<岩手県>心霊 スポットまとめ

Jehovah
岩手県にある心霊スポットをランキング形式でまとめたものです。

心霊スポット恐怖ランキング

★☆☆☆☆……初級者向けライト恐怖スポット

★★☆☆☆……初級〜中級者向けの恐怖スポット

★★★☆☆……ちょっと怖い中級者向け恐怖スポット

★★★★☆……恐ろしい中級〜上級者向け恐怖スポット

★★★★★……行ったら危険で帰って来れる保証が出来ない上級者向け恐怖スポット

★☆☆☆☆

祭畤大橋

祭畤大橋(まつるべおおはし)は、岩手県一関市内に存在する国道342号の橋。磐井川支流の鬼越沢にかかる。
1978年に完成した全長94m、幅9mの鋼製桁橋。2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で崩壊した。耐震設計がなされていたため、あり得ない崩壊と注目され、施工中の手抜き工事や設計ミスも疑われたが、その後の調査で橋脚の地盤そのものが約10mにわたり地すべり性の移動を起こしたため崩壊したものと判明した。崩壊した橋は、2代目となる新橋が完成した後も災害遺構として保存されている。

NTT大尻中継所

岩手県久慈市にあるNTT大尻中継所跡。

和賀川発電所(W水力発電所)

和賀川発電所は、岩手県北上市和賀町にある水力発電所跡。「W水力発電所」等として紹介されていることもある。
発電所本体の他、圧力水路やサージタンクの遺構が残っている。

橋場駅

橋場駅は岩手県岩手郡雫石町にあった橋場線(現在の田沢湖線)の駅。正式に廃止手続きがなされたという記録はなく、現在も休止扱いである。
1922年(大正11年)に橋場軽便線(後の橋場線)の終着駅として開業。1944年(昭和19年)、太平洋戦争の影響により休止、雫石駅から当駅までの区間は不要不急路線として線路や施設を剥がされる。
60年以上放置されているにもかかわらず、駅遺構が現存する。

土畑鉱山

土畑鉱山は、岩手県和賀郡西和賀町にあった鉱山。
1900年に開鉱、1977年に閉山。山肌にシックナーの遺構などが残っている。

浅内駅の給水塔

浅内駅は、岩手県下閉伊郡岩泉町浅内字小森にある、JR東日本岩泉線の駅。
浅内駅には蒸気機関車時代の給水塔が残っている。1956年(昭和31年)10月という銘板がある。
航空写真からも確認できる。

宇津野駅(岩泉線)

宇津野駅は、岩手県下閉伊郡岩泉町にあった国鉄岩泉線の小本線時代に存在した駅。1957年5月16日廃止。浅内へ延伸されるまでは当路線の終着駅であった。

鹿野変電所

鹿野変電所は岩手県八幡平市にあった松尾鉱業鉄道の変電施設。
松尾鉱業鉄道は岩手県岩手郡松尾村(現、八幡平市)の東八幡平駅と、西根町(同)の日本国有鉄道(国鉄、現JR東日本)花輪線の大更駅との間を結んでいた鉄道路線で、松尾鉱業の鉄道部により運営されていた。松尾鉱山の閉山により1972年(昭和47年)に廃止された。

★★☆☆☆

釜石鉱山

釜石鉱山(かまいしこうざん)とは、岩手県釜石市にある鉄鉱石鉱山。鉱業権者は釜石鉱山株式会社。
北上山地の沿岸部に位置しており、明治時代の開坑から現在まで150年余の歴史を持つ。主要の鉄以外に金・銀・銅・鉛・亜鉛なども産出した。
1993年(平成5年)に大規模な鉄鉱石の採掘は終了しているが、その良質な鉄鉱石は研究などの用途で現在も年間100トン程度の採掘がおこなわれている。また、地下350mから湧き出る鉱泉水を利用したミネラル・ウォーターの販売が行われているほか、広大な地下空洞では地質調査、地震計設置などの学術研究支援や空洞を利用したコンサートホールなどの利用がある。

田老第二小学校

田老第二小学校は、岩手県宮古市小山田の廃校。
田老には3つの小学校があったが、田老鉱山に最も近い田老第二小学校は、鉱山閉山後に閉校となった。

北山浜隧道群

北山浜隧道群は岩手県下閉伊郡田野畑村にある隧道群。
北山漁港のある北山浜と矢越崎に位置し、北山トンネル(1979年竣工)を抜けた先の歩道に素掘り隧道などが連なっている。
海沿いの通行困難な箇所にある。

田老鉱山

田老鉱山(たろうこうざん)は日本の元鉱山。硫化鉱を採掘していた銅山である。岩手県宮古市に存在した。「T老鉱山」等として紹介されていることもある。
1919年(大正8年)にラサ島燐鉱(現在のラサ工業)によって開鉱。1930年代に最盛期を迎え、従業員1,800人を数える大規模な鉱山であった。そのため、従業員用の社宅が多数作られてひとつの街を形成していた。資源の枯渇のため鉱山は1971年(昭和46年)に閉山された。
閉山後は明星大学の所有物となり、施設の一部を利用して明星大学田老キャンパスや明星大学田老宇宙線観測所が開設されている。神殿のような大規模な選鉱所や従業員住宅の遺構は現在でも残されている。

新興製作所旧工場

岩手県花巻市にある新興製作所旧工場。新興製作所自体は現役企業であり、新築移転により使われなくなった旧施設である。

久喜トンネル(久慈市)

久喜トンネルは、岩手県久慈市にある廃隧道。昭和48年完成。
周囲のロックシェッドと共に東日本大震災の津波により大きく損傷し、封鎖されている。

橋野高炉跡

橋野高炉跡(はしのこうろあと)は岩手県釜石市橋野町に所在する遺跡。国の史跡に指定されている。
世界遺産暫定リストに記載されている「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産となっている。

★★★☆☆

スナック・グリーンビーチ(角浜の廃墟、炉端焼き与作、ホテル三男坊)

スナック・グリーンビーチは岩手県九戸郡洋野町にあったカラオケスナック。一階は炉端焼き「与作」で、2005年頃まで営業していたらしい。
裏手にはモーテル跡「ホテル三男坊」の廃墟もあるという。

サニーランド蛇の島(サニーランドじゃのしま)は、かつて岩手県盛岡市上堂にあった遊園地である。
北上川に架かる北大橋の上流にある中州「蛇ノ島」に、1967年(昭和42年)に開園した。オープン当初は賑わいを見せたが、わずか3年で閉園した。現在は私有地で、立ち入ることは出来ない。
現在も残されている洋館は、1911年(明治44年)、盛岡市内丸に「日本赤十字社岩手県支部」として建てられたものを、後に移築したものである。サニーランド蛇の島のシンボルマークである「太陽」を象った紋章が遺されている。

松橋隧道(岩泉町)

松橋隧道は岩手県下閉伊郡岩泉町にある隧道。昭和31年竣工。

遠川隧道(県道7号久慈岩泉線旧道)

遠川隧道は岩手県久慈市山根町にある廃隧道。県道7号久慈岩泉線の現・遠川トンネル旧道に位置する。
1933(昭和8)年竣工、延長18m。
1996(平成8)年に現トンネルが開通し旧道化した。

1 2