<石川県>心霊スポットまとめ

Jehovah
石川県にある心霊スポットをランキング形式でまとめたものです。

心霊スポット恐怖ランキング

★☆☆☆☆……初級者向けライト恐怖スポット

★★☆☆☆……初級〜中級者向けの恐怖スポット

★★★☆☆……ちょっと怖い中級者向け恐怖スポット

★★★★☆……恐ろしい中級〜上級者向け恐怖スポット

★★★★★……行ったら危険で帰って来れる保証が出来ない上級者向け恐怖スポット

★☆☆☆☆

ユートピア加賀の郷

ユートピア加賀の郷(豊星寺)は、石川県加賀市にある仏教系テーマパーク。1987年に総額280億円をかけてオープンした。加賀寺、遊園地、大温泉、観光ホテル、嶋中近代美術館などの施設があり、全長73メートルの巨大ゴールド観音、千手観音が1000体以上も部屋を埋め尽くす三十三間堂などの巨大施設が並んでいた。「ユートピアK」等として紹介されていることもある。
現在は「加賀温泉豊星の湯」として営業され、多くの施設が半廃墟化している。巨大仏像は現在は健在である。
観音温泉ホテルは廃墟化して残っている。
2015年現在、一部施設が残ってはいるものの、廃品回収により再利用されているらしい。

ハニベ巌窟院

ハニベ巌窟院は石川県小松市にある彫塑家のつくった洞窟の寺。洞窟の中にある寺院としては日本最大の仏堂である。
地元出身の彫塑家として活躍していた都賀田勇馬氏が1951年に、戦禍の犠牲者の霊を慰め世界平和を願うため、自作の仏像を祀る場所として建立した。その後、跡を継いだ二代目院主・都賀田伯馬氏が新奇な仏像や彫像を作っていった。
珍スポットとして知られている。

山中水無山展望台

山中水無山展望台(やまなかみずなしやまてんぼうだい)は、かつて石川県江沼郡山中町(現加賀市)にあったレジャー施設である。
1959年に町営山中温泉ロープウェイが開通したと同時に開業した。
山中温泉にある水無山は「水なきをもって水無山と名付く」と伝えられ、山中十二景にも挙げられる。山頂は道の駅山中温泉 ゆけむり健康村の真上に当たり、登山道は険しいが道の駅から景勝天狗岩を経て登り、温泉街山裾の薬師境内に下山もできる。
しかし、レジャーの多様化や1970年代から始まった海外旅行の一般化で温泉客は次第に減少し1980年代にロープウェイが廃業になったのに伴い、このレジャー施設も廃業に追い込まれた。
展望台から至近の位置に1961年4月NHKや北陸放送のラジオ山中放送局(無人中継局)が開局し、その後テレビのUHF中継局ともなっているが地デジ放送山中中継局は加賀市桂谷町に譲ることとなる。

★★☆☆☆

緑水園(山代温泉)

緑水園は石川県加賀市の山代温泉にあった旅館。2001年に廃業。

ホテルマドンナ(ラブホテルM、マ○ンナ)

ホテルM

ホテルマドンナは、石川県加賀市にあるラブホテル跡。「ラブホテルM」「マ○ンナ」等として紹介されていることもある。
ガレージ方式で、客室は二階にある。
向かいにある飲食店も廃墟だという。

銀水閣(和倉温泉)

銀水閣は石川県七尾市の和倉温泉にあった旅館。2011年4月25日閉館。
1896年(明治29年)創業の老舗。過剰投資によって過大な借入金を抱えており、2007年の能登半島地震の風評被害に加え、東日本大震災で予約キャンセルが相次いだことから経営が行き詰まったという。

★★★☆☆

国際モテルH

モテル北陸は、石川県加賀市にあるホテル後。1963年、日本で最初に開業した鉄筋2階建てのモータリストホテル。「国際モテルH」「国際モテル〇陸」「モーテルH」等と表記されていることもある。
13万平米の広大な敷地、500台もの車が収容できる駐車スペースがあった。

★★★★☆

白雲楼ホテル


https://matome.naver.jp/odai/2145978008290546601/2145978573993248303

白雲楼ホテル(はくうんろうホテル)とは、石川県金沢市湯涌温泉にかつて存在した温泉ホテル。1932年桜井兵五郎により開業した豪華なホテルで、かつては東洋一といわれ、GHQが保養施設として接収したり、昭和天皇・皇后が食事をとったことがあるなど栄華を極めていたが1999年倒産した。
2006年5月から7月にかけて解体された。
解体され現存していません

全国心霊スポット特集

https://matome.naver.jp/odai/2145978008290546601
2016年04月05日