【あなたの知らない世界】おぞましい事件、西鉄バスジャック事件

kimumuyu-ki

西鉄バスジャック事件

西鉄バスジャック事件とは、2000年(平成12年)5月3日に発生した、当時17歳の少年によるバス乗っ取り(バスジャック)事件。

西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件、さらにインターネット掲示板の2ちゃんねるに犯行予告の書き込みが残されており、その時のハンドルネームからネオむぎ茶事件(ネオ麦茶事件)とも呼ばれる。

当時の書き込み

2000年5月3日午後12時56分頃、福岡・天神行きの西日本鉄道高速バス「W号」が佐賀駅バスセンターから出発した。14時6分に到着予定で乗客は22人であった。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

「天神には行くな。このバスを乗っ取ります」

13時35分頃九州自動車道太宰府インター付近で、運転手の真後ろの席に座っていた17歳の少年が、運転手に刃渡り約40センチの牛刀を突きつけバスを乗っ取った。その後、山口県の山陽自動車道に達するまでに乗客3人を切りつけ、2人が負傷し、68歳女性1人が死亡した。
日本のバスジャック事件において、死者が出た初めての事件となった。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

― 悪夢の15時間 ―

犯人は西鉄天神バスセンターに行かず九州自動車道を走り続けるよう命令した。
カーテンの窓を閉めさせ乗客に荷物を前に集めるように言い、女性客を前に、男性客を後ろにまわした。この時、真ん中の方の座席で少年に気づかず眠り続けている34歳の女性がいた。少年はこの女性に近づき、「あなた、ふて腐れていますねえ」と声をかけ、いきなり牛刀で首筋を刺し怪我をさせる。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

「あなたたちが行くのは、天神ではなく地獄です」

バスは走りつづけ、本州・山口に渡る関門橋が目前に迫った頃、少年は乗客に向かってトイレに行くことを許可し「逃げたりしたら、残っている乗客を全員殺します」と脅したうえで1人ずつ降ろした。一人目の女性が降り、女性は高速道路沿いにある非常電話から、バスが乗っ取られたことを道路公団に通報し、道路公団はすぐさま福岡県警に通報した。
15時45分、少年は自分で110番しており、人質がいることを伝え、山口県警に「拳銃を用意してください」という要求もしている。
この頃、少年は1人で乗っていた6歳の少女を近くに座らせ、盾にし始めるようになっていた。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

バスは中国自動車道に入り、山口県警によって警察車両がバスを追尾していた。走行中のバスから高速道路に飛び降りて負傷している乗客を警察が発見し、乗客1名を救出。この乗客の証言により警察はバスで負傷者がいることを把握した。下松サービスエリア付近では警察車両に行く手を阻まれ減速したバスから身を乗り出した乗客1人が、警察に救出された。

この頃にはマスコミ各社も事件の報道を開始しており、上空には報道機関のヘリ10数機がバスを追い始めた。すでに3人に逃げられた少年はその報復として「次はあなたでその次はあなた」と殺人予告までしている。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

警察は山口県での解決を断念して封鎖を解除、バスを広島方向へ走らせた。少年は武田山トンネル付近で男性客全員を解放した後、奥屋パーキングエリアに入り数時間停車した。ここで警察の説得により、少年は差し入れを提供するという条件で負傷した人質3人を解放したが、うち一人はすでに失血死していた。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

バスは再び動き出して隣の小谷サービスエリアまで行き、ここで広島県警は食料や簡易トイレ、毛布などを乗客に差し入れた。両親や医師も説得の為に到着したが、犯人は応じなかった。
小谷サービスエリア近くでは、福岡県警と大阪府警の特殊部隊(SAT)によって、突入のための訓練や図上演習が施されていた。日付が変わり、まくらと食料が差し入れられた。少年は女性客におにぎりやウーロン茶を配らせた。

事件発生から15時間半後の4日5時すぎ、警察官による説得中に、少年が少女と離れた瞬間を狙って閃光手投げ弾を窓に投げ入れ、少年を取り押さえた。この様子はテレビで生中継された。
西鉄バスジャック事件 | 本当にあった恐ろしい事件

西鉄バスジャック事件の時みたいに大阪らへんから赤外線カメラを装備したヘリで撮影して下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=CDT1mWzt-oc
西鉄バスジャック事件とは、2000年(平成12年)5月3日に発生したバス乗っ取り(バスジャック)事件である。西鉄高速バス乗っ取り事件や佐賀バスジャック事件、犯行予告が行われた掲示板2ちゃんねるに残された犯行予告のハンドルネームからネオむぎ茶事件(ネオ麦茶事件)ともいわれている。

-少年の人物像-

刃渡り32センチの牛刀を持って乗っ取ったのは、17歳の少年だった。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

小学生の頃から、学校で友人に馴染めなかった孝一は、中学に進むといじめを受けるようになる。だが、家庭では、「この家の跡取りは僕なんだ」と言って、両親に罵詈雑言を吐き、物を投げつけるなどの暴力を振るった。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

高校の受験日が近づいた平成10年2月。校舎の外階段の高さ5メートルほどの踊り場から地面に飛び降りる度胸試しをすることを、孝一は級友に迫られる。3人の級友は次々に着地をしてガッツポーズを決めた。順番が来て、腰が引けた孝一だが、「意気地なし」の声に煽られて飛び降りる。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

だが、うまく着地できず、尻と腰を地面に叩きつけることになった。救急車で佐賀市内の整形外科病院に搬送され、第一頸椎を圧迫骨折していると診断された。骨折の位置が2ミリずれていたら、半身不随になっていた。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

高校に進学するも退学…ネットにハマる

平成11年5月、少年は正式に高校を退学した。

同年8月パソコンを買い与えられると、少年はインターネット上の匿名掲示板
『2ちゃんねる』への書き込みに熱中する。

ハンドルネームはキャットキラー。
「馬鹿猫引っ込め!!」「豚野郎!!」などの攻撃的な書き込みで、他の掲示板住人とバトルを繰り広げた。

平成12年2月29日午後10時頃、少年は『2ちゃんねる』にこう書き込んだ。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

「僕からの提案。レス1000番ゲットした奴を、ここの勝者にしない? まあ、1000番ゲットはどうせ僕だろうけどね」
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

孝一は、翌午前6時頃まで、キャットキラーというハンドルネームだけを、999番まで書き込み続けた。

「ん、いただき!!!」

だが、書き込みで1000番を取ったのは、他の人だった。

「貴様あああああああああ!! 何者だ!! でてこいこらあ!!」

そんな罵声を、孝一は書き込んだ。それから4時間後、孝一はこう書く。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

1000番ゲット出来なかった今、男らしく身を引こう」

そしてハンドルネームを「ネオむぎ茶」と変えることを告げた。
今振り返る、17歳少年による「西鉄バスジャック事件」の全貌とは? – エキサイトニュース

さらに「ネオむぎ茶」というスレッドを立てて書き込みを募るが、匿名ユーザーたちからの反応は「氏ね、と言われたいんですか?」などとそっけないものであった。
西鉄バスジャック事件 – Wikipedia

このスレッドに犯人は友人からの書き込みという名目で
「彼は精神病院に入院しました」
と書き込むが、犯人は普段から友人がいないとこぼしていたためこれが本人の書き込みであるとうわさされる。

だが前述のとおり実際犯人はバスジャック犯行前のある時期に精神科病院に入院していた時期があり、犯行時は仮退院中という扱いであった。
仮退院の翌日、犯人は近くのホームセンターで包丁を購入、再び「ネオむぎ茶」のハンドルネームを使い、2ちゃんねるにスレッドを立て、
「ヒヒヒヒヒ」
とだけ書き込みをのこす。
これが事実上の犯罪予告とみなされ、2ちゃんねるに対するマスコミの批判的な報道がなされた。
西鉄バスジャック事件 – Wikipedia

事件を起こす前の2ちゃんねるでのネオむぎ茶がくわしくわかるもの

・2chでの「ネオむぎ茶」(キャットキラー)の足跡

https://matome.naver.jp/odai/2146098119899447601
2020年04月10日