気になる人体への影響は?「化学調味料」「うま味調味料」

namahage_usagi
「化学調味料」から「うま味調味料」に変わっていたことや、グルタミン酸ナトリウムについてまとめました。

えっ?「化学調味料」から「うまみ調味料」にかわっていた!?

かつては「化学調味料」と称されていたが、1990年代から「うまみ調味料」と呼びかえられるようになった(後述)。現在は、加工食品において原材料名として、「アミノ酸等」と表記されていることが多い。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

なぜ名前がかわったの?

1980年代、グルメブームにおいて「化学調味料未使用」と謳う店が増える中、現在の日本うま味調味料協会はその負のイメージの転換を図るため「うま味調味料」という語を造り、その使用を提唱した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

うま味調味料ってなに?

うま味調味料(うまみちょうみりょう)とは、うま味を刺激する物質を人工的に精製した調味料である。ナトリウムと結合した結晶のかたちで扱われ、塩や砂糖のように、汁に溶かして使うことが多い。主成分はグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウムなど。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

「うま味」は味覚のひとつ

味覚(みかく)は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚である。生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/味覚

その後昆布に由来する「うま味」の主成分が「グルタミン酸」であることを発見した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

あの調味料が世界初だった!

初めて登場したうま味調味料は、1909年に発売された、グルタミン酸ナトリウムを主成分とする「味の素」である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

体に悪いといわれるのはなぜ?

グルタミン酸ナトリウムは料理にうまみを与えていると同時に、身体に悪影響を及ぼす可能性がある物質なのです。

http://tyoumiryou.sakura.ne.jp/kagaku.html

1968年、アメリカで中華料理店で食事をした人々の一部が頭痛等の広範な症状を発症[1]。これが中華料理店症候群(CRS; Chinese Restaurant Syndrome)と名付けられた[1]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/うま味調味料

中華料理店症候群(ちゅうかりょうりてんしょうこうぐん、チャイニーズ・レストラン・シンドローム、Chinese Restaurant Syndrome(CRS))あるいはグルタミン酸ナトリウム症候群(グルタミンさんナトリウムしょうこうぐん、Monosodium Glutamate Symptom Complex(MSGSC))とは頭痛、顔面紅潮、発汗、顔面や唇の圧迫感などの症状から構成される症候群である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/中華料理店症候群

続く1969年には、マウスおよびラットによる実験で幼体への視床下部などへの悪影響が指摘され、JECFA(国際連合食糧農業機関 (FAO) と世界保健機関 (WHO) の合同食品添加物専門家会議)は1974年に一日摂取許容量 (ADI) を120 mg/kg/day以下と定めた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/グルタミン酸ナトリウム

化学調味料の過剰摂取で味覚障害になる?

味覚障害の原因は様々ですが、亜鉛欠乏によるところが大きいといわれています。
グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)は、亜鉛の吸収を阻害したり過剰に体外へ排泄したりします。

http://www.p-himawari.co.jp/column/?id=114

低体温症になるかも!?

ほとんどの化学薬品は、体を冷やす作用があります。 化学調味料や食品添加物も化学物質が入っているので、同様の作用があります。

http://www.zenshakyo.org/kokorotokarada/feature/feature08.html

https://matome.naver.jp/odai/2145568046782601001
2016年02月20日