4月に入って頻発?世界中で毎月のように大地震が起きている

curator
2016年に入って、毎月のように世界のどこかで大きな地震が発生しています。特に、4月に入ってから頻発しているようです。|インド、アラスカ、台湾南部、インドネシアのスマトラ島沖、バヌアツ沖、バヌアツの法則、アフガニスタン、パキスタン、ミャンマー、熊本、エクアドル

■2016年1月4日 インドでM6.7

インド北東部マニプール州で4日日本時間午前8時6分(現地時間午前4時36分)ごろ、マグニチュード(M)6.7の地震が発生した。
インド北東部でM6.7の巨大地震 8人死亡 100人負傷 | ハザードラボ

地元紙によると、インパールでは多くの民家や建物の壁が倒壊したことで、少なくとも8人が死亡、100人ほどが負傷したという。
インド北東部でM6.7の巨大地震 8人死亡 100人負傷 | ハザードラボ

■1月24日 アラスカでM7.1

アラスカ州で24日1時30分(モスクワ時間で13時30分)に、マグニチュード7.1の地震があり、その後、10回以上の余震が発生した。
アラスカ州でM7.1の地震 余震10回以上

震源が比較的深かったため、津波の心配はない。一方で、震源地付近の町や居住区では、揺れが感じられたという。
アラスカ州でM7.1の地震 余震10回以上

■2月6日 台湾南部でM6.6

台湾南部で大地震、台南市では7つのビルが崩壊などの被害
台湾
台湾

2月6日未明、台湾南部の高雄市を震源とするマグニチュード6.4の大地震が発生した。
台湾南部で大地震、台南市では7つのビルが崩壊などの被害【UPDATE】

市内では少なくとも7つのビルが崩壊したり傾いたりするなどの被害を受けた。台南市で最も被害が大きいとされる16階建てのビルは、土台部分と建物が離れて横倒しの状態に。
台湾南部で大地震、台南市では7つのビルが崩壊などの被害【UPDATE】

■3月2日 インドネシア沖でM7.8

インドネシアのスマトラ島沖でM7.8の地震
住民らパニック状態(2016年3月3日)

インドネシアのスマトラ(Sumatra)島沖で2日夜、マグニチュード(M)7.8の地震があった。同地域は過去に度重なる地震や津波に襲われており、地元住民らはパニックになって次々と屋外に避難した。
インドネシアのスマトラ島沖でM7.8の地震 住民らパニック状態 – ライブドアニュース

ムンタワイ諸島はたびたび地震に見舞われており、2010年には地震による津波で数百人が死亡。また、スマトラ島沖で2004年に起きた大地震に伴う津波では、同国だけで17万人余りの犠牲者が出た。
インドネシアのスマトラ島沖でM7.8の地震 住民らパニック状態 – ライブドアニュース

■4月3日 バヌアツ沖でM6.9

4月6日・7日・14日・15日にも発生

バヌアツ沖でM6・9 一時、津波警報も
バヌアツ
バヌアツ

南太平洋の島国バヌアツ沖で3日午後7時23分(日本時間午後5時23分)ごろ、マグニチュード(M)6・9の地震があった。
バヌアツ沖でM6・9 一時、津波警報も – 産経ニュース

バヌアツ周辺は、インド・オーストラリアプレートと、太平洋プレート同士が接近する収束型境界にあるため、地震活動が活発に観測される
南太平洋のバヌアツでM6.7の地震再び 2つのプレートの境界付近 | ハザードラボ

日本時間15日午前6時50分ごろ、南太平洋のバヌアツ共和国の沖合で、マグニチュード(M)6.4の地震が発生したと、米地質調査所(USGS)が発表した。

この海域では、今月に入ってからM6クラスの地震が頻発している。
南太平洋バヌアツでも再びM6.4 津波のおそれなし 今月に入ってから頻発 | ハザードラボ

バヌアツで地震が起きると日本でも?「バヌアツの法則」とは

バヌアツ沖で規模の起きな地震が発生すると、それと連動するように、その数日後に日本でも大きな地震が発生すると言われている。この奇妙な連動を「バヌアツの法則」と呼ぶ。

■4月10日 アフガニスタンでM6.6

アフガニスタン北東部で10日午後2時58分(日本時間同7時28分)ごろ、マグニチュード(M)6.6の強い地震があった。震源の深さは210キロ。隣国パキスタンの当局者は同国でこれまでに少なくとも6人が死亡したと明らかにした。
アフガニスタン北東部でM6.6の地震、パキスタンで6人死亡 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

南アジアでは昨年10月、アフガニスタン北部を震源とするマグニチュード(M)7.5の地震が発生。同国と隣国パキスタンで倒壊した建物の下敷きになるなどして400人近くが死亡している。
アフガニスタン北東部でM6.6の地震、パキスタンで6人死亡 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

■4月13日 ミャンマーでM6.9

ミャンマーでM6.9の地震=インドでも揺れ、大規模停電
ミャンマー
ミャンマー

ミャンマー北西部ザガイン地方で13日午後8時25分(日本時間同10時55分)ごろ、マグニチュード(M)6.9の地震が発生した。これまでのところ被害が出たとの情報はない。
ミャンマーでM6.9の地震=インドでも揺れ、大規模停電:時事ドットコム

震源地に近いインドのアッサム州など北東部では、大規模な停電が発生。携帯電話回線など通信にも障害が出た。
ミャンマーでM6.9の地震=インドでも揺れ、大規模停電:時事ドットコム

■4月14日 熊本でM6.5

4月16日にはM7.3

2016年(平成28年)4月14日21時26分(JST)頃に、熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード6.5(暫定値)、最大震度7の地震が発生した。さらに、その28時間後の4月16日1時25分頃には、同じく熊本県熊本地方を震源とする、マグニチュード7.3(暫定値)、最大震度6強の地震が発生した
熊本地震 (2016年) – Wikipedia

熊本城は14日の地震で、天守閣のしゃちほこを含む屋根瓦の落下が相次いだ。
阿蘇神社(阿蘇市)は16日に楼門と拝殿が倒壊した。豪快な放水で有名な石造りアーチ橋の通潤橋(山都町)は、14日の地震で入った亀裂が16日、さらに広がった。

■4月17日 エクアドルでM7.8

南米エクアドルでグリニッジ標準時(GMT)16日午後11時58分(日本時間17日午前8時58分)、マグニチュード(M)7.8の強い地震があった。
南米エクアドルでM7.8の地震、41人死亡 非常事態を宣言 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

ホルヘ・グラス(Jorge Glas)副大統領は、この地震でこれまでに41人が死亡したと明らかにするとともに、その数がさらに上昇する可能性を示唆した。また、甚大な被害を受けた6州で非常事態が宣言されたと述べた。
南米エクアドルでM7.8の地震、41人死亡 非常事態を宣言 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

■リンク

地球上で発生した主な地震の記録である。

日本で発生した主な地震の記録を年表形式で記載する。

■ニュース

見過ごせない動きだが、関連はあるのか。琉球大名誉教授の木村政昭氏(地震学)はこう言う。

気象庁によると、南太平洋のバヌアツで現地時間29日午前2時33分(日本時間同日午前4時33分)ごろ、マグニチュード(M)7・3(推定)の地震が発生した。この地震による日本への津波の心配はない。一方、震源の近くでは津波発生の可能性があるという。

https://matome.naver.jp/odai/2146087986526243001
2018年08月22日