<ミニ四駆> レーサーミニ四駆シリーズ 画像 一覧 まとめ その3

trinity03
レーサーミニ四駆シリーズの紹介です。

https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206060603
ウイニングバード

全長 127mm
全幅 92mm
全高 45mm

ITEM NO.18024

シャーシはタイプ3採用。
ギヤは5:1と6.4:1の2種。
モーター付き。
ホイール、タイヤはライジングバード同様。

ボディカラーはシルバー。
ボディのランナーに初めてローラーが同時成型されたキット。
6穴と5穴の2種が2個づつ、計4個のローラーが付属。

シャーシ側のローラーと合わせると8つもローラーが付くキットである。
通常ラインナップのキットについてくるローラー数としてはトップ。

ビスとワッシャーは4つしか付属しない。
タイプ3の構成的にノーマルでは4つまでしかローラー付けられない。

漫画ミニ四トップで、ライジングバードから引き続き主役を張る。
ライジングバードと同様、小学館と田宮模型が共同して製作。

劇中で途中からフォーミュラになり色も変わった・・・

クリアボディも発売されたが、名前がウイニングバードフォーミュラに変更。
ボディ形状も若干異なり、ステッカーのデザインと配色も異なる。
ヘッドライトやサスペンションが省略されている。
その分ノーズがシャープになっている。

ライジングバードよりも重心が低くなり、成型も薄く軽くなっている。
その為、人気がある


https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206060703
イグレスJr.

全長 128mm
全幅 86mm
全高 49mm

ITEM NO.18027

オフロードバギーラジコンのイグレスの弟分。
シャーシはタイプ4。
ギヤ比は4.2:1と5:1。

ホイールはアバンテと同型のホワイト。
タイヤはスリックタイヤ。
ボディの成形色はシルバー。

ブラックスペシャルも販売された。
シャーシをVSに変更したキットも発売。

4種と数少ないタイプ4ラインナップ。


https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206060903
セイントドラゴンJr.(RCリッキー仕様)

全長 128mm
全幅 86mm
全高 43mm

ITEM NO.18029

漫画RCリッキー登場のRCカーの弟分。
シャーシはドラゴンシリーズの中では唯一のタイプ4。
ギヤは5:1と4.2:1の2種類が付属。
モーター付き

ホイールはアバンテ型。
スリックタイヤ仕様。
ボディの色はホワイト。
ステッカーがセイントドラゴンJr.から、赤基調のデザインに変更。

アニメ、レッツ&ゴー第1話の冒頭のデパートでのレースで豪のマンタレイJr.や
烈のスーパーアスチュートJr.と共にスタートしている。
一瞬しか登場しないので見逃さないように。

数少ないタイプ4採用キット。


https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206061103
クリムゾングローリー

全長 132mm
全幅 86mm
全高 41mm

ITEM NO.18032

ミニ四駆初のFM(フロントミッドシップ)マシン。
ギヤ比は5:1と4.2:1の2種類。
モーター付属。

ホイールは初採用の新型。
タイヤはスリックタイヤ。

チーム桃太郎侍のリーダー、木尾 桃太郎のマシン。
劇中ではクリムゾンG以外に、他のチームメイトの使うクリムゾンR、T、E、Aが登場。
Gはグローリーだが、それ以外のマシンのアルファベットは不明。

FMの歴史はここから始まる。


https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206061303
アスチュートJr.

全長 131mm
全幅 86mm
全高 46mm

ITEM NO.18033

オフロードバギーラジコンのアスチュートの弟分。
シャーシはゼロシャーシ。
ギヤ比は5:1と4.2:1の2種類。
モーター付き。

ホイールはアバンテと同型のグレー。
ボディカラーは赤。
非常に低いデザインが特徴。

ダッシュ!四駆郎ではブラックミストラルのマシンとして登場。

アニメ、レッツ&ゴーではセイバーをもらう前の星馬烈のマシンとしてスーパーアスチュートJr.
一般のレーサーのマシンとしてアスチュートJr.とスーパーアスチュートJr.が何度か登場。

豪のマンタレイJr.のコースアウトの巻き添えを食らい。
超高速ギヤを装着したトライダガーXに吹き飛ばされ。
藤吉のカートに轢かれそうになり。
ハマーDに踏み潰されそうになる。
など、何故か毎回ひどい目にあう。
42話に出てきた南条隼人のアスチュートJr.は父親に破壊されてしまった。

藤吉はかつての自分の行いを悔いていたのか、ハマーDに踏みつぶされそうになった
アスチュートを助けている。

RCでは人気車種だった為か、かなりバリエーションが多い。
スーパーアスチュートJr.とスーパーアスチュートJr. ブラックスペシャルがある。
ブラックスペシャルにGUPを追加したスーパーアスチュート Jr アドバンスも発売。

キャノピーをくりぬきドライバーを載せたオープントップ仕様。
RS仕様がそれぞれS2シャーシを採用して発売された。
オープントップ仕様には、くまモンとコラボした特別仕様も限定販売。

2014年にREVシリーズでフレイムアスチュートが発売。
でも似てないけどね・・・

GUPでクリヤーボディも販売。

2015年、待望の再販。
素材がポリカーボネイトに変更され、ステッカーも新デザインのビニール製になる。
2015年、ミニ四駆ステーションなどの大会の景品でパールパープルのボディが配布された。

低いフォルムの為、提灯ユーザーには人気である。


https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301/2146289453206061503
マンタレイJr.

全長 131mm
全幅 86mm
全高 48mm

ITEM NO.18035

オフロードバギーラジコンのマンタレイの弟分。
シャーシはゼロシャーシ。
ギヤは4.2:1と5:1が付属。

ホイールは新型を採用。
ボディカラーはシルバー。
エイを意識したデザインが特徴。

後にボディをスモークブラック、ホイールを赤に変更したブラックスペシャルも販売。
2003年にシャーシをVSに変更したキットも発売。

ダッシュ!四駆郎の黒い霧編に、ブラックミストラルのマシンの1つとして
黒いマンタレイが登場している。

レッツ&ゴーでは、豪がセイバーを貰う以前のマシンとして使用。
レッツ&ゴー アニメ版で佐上ジュンも中盤からマンタレイJr.を改造した
ホームランマンタレイを使用する。

プライズとしてマンタレイJr.トリトン。
ミニ四駆PROにマンタレイ Mk.II。
ミニ四駆REVにエアロ マンタレイ (ARシャーシ)という系列マシンがあります。

https://matome.naver.jp/odai/2146270582766476301
2017年07月06日