美しい日本画<小林古径>作品集まとめ

LoveletterfromUK
日本画ってどういうもの?小林古径先生の美しい日本画を集めてみました!

小林 古径(旧字:古徑、こばやし こけい、1883年(明治16年)2月11日 – 1957年(昭和32年)4月3日)は、大正~昭和期の日本画家。
小林古径 – Wikipedia

16歳の1899年(明治32年)に上京して梶田半古に日本画を学ぶ。
小林古径 – Wikipedia

39歳の1922年(大正11年)より前田青邨と共に渡欧留学
小林古径 – Wikipedia

古径は東洋絵画の命である線描の技術を高めた。
小林古径 – Wikipedia

「髪」1931年(昭和6年) 絹本彩色

「髪」は、このような古径の線描の特色をいかんなく発揮した名作である。簡潔に力強く描かれた線と単純な色彩で、髪の毛一本一本や美しく縁取られた顔の輪郭、半裸の女性の体温や皮膚の柔らかい感触まで、繊細に描き出している。
小林古径 – Wikipedia

古径は絵画における写生の重要性を認識しており、庭の植物や庭で飼育した鳥などを写生したという。
小林古径 – Wikipedia

日本画家。新潟県生。名は茂。上京して梶田半古の門に入る。前田青邨・安田靫彦と共に日本美術院の三羽ガラスといわれた。日本画の伝統を踏まえつつ写実と装飾を調和、簡素な表現で洗練された新古典様式を確立した。東美校教授・帝室技芸員・日本美術院同人・芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和32年(1957)歿、74才。
小林古径(こばやし こけい)とは – コトバンク

https://matome.naver.jp/odai/2146167296794318901
2016年04月26日