メンフィスOP決勝 「錦織圭」の対戦相手「テイラー・フリッツ」は、こんな選手だった!

519gug
メンフィスOP準決勝でSクエリに勝った錦織圭選手、日本時間2月15日午前の決勝戦の相手は、アメリカ18歳の期待の新星「テイラー・フリッツ」選手です! さて、どんな選手でしょうか?

2016年 2月15日(月) ~ 2/21(日) のATPワールドツアー 3大会の、概要・試合日程・ドロー・有力選手のヘッドツーヘッド・試合結果などを更新掲載していきます! お気に入り登録よろしくお願いします!

=======================

=======================

メンフィス・オープン 錦織圭 決勝進出!

男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード)は13日、シングルス準決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)が第4シードのS・クエリー(アメリカ)を3-6, 6-3, 6-3の逆転で下し、4年連続の決勝進出を果たすと同時に、大会史上初の4連覇に王手をかけた。
【速報】錦織 史上初4連覇に王手、第4シードに逆転勝利<男子テニス> (tennis365.net) – Yahoo!ニュース

決勝では、主催者推薦で出場の18歳T・フリッツ(アメリカ)と対戦する。

相手はテイラー・フリッツ選手!

決勝の相手は元ジュニアチャンピオンで、快進撃を続ける18歳のテイラー・フリッツ(アメリカ)。世界ランクは145位で、今大会は主催者推薦での出場ながら、同ランク29位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)を筆頭に、並みいる強敵たちを倒しての勝ち上がりです。
【動画】錦織が逆転勝利で4連覇に王手!決勝の相手は18歳の新鋭フリッツ!

18歳といえば、錦織のATPツアー初優勝も同じ歳。同年には全米オープンで、当時世界ランク4位のダビド・フェレール(スペイン)を破るなど、一躍その名を世界中に轟かせました。

今やトップ10選手として、躍進する10代選手を受け止める立場となった錦織。勢いに乗るフリッツと、史上初の4連覇を狙う錦織の決勝は、どちらが勝利しても世界中のテニスファンの大きなトピックとなります。
【動画】錦織が逆転勝利で4連覇に王手!決勝の相手は18歳の新鋭フリッツ!

テイラー・フリッツ選手・・・どんな選手?

193cmの長身にビッグサーブ。お手本にする選手がジョン・イズナー(アメリカ)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ)というのは納得だ。
母は元トッププロ…テイラー・フリッツが優勝、女子は中国のシュ・シリンが二冠達成 [世界スーパージュニア]|ジュニア|ニュース|THE TENNIS DAILY


2014 スーパージュニアテニス優勝 テイラー・フリッツ 準々決勝 ③

2014 スーパージュニアテニス優勝

今週、大阪・靱テニスセンターで開催されていた「大阪市長杯 2014 世界スーパージュニアテニス選手権大会」(予選10月18~19日、本戦10月20~26日)は最終日、男女のシングルス決勝が行われた。男子は第4シードの16歳テイラー・フリッツ(アメリカ)が第3シードのチュン・ユンソン(韓国)を7-6(2) 6-3で破り、〈グレードA〉で初優勝。女子は第1シードのシュ・シリン(中国)が第3シードのキンバリー・ビレル(オーストラリア)を7-5 6-3で破り、単複2冠を達成した。
母は元トッププロ…テイラー・フリッツが優勝、女子は中国のシュ・シリンが二冠達成 [世界スーパージュニア]|ジュニア|ニュース|THE TENNIS DAILY

母親はトッププロ!

テイラー・フリッツの名は知らなくても、彼の母親の名は聞いたことがあるオールドファンはいるだろう。キャシー・メイ——77年と78年に3度グランドスラムでベスト8に進出した実績のある元ツアープレーヤーだ。

テイラー・フリッツの名は知らなくても、彼の母親の名は聞いたことがあるオールドファンはいるだろう。キャシー・メイ——77年と78年に3度グランドスラムでベスト8に進出した実績のある元ツアープレーヤーだ。

その母親も見守る中、何度もピンチを切り抜け、感激の頂点に立った。193cmの長身にビッグサーブ。お手本にする選手がジョン・イズナー(アメリカ)とミロシュ・ラオニッチ(カナダ)というのは納得だ。

徳田廉大(荏原SSC)、高橋悠介(荏原SSC)、山﨑純平(むさしの村ローンTC)と、日本のトップジュニアをなぎ倒してきたチュンとの決勝戦。勝負の分け目は第1セット第10ゲームだった。ブレークポイントを7回しのいだフリッツが、9回のデュースの末にキープ。タイブレークは序盤から強打に次ぐ強打でリードを広げ、危なげなくものにした。第2セットは第2ゲームをラブゲームでブレーク。そのリードを最後まで守った。

この大会、過去の優勝者の中にはのちのグランドスラム優勝者や準優勝者が何人かいる。男子だけでも、もっとも近いところで05年優勝のマリン・チリッチ(クロアチア)が今年の全米オープンを制し、遡れば、01年の覇者マルコス・バグダティス(キプロス)は06年の全豪オープン準優勝、93年チャンピオンのマルセロ・リオス(チリ)も全豪オープンで98年に決勝進出を果たした。

「過去のチャンピオンの名前を見て、『ワオ』って思った。だから僕もグランドスラム・チャンピオンになれる、とは思わないけど(笑)。でも励みになることは確かだよ」

記者会見にも同席して我が子の様子を撮影する母。愛息はどこまでビッグになるだろうか。

錦織圭選手との過去の対戦はなし

乗らせれば怖いビッグサーバーですが、やはり現状では錦織選手とは

大きな実力差があると言わざるを得ないでしょう。

いずれ世界ランクを上げてくる実力もありそうですが、トップランカーとしても

錦織選手は負けるわけにはいきません。

難敵だったクエリーを下して、前人未到の4連覇に大きく近づいた錦織選手。

ここは格の違いを見せつけてフリッツを下して、久しぶりのツアー優勝

といきたいものです!
メンフィスオープン2016錦織圭決勝フリッツは何者?試合時間&テレビ | 錦織圭ドロー&速報

https://matome.naver.jp/odai/2145542431296956401
2016年02月15日