小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 驚きの報告!

かかちゃんとメル
自身で【適応障害】であると報告した小林悠元アナウンサー

プロフィール


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803370862482103

本名 同じ
愛称 はるかちゃん、はるちゃん、こばちゃん、なりちゃん、ナタリー、大仏ナタリー
出身地 北海道札幌市
国籍 日本  生年月日 1985年9月26日(30歳) 血液型 A型
最終学歴 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程修了
小林悠 (アナウンサー) – Wikipedia

TBSを退社後、いっさいメディアに出るつもりはありませんでした


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803370862482203

「もう静かに暮らせると思っていたのですが、あまりにも事実とかけ離れた報道が溢れています……」
小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 (週刊文春) – Yahoo!ニュース

3月4日にTBSを電撃退社して以来、沈黙を貫いていた元アナウンサーの小林悠氏(30)が、3月16日発売の「週刊文春」で初めてメディアに口を開いた。小林氏がTBS上層部から「NEWS23」キャスターへの出演の打診を受けたのは、今年1月のことだった。
小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 (週刊文春) – Yahoo!ニュース


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803370862482303

「当時の私は、心身ともに臨界点を超えていました。」

「でも、自分が疲弊しているとか、周囲には言えなかった。そういう素振りを見せることも失礼ではないかと思っていました」
小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 (週刊文春) – Yahoo!ニュース


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803370862482403

小林氏の異変に真っ先に気が付き、支えたのはA氏だった。現在A氏は独身であり、「大切な人」だと小林氏は明かす。

「彼のすすめで2月10日に心療内科に行ったところ、『適応障害』と診断されました。そこで初めて自分が病気だと気が付きました」
小林悠TBS元アナが初告白「私は適応障害でした」 (週刊文春) – Yahoo!ニュース

適応障害 その症状

就職や独立、失業、離婚、病気などによって、強いストレスがかかる時期に発生する苦悩状態です。憂うつ気分、不安、焦り、心配など、うつ病と似たような症状が起こりますが、うつ病と診断されるほど重くはありません。
適応障害 | ストレス関連障害 | 心の病気と症状事典


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803370862482503

感情の障害が中心で、青年期では行為障害(繰り返し起こす反社会的、攻撃的、反抗的な行動)が目立ち、小児では夜尿症や指しゃぶりなどがみられます。ストレスがかかり始めてから1ヶ月以内に発症し、6ヶ月以内で症状は治まります。
適応障害 | ストレス関連障害 | 心の病気と症状事典


https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201/2145803565763742903

ぴぽすぺっち@piposupechi

小林悠元アナ 適応障害だった。(σ`・ω・´)σ
小林悠元アナ 適応障害だった。(σ`・ω・´)σ
https://matome.naver.jp/odai/2145803222861059201
2016年03月15日