慣らし保育…みんなはどうだった?

mamemame918

4月になりいよいよ保育園に。でも思うようにはいかないもの…

ちるむ@chirum1n

2時間の慣らし保育。お迎えに行ったら、保育士さんに抱っこされてぐずってました。最初はオモチャで遊んでたりしたけど、他の子が泣き始めたら、いっしょに泣いちゃったみたい。おんぶされて、ちょっとウトウト寝たけど、布団に降ろされたら泣いちゃって、マグのお水も飲みませんでした〜、と。

岡田 佐知子@017133b3fb86423

大型保育園の一歳児の慣らし保育、朝の部屋がカオス過ぎた‼全員泣いてる(笑)

あやか@ayk0811m0

@MINKO2720 うちも今日から慣らし保育だったー(;´༎ຶД༎ຶ`)
2時間ほぼ泣きっぱなしだったってwww
預けるこっちも悲しくなっちゃうよね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

コツやアドバイスはあるの?

預けるときは「サッ」と。お迎えは「ギュッ」と。
預けるときはそっけなく感じるかもしれませんが、「サッ」と預けるのが鉄則です。親も子どもも、長くいればいるほど離れにくくなるもの。そこは、親が元気に「行ってくるね!」と突き放してあげるのも優しさなのでしょう。

ただし、突き放し方も大切。不安な表情で引き離してはいけません。子どもが泣いていても、とにかく明るく笑顔で送り出してあげてください!

さぁ、お迎え。我慢していたんだから、お迎えのときくらいは思いっきり甘えさせてあげてください。ちゃんとパパ・ママが迎えにきてくれることをしっかりと覚えさせると良いと思います。頑張ったときにご褒美が欲しいのは、大人も子どもも一緒ですから!
日経DUAL

連絡ノートを最大限に活用する!
保育園での様子をすべて子どもから引き出すのは大変です。ましてや喋らない0~1歳の子どもからは情報を得ることができません。保育園の先生に聞くのが一番! とはいえ、朝夕の送り迎えの忙しい時間にずーっと立ち話をするわけにもいかないですよね。そんなときに活躍するのが「連絡ノート」です!

「今日は笑顔で友達と遊んでいましたよ!」――その一文があるだけで、どれ「連絡ノート」は私たち親が見ることができない瞬間を共有してくれる重要なツール。先生には、正直にありのままを書いてほしいと切に願うばかりです!
日経DUAL

帰りの時間に楽しかったことを引き出す!
みなさんは、送り迎えの限られた時間をどのように使っていますか。

わが家では「今日は何をして遊んだのか」「誰と遊んだのか」など、連絡ノートを参考にできるだけ保育園での出来事を聞くようにしています。子どもなりに印象に残ったことを話してくれます。できるだけゆっくり話を聞いてあげるのが良いですね。

0~1歳の子どもでも、「今日は本を読んでもらったんだねぇ」「砂場で遊んだの?」と「連絡ノート」の情報をもとに話しかけてみてください。

2歳でおしゃべりができる娘から「保育園での楽しかったこと」が出てきたら、できるだけ深く掘り下げて聞くようにしています。そうすることで、保育園の楽しいイメージが少しずつ定着してきた気がします。
日経DUAL

嘘はつかない、朝は怒らない
毎朝、自分の支度をしながら子どもの準備をするのって大変ですよね。バッタバタしながら迫ってくる出社時間、そして横では「保育園に行きたくない!」とごねる子ども。苛立ちを覚えるパパ・ママの気持ち、よくわかります。

実は、あまりに泣きじゃくるので「保育園には行かないよー!」と言っておきながら連れて行くことがあったのですが、そのときの保育園についたときの子どもの顔がもう……。大反省です。親の信頼にも関わることです。嘘をつくのだけはおススメしません。

また、「保育園に行きたくない」ときはただでさえ前向きになれないのに、怒られると気持ちはどんどんネガティブに……。すると、さらに手がかかります。一日のスタートは、怒らないほうが賢明です。
日経DUAL

でも大丈夫!!いつかは慣れるもの。

ひと月くらいで楽しく遊べるようになる
慣らし保育の期間、最初は泣く子どもも多く、保護者も大変。これまで保護者と静かに暮らしていたのに、保育園へ行くとなると、慌しく、子どもだって落ち着かないでしょう。
子どもにとっても保護者にとっても最初は不安でいっぱい。子どもがなかなか出かけたがらず、仕事に遅れそうになることがあるかもしれませんが、子どもを責めるのは厳禁。また、慣らし期間中は、とくに時間に余裕を持ってスケジュールを組んでおくことをおすすめします。
子どもによっては、保育園についたら大泣きをすることも。保護者と離れることが悲しくて泣く子どもは少なくありません。大泣きをする子どもを置いていくのはちょっと心配だし、切ないですよね。でも、もたもたせず、子どもを預けたら速やかに保育園を出ましょう。保護者の姿が見えると子どもはいつまでも泣いてしまいます。
Yahoo!ニュース 初めての保育園、こうして慣らし保育を乗り越えよう!

中には、慣らし保育が終わっても、慣れない子どもも少なくありません。
そんなときは、子どもと離れるときに、ハイタッチや握手やハグなどお別れの合図を習慣づけておいては? そうすれば、子どもも「ここからは保育園」という気持ちの切り替えができるようになりますよ。

それでもなかなか泣き止まない…「いつまでも泣いていて大丈夫かしら?」と思うかたもいるでしょう。でも、大丈夫! 子どもは段々慣れてきます。ひと月ほどしたら、新しいお友だちや先生たちと楽しく遊べるようになる子どもがほとんど。心配いりません。

なかなか泣き止まないという場合、子どもの時期もあるかもしれませんね。生後6、7ヵ月だとまだ人見知りをしないので、比較的早い段階でなじむことができます。でも、1歳になってくると子どもによっては激しい人見知りをする場合も。そういう時期から預け始めると、なかなか慣れない…ということもありそうです。子どもを預ける時期も考慮してあげられるとよりスムーズに保育園生活を始められそうです。

保護者にとっては仕事復帰、子どもにとっても新しいお友だちができるチャンスです。早く慣れてくれるといいですよね。
ベネッセ教育情報サイト

https://matome.naver.jp/odai/2145974180045739801
2016年04月05日