ビタミンC誘導体って?ニキビでお悩みの方必見!

channelto35
ニキビの悩みはいろいろあり、悩んでいる方はたくさんいるのではないでしょうか?そんな悩みにビタミンC誘導体です!

ニキビの悩み

こんな悩みで悩んでいませんか…?

□ニキビが治らない
□ニキビ跡が気になる
□生理前にニキビができる
□ニキビ跡の凸凹をどうにかしたい

最近の悩みは思春期過ぎてるはずなのにニキビがすごい勢いで出てくるところ

ここ数ヶ月ずっと肌荒れに悩んでる大人ニキビ消えないし跡残るしホント最悪スキンケア割とちゃんとしてるんだけどなぁ…ブスはお金がかかる…

チョコレート大好きなのにニキビがな…ニキビがぁあああああああああと悩んでる

毎回ニキビで悩んでる はよ治れ

そんな深刻なニキビの悩みにはビタミンC誘導体がいい!!

ビタミンC誘導体はすでにできてしまったニキビだけでなく、
ニキビ跡にも良いです!

ビタミンCの力でコラーゲン生成を内側から促した方がニキビ跡の改善には効果的なのです。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。

ビタミンC誘導体のニキビに対する効果は、

■皮脂の抑制による、ニキビの予防・改善!
■抗炎症作用による、ニキビの鎮静化!
■メラニン色素の生成を抑制による、ニキビ跡の色素沈着の防止
■コラーゲンの生成の促進による、ニキビ跡のクレーターの改善
■ターンオーバーを促し、色素沈着の改善
と、ニキビでお悩みの方にいいこと尽くめなんです♪

でもビタミンCと何が違うの?

ビタミンC誘導体とビタミンCの違いって?

ビタミンC誘導体と、ビタミンCは似ているのですが、
異なります!

ビタミンCはお肌に吸収されにくいところがあるので、それをお肌に浸透しやすい形に改良したものが、ビタミンC誘導体なのです。

○ビタミンC
安定性に欠けてしまう。酸化されやすい。肌のバリア機能によりほとんど吸収されない。

○ビタミンC誘導体
角質層への浸透力がある。吸収後、酵素反応によってビタミンCに変化。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制したり、コラーゲン生成を促進したりしてくれるため、美肌に効果的なのですね。しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、肌に直接塗ってもバリア機能に阻まれて浸透しません。

ビタミンC誘導体はここがすごい!

ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCの機能は損なわず、肌に浸透しやすい形に改良したものです。

美白成分だけでなく、抗酸化成分としても効果が期待できる優秀成分が「ビタミンC誘導体」です。

美白成分としても人気が高いのはもちろん、ニキビの炎症を抑えたり、毛穴の開きやシワなど、肌トラブルを改善してくれるパワーを持っています。エイジングケアにも欠かせない成分です。

ビタミンC誘導体はどんなものに含まれる?

「ビタミンC誘導体」は、クリームよりも水に配合したほうが安定しやすいため、化粧水で使うのがおすすめです。

「ビタミンC誘導体」は朝晩のスキンケアの際に、顔全体に使いましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2145949831584221401
2016年04月01日