油断大敵! 心地よい春に気をつけたい肌トラブルとは

niwdcvte
春は心地よい陽気で、とても過ごしやすい季節です。でも油断は禁物!季節の変わり目ということもあり、肌にとっては負担が大きい季節でもあるのです。そこで、春に起こりやすい肌トラブルについてまとめてみたので、スキンケアをする際の参考に覚えておいてくださいね!

肌トラブル①:乾燥

日中の過ごしやすさとは裏腹に、夜は急に冷え込むのも春の特徴。

気温や湿度の低さが影響し、肌の水分・油分を保持する能力も低下してまいます。そのため、気付いた頃には肌に潤いがなくカサつきやすい状態になっていることもあるのです。

春は気温の差が冬に比べて激しいので、肌の油分と水分のバランスが崩れがち。湿度も低いため乾燥によるトラブルが発生しやすいのです。
油断できない!春の乾燥肌徹底対策|乾燥肌化粧品ナビ

春に比べると冬の方が「乾燥の季節」というイメージに要注意!

春とはいえ、冬並みの保湿ケアを行うことをおすすめします。 化粧水でたっぷりとお肌を潤した後は、美容液で栄養を与えてクリームでフタをする。
油断できない!春の乾燥肌徹底対策|乾燥肌化粧品ナビ

冬と変わらず保湿を!

肌トラブル②:シミ

春になると、紫外線が一気に増えます!

肌は急に増える紫外線に対応できる状態ではないため、少ない紫外線量でも大きな負担となるのです。気にせずにいると、シミやシワが増えてしまう可能性もあるので注意しましょう。

心地よい春の穏やかな日差しが、実は紫外線が強いということを知っていますか?乾燥した空気で肌が無防備になっているうえ、肌自体が水分不足の状態に陥っているから この時期の紫外線には十分な注意が必要なのです。
■ 意外!春先の紫外線が恐怖!(1) 20160322 メンズコスメのザス(ZAS) 【公式】 平日15時まで当日発送

紫外線が強い季節を迎える前に対策からの重要!

朝、洗顔後のスキンケアなどの時に、できるだけ早く日焼け止めを塗ることが大切です。なぜならUVカット機能がない窓ガラスやカーテンは紫外線を通してしまうので、たとえ室内でも油断大敵だからです。少なくとも外に出る前には必ず日焼け止めを塗ることを習慣にしましょう!
■ 意外!春先の紫外線が恐怖!(1) 20160322 メンズコスメのザス(ZAS) 【公式】 平日15時まで当日発送

日焼け止めを正しく使う

肌トラブル③:ニキビ・肌荒れ

寒暖差が大きい春は肌もゆらぎがち。
気温の急な変化についていけず、肌は不安定な状態になり、結果として肌荒れを起こしてしまうのです。

また暖かくなるに連れて皮脂の分泌量も増えるため、ニキビもできやすくなります。

春先の暖かい日と寒い日を繰り返しながら季節が進むこの時期は、寒暖差だけではなく空気の乾燥や次第に強くなる紫外線に加え、花粉や生活環境の変化に伴うストレスなどにより、肌が敏感な状態になりやすいと言われています。
浮かれてばかりじゃいられない!敏感に反応しやすい春の「ゆらぎ肌」とは?

ゆらぎ肌に注意

ゆらぎにくい肌をつくるためには、バリア機能を低下させないようにできるだけ肌への刺激を避け、しっかりと保湿することが必要です。また、肌が弱って不安定な状態のときに、美容液や栄養クリームなどの特別なアイテムを使用したケアを行っても効率よく吸収されないですし、返って肌への刺激となる場合があるので、洗顔とスキンケアを丁寧に行い、うるおいを保持して肌を守りましょう。
浮かれてばかりじゃいられない!敏感に反応しやすい春の「ゆらぎ肌」とは?

ゆらぎ肌対策

肌トラブル④:アレルギー症状

花粉が多く飛び交うこともあり、肌はかゆみや炎症を引きおこしやすい状態です。

さらにかゆみが我慢できず、かいてしまうと肌の表面を傷つけてしまい、二次的な肌トラブルにつながったりもするのです。

春先に目の周囲や頬などの露出部位や、首などのこすれたりする部位に、じんましん様の腫れぼったい赤みやヒリヒリ・かゆみが生じます。
皮膚がヒリヒリする花粉の肌トラブル:ノバルティス ファーマ株式会社

普段から外的刺激を受けやすい乾燥肌・敏感肌の人は要注意

外的刺激から肌を守る肌の自己防衛機能、 バリア機能を整えてあげること が大切です。そして、そのバリア機能が崩れないためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが整っていることも必要になります。
皮膚がヒリヒリする花粉の肌トラブル:ノバルティス ファーマ株式会社

血行を促進することで、肌の新陳代謝は活発化します

https://matome.naver.jp/odai/2145888219707543801
2016年03月25日