起こる? | マイナビニュース

老後破産した理由で一番怖いのが「住宅ローン」

夢のマイホームなんていいがちですが、実はこれが一番の落とし穴

定年までに払い終わるようなローン設計をしなければ老後破産となります。
高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン、子どもの借金…貯蓄4千万でも危険 | ビジネスジャーナル

意外と定年後までのローンを組んでいる人は多い。

全国住宅ローン救済・任意売却支援協会の佐々木延彦代表によれば、破綻の相談は今年に入って昨年の2倍の1000件に達する勢いだという。
あなたも「老後破産」予備軍じゃないか?こんな住宅ローン、定年後の夢追いが危ない! : J-CASTテレビウォッチ

破綻に至る理由は、高額購入、退職金の減額、リストラ、病気、離婚などさまざまだが、相談に来る人たちに共通するのは、ローンを組むときに破綻を想像した人は一人もいないということである。
あなたも「老後破産」予備軍じゃないか?こんな住宅ローン、定年後の夢追いが危ない! : J-CASTテレビウォッチ

ローンを組むなら計画的に!そして、貸家に住み続けるのも家の老朽化でリフォーム代金も抑えられる一つの手もしれない。

この問題、これからもっと厳しい状況になるのは明らか

民間シンクタンクの分析によれば、年金だけで暮らす団塊世代の預金残高は、年間90万円ほど目減りし続けている。
NHKスペシャル | 老人漂流社会団塊世代 しのび寄る“老後破産”

今後さらに年金額は減り、健康保険料、介護保険料は値上がりして年金から引かれるために、生活はますます苦しくなります。
高齢者世帯の4割は老後破産状態?少ない年金、住宅ローン、子どもの借金…貯蓄4千万でも危険 | ビジネスジャーナル

お見舞い金などの制度も見直されていますし、これから年金など国の補助だけに頼っていくのは今よりもっと難しくなる。

そうならないためにも…

大切なのは生活を「見直す」こと

大切なことは事態を冷静に判断し、早くに対処する変わり身の速さです。
老後破産はなぜ起こる? | マイナビニュース

決して贅沢をしていたわけではなくても、気づいたら貯金が目減りしていたということはありえます。定年後は、収入は確実に下がるわけですから、現役時代と変わらない生活習慣を続け、生活のレベルを下げられない人—これも破産に陥る一因
「老後破産」200万人の衝撃第2部 カネはない、でもプライドはある・・・ – 異教の地「日本」 〜二つの愛する”J”のために!

かつて高額の給与をもらっていた銀行員のような人でも生活が破綻してしまう場合もあります。
「老後破産」200万人の衝撃第2部 カネはない、でもプライドはある・・・ – 異教の地「日本」 〜二つの愛する”J”のために!

定年を過ぎてから今までのように暮らしていると、気づけば貯金がなくなっている事態になりかねない。

若い世代も他人事じゃない!

早いうちから将来を見据えてプランニングすることが大事

特にモノがあふれた時代しか知らない若い世代は、いったん膨らんでしまった生活スタイルを変えるのは非常に難しい気がします。
老後破産はなぜ起こる? | マイナビニュース

生涯働けるキャリアプランを考え、公的年金以外の収入を増やすよう心がけて。食事や運動などの生活習慣に気を付けて健康寿命を延ばす努力も必要です。そうすれば、医療・介護にかかるお金を減らせます。
今の40~50代は老後を甘くみている!? [定年・退職のお金] All About

若い世代は年金に関して冷ややかですが、まさに将来をイメージする相続力が問われます。同時に日々の積み重ねが老後に一挙に顕在化する点を忘れてはなりません。
老後破産はなぜ起こる? | マイナビニュース

なにはともあれ、まずは自分の老後を考えてみることが大事です。国に頼るだけでなく、まずは自分の力でどこまでできるか検討してみましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2146401146872010501
2016年05月25日