面食い<おたく>女子必見!【イケメンマンガキャラ】をかき集めてまとめてみました。

ties.mirai
2次元に恋するなんて「オタク」。と揶揄されるような時代でもないのではないでしょうか?マンガのイケメンは本当に色んなタイプがいて、きっとあなたの理想にぴったりなキャラもいると思います。ちなみに私は「セバスチャン」のような礼儀正しくて腹黒い悪魔的な美男子が好みです。

アスラン・ジェイド・カーレンリース

BANANA FISH
切ない人間ドラマを含んだハードボイルドコミックの主人公。ブロンドヘアと緑の目、並外れて美しい容姿が災いして、幼いころは男娼扱いされたり幼児ポルノに使われることに。マフィアのボス ゴルツィネに囲われていたが、そこから抜け出し、ドラッグ「BANANAFISH」をめぐる闘いへ。背が高く、拳銃の腕前も一流。元KGBの軍人だったブランカに英才教育を叩き込まれている。IQも非常に高い。愛称はリンクス(山猫)。不良グループの孤独なカリスマ的リーダー。

アンドレ・グランディエ

ベルサイユのばら
黒髪のほうがアンドレです。平民の生まれで、オスカルのいる貴族のジェルジェ家にオスカルの遊び相手として引き取られる。オスカルの世話係である老婆はアンドレの実の祖母。穏やかで朗らかな優しい性格。常にオスカルを思い、守る「影」の役目を自ら引き受けるが、身分違いのオスカルへの激しい恋慕に身を焦がす。物語の途中で失明する。終盤でオスカルへの思いを遂げるも、フランス革命の戦いに市民側について身を投じたオスカルをかばって命を落とす。

シンドバッド

マギ
シンドリア王国を築いた国王にして、七海連合の長。政治手腕、人心掌握に長け、特に女性の心をつかむのがうまい。また七つの迷宮を攻略し、金属器といわれるジンが宿る武器を複数手に入れた人物。よって戦闘、戦争においても巨大な力を発揮する。半分堕転している。自由で要領がよくしたたか。ふざけた面もあるが、仲間思いで責任感が強い面もある。目的意識も常に強く持つ。酒癖・女癖が悪い。

セバスチャン

黒執事
ファントムハイヴ家の執事で悪魔。容姿端麗、頭脳明晰、お子様な主人シエルを守るための戦闘も完璧に遂行し、普段は使えない使用人たちを統括して、屋敷の管理から家事まで何もかもを一部の隙なくこなす。性格は慇懃無礼という言葉がぴったり。悪魔的に品がよく、頭が切れ、あらゆることを熟知し、身に着けている。猫が大好き。どんな窮地においてもスマートに立ち回る。おかまの死神の一人に熱烈ラブコールを受けている。シエルとは「契約」の間柄で、シエルの魂はいずれ彼が食うことになっている。

高台光正

高台家の人々
一番右。ハーフの黒髪碧眼、端正な顔立ちで長身で、会社のエリート社員。仕事もかなりできる。素直で優しい瑕疵のない性格。兄弟ともども周りの人の考えていることがわかる。同じ会社の冴えない平凡な女子社員の木絵の妄想が好きで、彼女と付き合い始める。

柴田理人

メイちゃんの執事
究極お嬢様学校聖ルチア女学園に突然入学することになったメイにつく執事。礼儀正しく、立ち居振る舞い、剣術、知識、料理、武術、全てが完璧で、メイを守るために命を尽くす。優しいようで、弟の剣人には意地が悪く、器の小ささも見せる。また、腹黒く根性の悪いところもある。敵に対しては容赦ない。ドM執事との記載あり。執事としての階級はめったにいない最高位のSクラス。抑えたような強い怒りから攻撃に転じる怖いところあり。

セルジュ・バトゥール

風と木の詩
左の少年。ジプシーの娼婦と貴族の間の子。とび色の肌をしている。誠実で誇り高く、明るい性格。転入したラコンブラード学院で、右側の少年ジルベールと同室になり、次第に彼を愛するように。ジルベールが不徳に身を捧げるように自虐的に生きているのを必死にやめさせようとする。ピアノの才能がある。また、ラテン語などその他、乗馬などにおいても優秀な成績を取る。ジルベールが亡くなったとき正気を失ったが、再び力を取り戻す。

クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐

エロイカより愛をこめて
「鉄のクラウス」の異名をとるNATOの軍人。非常な堅物で、強面のドイツ人。男色家の美術品泥棒のエロイカを毛嫌いしているが、度々協調しなくてはいけないはめになる。切れ者で、仕事の鬼。部下にも非常に厳しい。睡眠時間はごくわずかで、近所の神父の説教を睡眠導入剤がわりにして、効率的に睡眠を取る。上司からは嫌われていて、有能なのに出世が遅い。

蘇我毛人

日出処の天子
左側の人物。厩戸王子が唯一心を許す、かつ王子が恋慕する人物。善良で誠実、真っ直ぐで真摯な心の持ち主。優しいが、事態の要においては、強く男らしい対処も見せる。王子の不可思議な力を感知するが、本人にその意識は無い。同母妹の刀自古からも恋心を寄せられ、妹の策略で不義の関係を一度結んでしまう。王子を尊敬しているが、その心には答えられず、愛した布都姫が毛人の子を産む。

ロイ・マスタング大佐

鋼の錬金術師
手袋に描いた錬成陣から焔を繰り出し、着火点を定めて爆発も起こせる国家錬金術師であり、軍東方司令部の大佐。国の不条理と非道さから、大総統の地位を目標にし、国の変革を目指そうとしている。女好きで仕事には怠慢に見せながら、目的のためには勤勉に臨んでいる。野心家で自他に厳しいが、仲間を非常に大事にする情に厚い面も持ち合わせる。雨の日は、焔が練成できず、能力が落ちて、「無能」呼ばわりされる。中傷には知らん顔をする強さを持つが、仲間が殺されると激情に駆られ復讐に走ることもあった。二つ名は「焔」。

月城雪兎

カードキャプターさくら
主人公「さくら」の憧れの人。優しくおっとりとした性格で、非常な天然。大食らいなのだが、実は彼は月(ユエ)というクロウカードの守護者の仮の姿であり人間ではないことがその原因。本人に自分が人間ではないという自覚は当初なかった。魔力が薄れると眠くなる。さくら、さくらの兄・桃矢、小狼(シャオラン)から思いを寄せられるが、雪兎が好きなのは桃矢(とうや)。そのせいか桃矢の側にいることが多く、桃矢からもいつも気に掛けられている。いつもふんわりした笑顔を浮かべている。

渋谷一也

ゴーストハント
渋谷サイキックリサーチの若き所長。16歳だが、博士号をもつ優秀な超心理学者。尊大で頭脳明晰。容姿端麗で、自分の顔がいいと言った麻衣に対して「趣味は悪くないな」と言ってのけるナルシスト。そのナルシストっぷりから愛称は「ナル」もしくは「ナルちゃん」。自分の能力に対しても強い自信を持っており、その自信相応に仕事もできる。不遜で冷静な性格。科学的なリサーチの能力だけでなく、超能力的な強力なPKの能力も持っているが、体に負担をかけないようにその力は余程の緊急性が無い限り使わない。

トラファルガー・D・ワーテル・ロー

ワンピース
過去に海軍に海賊たちの心臓を100個差し出して、王下七武海入りした。ハートの海賊団船長。我は強いが、陰のある雰囲気。麦藁のルフィと同盟を結ぶが、やや振り回され気味。かつて子供のころフレバンスで珀鉛病に侵されて、自棄からドンキホーテの一味に加わった。そこで出会ったコラソンが命がけでローに渡した「オペオペの実」で、命をつないだ。自分を守るために死んだコラソンのためにドフラミンゴへの復讐をルフィの協力も得て果たす。手や身体に「death」などのタトゥーあり。「死の外科医」の異名をもつ。意外と情のある一面あり。人格や物体の位置を交換する「シャンブルズ」、内臓を生きたまま抜き取る「メス」などの技を持つ。

速水真澄

ガラスの仮面
大都芸能の若き辣腕社長であり、マヤの女優としての活動を陰から支援する「紫のバラの人」。冷酷な仕事の鬼として知られ、薄情でドライな性格だが、情熱をもって女優として成長していこうとするマヤにだけ心惹かれ、冷たく、時に手厳しくマヤに接するが、それはマヤのことを思う故である。孤独の影が落ちた少年時代を送り、自分の母親の死を招いて、そのことを顧みることもしない、現会長の継父英介の築いた「大都芸能」そして英介の愛する劇「紅天女」を奪おうと考えて英介の望むとおりに後継者としての道を歩んだ。

羽山秋人

こどものおもちゃ
小学生の頃は非常に問題児。頭が良くて成績はかなりいいが、クラスの男児たちを統率して担任いびり。学校でも家庭でも荒んでいたが、次第に主人公の紗南に心を開いて解決していく。クールに見えてマイペースでお茶目(意図していないが)な面もある。空手を習い始めたが、物語の中盤で右腕に大きな怪我を負う。しかし父親の仕事の都合で引っ越しさせられたアメリカで大きな大会で賞をとっている。後日譚の「Deep Clear」では空手の指導者兼鍼灸マッサージ師になっている。紗南とは結婚している。

殺生丸

犬夜叉
犬夜叉の異母兄。弟の犬夜叉に対して、母方が人間の半妖なので、軽蔑している。普段は右肩から優美な毛皮のようなものをかけた美男子の姿をしているが、本来は巨大な犬。偉大な妖怪であった父親を誇りに思っており、その父親から刀を譲り受けた犬夜叉に憎しみを持っている。もともと冷酷で恨みもない自分以外の人間や妖怪を殺すことも厭わなかったが、殺されて倒れていた幼子「りん」を天生牙によって冥界から連れ戻し、その後も面倒を見るなど、後々思いやりや暖かみともいえるものに近い感情も見られるようになる。お供の邪見が失言をするとしばしば睨みつける。

空条 承太郎

ジョジョの奇妙な冒険
タフで冷静で俺様気質。スタンドという自身に付属する分身のような存在を操る。頭が良い上に、意志が強く、賭けにも強い。決め台詞は「やれやれだぜ」「うっせいぞ、このアマ」など。スタンドは「スタープラチナ」。パワーとスピード、精密さに優れたスタンドである。承太郎はスタンドを使って「オラオラ」という叫び声とともに連打で殴りつける攻撃を敵には最終的にくらわせることが多い。もっと若い頃は優等生的性格だったようだが、スタンドという他人を傷つけかねないものを自分がもっていることに葛藤し、現在のオラオラ気質になったらしい。普段は沈着していてクールだが、仲間が傷つけられる、殺されるなどすると熱くなる。

早乙女乱馬

らんま1/2
画像の上の女性も下の男性も同じ人間。早乙女乱馬は無差別格闘早乙女流二代目で、高校二年生。修行をしていた呪泉郷の娘溺泉に落ちたせいで、水をかぶると女になり、お湯をかぶると元の男に戻るというふざけた体質になった。口は悪いが、明るく人のいい性格で、見た目もよいので、女性に思いを寄せられることも多いが、人に好かれすぎるせいか、干渉を受けることも多く揉め事にいつも巻き込まれている。あかねの婚約者だが、お互いに素直になれないでいつも衝突する。運動神経が非常によく、闘いや喧嘩を挑まれると常に好戦的で自信もある。多少ナルシストの気味あり。

少々ずれますが……

野原ひろし

クレヨンしんちゃん
ネット上で中身がイケメンという評判が。優良物件との記載も見かけます。
https://matome.naver.jp/odai/2145810158604684301
2016年04月11日