紅茶好きの皆様へ!あの紅茶の名前の由来とその特徴

keenrabbit
たくさんの種類がある紅茶の茶葉。その名前の由来を調べてみました。紅茶選びにも是非活用して下さい!

紅茶好きですか?

紅茶が無いと1日が始まらない!って人もいますよね。

そんなあなたへ!

紅茶の色々纏めてみました。

アッサム(Assam)

アッサム(アッサム語: অসম, ヒンディー語: आसाम, または असम)とは、インドのアッサム地方(インド北東部)でつくられる紅茶の総称である。
アッサム – Wikipedia

アッサムの紅茶は水色が濃い紅色でこくが強いためミルクティーとして飲まれることが多い。チャイ用として細かく丸まったCTC製法(Crush Tear Curl--つぶして、ひきさいて、丸める)で製茶されたものが多く出回っている。
アッサム – Wikipedia

4~5月に摘まれるファーストフラッシュから11月までの間が生産期です。甘味が強くコクのある味わいと濃い茶褐色の水色、芳醇な香りをもっています。ダージリンと同様、ファーストフラッシュは特徴が弱く、6~7月のセカンドフラッシュがアッサム特有のパンチの効いたコクと濃い水色をもち、最良品とされています。味わいが濃いため、特にミルクティーに向くとされています。
アッサム|お茶の種類|お茶百科

ダージリン(Darjeeling)

ダージリン・ティー (Darjeeling tea) は、インド北東部西ベンガル州北部のダージリン地方で生産される紅茶の総称である。時に「紅茶のシャンパン」とも呼ばれ、セイロンのウバ、中国のキーマンと並び世界の三大紅茶と称される。
ダージリン・ティー – Wikipedia

紅茶の中でも特に香りを重視される紅茶である。香りを楽しむためストレートティーで飲まれることが多い。
ダージリン・ティー – Wikipedia

カップ水色は明るく、やや濃いめのオレンジ色、味はやや渋味が増し、コクもあり、「マスカット・フレーバー」(マスカットぶどうを口に含んだような香り)と呼ばれるさわやかな香りは格別。
ダージリン|お茶の種類|お茶百科

ウバ(Uva)

ウバ(Uva)は、スリランカのウバ州の高地で生産される高級茶であり、ダージリン、キーマンと並び、世界の三大紅茶の一つに数えられる。セイロンティー(スリランカ産の紅茶)において、最も標高の高い地域で栽培されるハイグロウンティーに区分され、中でも、香りと風味がしっかりしたウバ茶はその代表格をなすものである。
ウバ (紅茶) – Wikipedia

その特徴的な香りと渋みを含む強い味わいのために、好みの分かれやすい紅茶である。特にサリチル酸メチル香の強いものは苦手とする人もおり、紅茶の香りの比較を楽しむ人に向いているとも言える。
ウバ (紅茶) – Wikipedia

上級種はストレートティーとして香りを楽しむことが多い。ウバ茶一般としては、ミルクとの相性が良く ミルクティーとして楽しまれることも多い。
ウバ (紅茶) – Wikipedia

キャンディ(Kandy)

キャンディ (Kandy) とは、スリランカのキャンディ地方(スリランカで最初に紅茶が作られた土地である)で作られる紅茶の総称である。
キャンディ (紅茶) – Wikipedia

他のセイロンティーと違ってクセの無い味であるため、ストレートティー、ミルクティー、レモンティー、アイスティーとあらゆる飲み方ができる。また、スパイスなどを入れるアレンジティーや、ブレンドにも向いている。
キャンディ (紅茶) – Wikipedia

祁門紅茶

祁門紅茶(きーむんこうちゃ)は中華人民共和国安徽省祁門県でつくられる紅茶。なお、周辺他県でつくられる紅茶は「安徽紅茶」(あんきこうちゃ)と呼ばれ明確に区分されている。日本では「キーマン」「キームン」「キーモン」などとよばれる。
祁門紅茶 – Wikipedia

「紅茶のブルゴーニュ酒」と称されることもある。インドの「ダージリン」、スリランカの「ウヴァ」とならび世界三大銘茶の1つとされている。
祁門紅茶 – Wikipedia

水色は鮮やかな赤。滋味は穏やかで柔らかくほのかな甘みがある、香味は蘭の花の香りを内蔵するといわれている。 また果物の香りや甘い糖蜜の香りをも漂わせる。
祁門紅茶 – Wikipedia

アールグレイ(Earl Gray)

“Earl Grey” とは「グレイ伯爵」の意であり、1830年代のイギリス首相、第二代グレイ伯チャールズ・グレイに由来する。
アールグレイ – Wikipedia

アールグレイ(英: Earl Grey)とは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種。原料は中国茶のキーマン茶(祁門茶)が使われることが多いが、茶葉のブレンドは特に規定がないため、セイロン茶や、中国茶とセイロン茶のブレンド、稀にダージリンなども用いられる
アールグレイ – Wikipedia

茶の香気成分は冷やすと控え目になるが、人工的に香りを付けた着香茶であるアールグレイはアイスでも香りが比較的分かりやすいため、アイスティーに用いられることも多い。一方でベルガモットの芳香は一般的に温度が高くなるほど引き立つので、アイスティーを念頭に強めの香りをつけたものなどをホットティーにすると、慣れていない人にとっては非常に飲みにくいものとなりやすい。この芳香がミルクと相性が良いため、ミルクティーとしても飲まれる。
アールグレイ – Wikipedia

紅茶ライフを是非満喫して下さい!

https://matome.naver.jp/odai/2145734102672711001
2016年03月07日