スターウォーズの影響大! 途中で路線変更もアリ! 70年代特撮TVまとめ 1978年編

beat_seven
怒涛のヒーロー・ラッシュ!の1970年代。特撮TV番組をスタートした年度ごとにまとめました(主題歌、挿入歌、エンディングも)。尚、人名は当時の表記に従いました。

「透明ドリちゃん」

原作:石森章太郎
製作会社:東映
放送キー局:NET(現・テレビ朝日)
放送期間:S53年1月7日〜同7月1日
放送時間:毎土曜PM7時30分〜8時
主なキャスト:柿崎澄子、安藤聖一

主題歌:『透明ドリちゃん』
作詞:石森章太郎 作曲・編曲:渡辺宙明
歌:大杉久美子、ザ・チャープス

エンディング曲:『夢の国の王女さま』
作詞:八手三郎 作曲・編曲:渡辺宙明
歌:大杉久美子、ザ・チャープス)

妖精でもある「ミドリ」が人間の世界で不思議な妖精の特殊能力を使い、色んな出来事に立ち向かい解決しながらも子供達に夢を与え続けて行く物語なのでありました…。
透明ドリちゃん

8%で始まった視聴率も終盤には12%を記録するほどの人気を得て、予定通りの放送期間を全うした。ヒーロー作品からファンタジー作品への転換であったが、小学生を主人公としたことで視聴者層を男女問わずアピールすることができたとされる。
透明ドリちゃん – Wikipedia

「スターウルフ」(1〜13話)

「宇宙の勇者スターウルフ」(14〜終話)

原作:エドモンド・ハミルトン
製作会社:円谷プロ
放送キー局:日本テレビ
放送期間:S53年4月3日〜同9月25日
放送時間:毎日曜PM7時〜7時30分
主なキャスト:東竜也、宍戸錠

主題歌:「青春の旅立ち」
作詞:林春生 作曲:森田公一 編曲:前田憲男
歌:ヒデ夕樹

エンディングテーマ – 「さすらいのスターウルフ」
作詞:林春生 作曲:森田公一 編曲:前田憲男
歌:ヒデ夕樹

円谷プロ創立15周年を記念して製作された本作品は、映画『未知との遭遇』や『スター・ウォーズ』のヒットをはじめとするSF映画ブームを反映して企画された。
スターウルフ – Wikipedia

監修に宇宙ロケット工学の糸川英夫を迎え、対象年齢を高めに設定、1クールごと完結の連続ドラマの体裁をとり、映像表現やストーリー展開に数々の新機軸を盛り込むというそれまで日本になかったタイプの本格SFドラマとしてスタートした。
スターウルフ – Wikipedia

第14話より『宇宙の勇者 スターウルフ』に改題し、コメディーリリーフとしてロボット(コンパチ)を登場させたり、18話以降は一話完結のわかりやすいストーリーにするなど、対象年齢を下げた路線変更を行ったものの奏功せず、当初の予定(4クール)を大幅に下回る全24話で終了した。
スターウルフ – Wikipedia

「UFO大戦争 戦え!レッドタイガー」

製作会社:創映舎
放送キー局:東京12ch(現・テレビ東京)
放送期間:S53年4月8日〜同12月28日
放送時間:毎土曜PM6時〜6時30分(1〜13)毎火曜PM6時〜6時30分(14〜25)木曜PM7時30分〜8時(26〜終)

主題歌:「戦え! レッドタイガー」
作詞:大野幸太郎 作・編曲:植原路雄
歌:ささきいさお、コロムビアゆりかご会

挿入歌:「母をもとめて」
作詞:保富康午 作・編曲:菊池俊輔
歌:ささきいさお

エンディング曲:「出撃! レッドタイガーの詩」
作詞:保富康午 作・編曲:菊池俊輔
歌:ささきいさお、コロムビアゆりかご会

後楽園ゆうえんち野外劇場用のオリジナルヒーローで、アトラクション先行で製作されたヒーロー番組。
UFO大戦争 戦え! レッドタイガー – Wikipedia

この作品の主人公であるレッドタイガーは、素顔が全編通じて画面に出てこず、その正体が劇中で明かされる迄は謎多きヒーローであった。
UFO大戦争 戦え! レッドタイガー – Wikipedia

大部分の脚本を長坂秀佳が手がけており、長坂の代表作である『快傑ズバット』や『特捜最前線』などで多用された父と子の親子愛や奇抜なアイデアセンスが多様にストーリーに盛り込まれた。
UFO大戦争 戦え! レッドタイガー – Wikipedia

レッドタイガーは、通常は、白い姿のヒーローなんですが、怒りが頂点に達すると、「レッド変身スパーク!」の掛け声と共に赤い姿に変わり(スーツの赤と白が逆転)パワーアップするんです。
【レッドタイガー】遊園地のアトラクションから生まれた異色のヒーローが活躍する

さらに、赤い状態から白いレッドタイガーを分身させて、ダブルパワーで戦う事もできるみたいです。
【レッドタイガー】遊園地のアトラクションから生まれた異色のヒーローが活躍する

「スパイダーマン」

原作:八手三郎+MCG
製作会社:東映
放送キー局:東京12ch(現・テレビ東京)
放送期間:S53年5月17日〜S54年3月14日
放送時間:毎水曜PM7時30分〜8時
主なキャスト:香山浩介

主題歌:「駆けろ!スパイダーマン」
作詞:八手三郎  作曲:渡辺宙明
歌 – ヒデ夕樹

エンディング曲:「誓いのバラード」
作詞:八手三郎 作曲:渡辺宙明
歌 – ヒデ夕樹

東映とマーベル・コミックの「5年間にわたり、お互いのキャラクターを自由に使用してよい」という契約により生まれたのが、本作である。それにしたがってスパイダーマンのキャラクターを使用しているが、設定や物語は東映が独自で創作している。
スパイダーマン (東映) – Wikipedia

当時の日本人の間でアメリカン・コミックスの馴染みが薄かったことを考慮し、視聴者に強烈なインパクトを与えるべく「等身大ヒーローが巨大ロボの操縦もする」という要素を投入した。
スパイダーマン (東映) – Wikipedia

スパイダーマンが単身で戦うだけでなく、巨大ロボット・レオパルドンに乗り込んで戦うという設定をはじめ、悪役側の組織構成やブレスレットの操作による変身描写など、多くの要素は後年の「スーパー戦隊シリーズ」に引き継がれていった
スパイダーマン (東映) – Wikipedia

日本側スタッフの発案によって生まれたレオパルドンは超合金をはじめとしたトイフィギュアとして商品展開が行われ、子供向け特撮作品の玩具としては当時史上空前と言われる大ヒット商品となり、番組の商業的な成功をほぼ一手に引き受ける格好にまでなった。
スパイダーマン (東映) – Wikipedia

「コメットさん」

製作会社:国際放映
放送キー局:TBS
放送期間:S53年6月12日〜S54年9月24日
放送時間:毎月曜PM7時30分〜8時
主なキャスト:大場久美子

※1967年7月3日〜1968年12月30日に放送された九重佑三子主演「コメットさん」(TBS)のリメイク。

主題歌:「キラキラ星あげる」
作詞:伊藤アキラ 作曲:平尾昌晃 編曲:萩田光雄
歌:大場久美子

挿入歌:「愛をみつけて」
作詞:伊藤アキラ 作曲:平尾昌晃 編曲:萩田光雄
歌:大場久美子

宇宙のかなたからやってきたヒロイン・コメットが地球に降り立って、「地球での困りごとを魔法を使って解決していこう」というコンセプト。
コメットさん – Wikipedia

コメットは卒業試験として、「美しいもの」を探すために地球を訪れ、魔法を使いながら「人と人との心の触れ合い」を求めていく 。
コメットさん – Wikipedia

コメットの視点(恋愛ドラマ)が多いことが特徴(若くてハンサムなゲスト俳優が多い)。
コメットさん – Wikipedia

ウルトラセブン、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオがゲスト出演したこともあった。
コメットさん – Wikipedia

「恐竜戦隊コセイドン」(1〜39話)

「恐竜戦隊コセイドン 戦え!人間大砲 コセイダー」(40〜終話)

製作会社:円谷プロ
放送キー局:東京12ch(現・テレビ東京)
放送期間:S53年7月7日〜S54年6月29日
放送時間:毎金曜PM7時30分〜8時
主なキャスト:大西徹也

主題歌:「恐竜戦隊コセイドン」
作詞:谷のぼる 作曲・編曲:宮内國郎
歌:水木一郎、ひばり児童合唱団

エンディング曲:「コセイドン隊マーチ」
作詞:谷のぼる 作曲・編曲:宮内國郎
歌:水木一郎、ひばり児童合唱団

「円谷恐竜三部作」などと呼ばれるテレビ番組3作品の1つで、第3作目にあたる。前2作(『恐竜探険隊ボーンフリー』・『恐竜大戦争アイゼンボーグ』)
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

本作は主人公たちが恐竜時代へタイムトラベルして活躍するものになっており、シリーズのほぼ全編にわたり白亜紀が舞台である。
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

タイムパラドックスや植物系の異星人など放映当時のSFブームを反映した面が多く、ビジュアル面にはそのブームを巻き起こした米映画『スター・ウォーズ』の影響も見られる。
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

第1クールは、いわゆる毎回の怪獣・怪人も登場しない、特撮ヒーロー番組としては比較的珍しい完全な連続ドラマとして構成されており、本作品の際立った特徴となっている。
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

第2クールからはゴドメス側が“恐獣”と呼ばれる侵略の尖兵を投入することで1話完結のオーソドックスなスタイルに変化。
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

さらに28話でゴドメスが倒された後はレギュラー敵は登場せず、毎回異なるシチュエーションの事件に立ち向かうコセイドン隊の活躍が描かれるようになった。
恐竜戦隊コセイドン – Wikipedia

「宇宙からのメッセージ・銀河大戦」

原作:石森章太郎
製作会社:東映
放送キー局:テレビ朝日
放送期間:S53年7月8日〜S54年1月27日
放送時間:毎土曜PM7時30分〜8時
主なキャスト:真田広之、織田あきら

主題歌:『勇者よ 銀河を渡れ』
作詞:石森章太郎 作曲・編曲:菊池俊輔
歌:ささきいさお、コロムビア男声合唱団

エンディング曲:『愛は星空の彼方に』
作曲・編曲:森岡賢一郎
朗読:小池朝雄

映画『宇宙からのメッセージ』の映像や造形物の流用を前提に、忍者物・東洋的イメージの要素を盛り込んで企画・制作された。
宇宙からのメッセージ・銀河大戦 – Wikipedia

東映京都テレビプロダクションが実制作を手がけ、伊上勝の脚本もシリーズ構成を重視していたことから、『仮面の忍者 赤影』や『隠密剣士』を彷彿させる、連続活劇ドラマが本作の特徴でもあった。
宇宙からのメッセージ・銀河大戦 – Wikipedia

時代劇を意識した剣劇とJACによるアクションの組み合わせは、その後の東映特撮ヒーローのアクションに影響を与えているとされる。
宇宙からのメッセージ・銀河大戦 – Wikipedia

「西遊記」

製作会社:国際放映
放送キー局:日本テレビ
放送期間:S53年10月1日〜S54年4月1日
放送時間:毎日曜PM8時〜8時56分
主なキャスト:堺正章、夏目雅子、岸部シロー、西田敏行

主題歌:「Monkey Magic」
作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
歌・演奏:ゴダイゴ

挿入歌:「今では遅すぎる」
作詞:伊藤アキラ 作曲:ミッキー吉野 編曲:ミッキー吉野
歌:堺正章

挿入歌:「この道の果てまでも」
作詞:伊藤アキラ 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
歌:堺正章

挿入歌:「THANK YOU, BABY」
歌・演奏:ゴダイゴ
作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野

エンディング曲:「ガンダーラ」
作詞:奈良橋陽子 作曲:タケカワユキヒデ 編曲:ミッキー吉野
歌・演奏:ゴダイゴ

石から生まれた猿・孫悟空の生い立ちから始まる。天界から追放されて500年後、三蔵法師、沙悟浄、猪八戒との出会いを経て天竺への取経の旅をするという冒険活劇。
西遊記シリーズ – Wikipedia

旅中に遭遇するさまざまな厄難とそれに伴う三蔵一行の絆や成長を描く1時間の連続特撮ドラマ。
西遊記シリーズ – Wikipedia

放送枠は、NHK大河ドラマと同じ日曜夜8時であり、ひけをとらないようにと当時の金額で10億円の予算が投じられた。
【西遊記】何度もドラマ化されてるけど、やっぱり堺正章版が最高だと思うんだよね

日本テレビ開局25年記念番組として企画・制作。1978年は日中平和友好条約が調印された年であり、当時としては画期的な中国ロケが中華人民共和国中央広播事業局の協力のもと行われた。
かつて堺正章が主演したドラマ『西遊記』『西遊記Ⅱ』をご紹介!!|MARBLE [マーブル]

ドラマの平均視聴率は、19.5%、最高視聴率は最終回の27.4%。当時から国民的人気を誇っていたNHK大河ドラマの裏で放送されていたにも関わらず、この数値は、当時としては異例の大ヒットだったようです。
【西遊記】何度もドラマ化されてるけど、やっぱり堺正章版が最高だと思うんだよね

「ふしぎ犬トントン」

原案:高橋二三
製作会社:国際放映
放送キー局:フジテレビ
放送期間:S53年10月30日〜S54年4月23日
放送時間:毎月曜PM7時〜7時30分
主なキャスト:トントン(声)滝雅也、坂上忍

主題歌:「へんてこりんロック」
作詞:保富康午、作曲:はしだのりひこ、編曲:石田かつのり
歌:はしだのりひこ

エンディング曲:「星がみつめてる」
作詞:保富康午、作曲:はしだのりひこ、編曲:石田かつのり
歌:はしだのりひこ

カギっ子の少年とぬいぐるみに変身する犬型宇宙人との交流を描いた児童向けドラマ
ふしぎ犬トントン – Wikipedia

最近よくバラエティーに出ていて、“極度の潔癖症”がイメージ強くなっちゃった坂上忍さんが、小学生で主役をしている貴重なドラマでもありますよ~!!!
ふしぎ犬トントン│イヌ好きによる、懐かしの犬イヌ作品あれこれ。

ちなみに、この年のアニメは・・・

闘将ダイモス、SF西遊記スタージンガー、未来少年コナン、一球さん、まんがはじめて物語、野球狂の詩、無敵鋼人ダンターン3、宇宙魔人ダイケンゴー、銀河鉄道999、科学忍者隊ガッチャマンII、宝島、宇宙戦艦ヤマト2、新エースをねらえ!、キャプテンフューチャー、赤毛のアン、ゼンダマン、花の子ルンルン(劇場用作品)さらば宇宙戦艦ヤマ
ト愛の戦士たち、ルパン三世。

https://matome.naver.jp/odai/2146068539965884301
2016年06月11日