【自己啓発】誰でも必ず聞いたことがある言葉!!法則・定理違い・こんなんのもある!徹底分析

T1NTA
定理とは定理(ていり、英: theorem)とは、数理論理学および数学において、証明された真なる命題をいう。法則とは!?法則(ほうそく)とは、ある現象とある現象の関係を指す言葉である。
そもそも法則・定理ってなんだ!?
定理とは
定理(ていり、英: theorem)とは、数理論理学および数学において、証明された真なる命題をいう。
文脈によっては公理も定理に含む。また、数学においては論説における役割等から、補題(ほだい、英: lemma)あるいは補助定理(ほじょていり、英: helping theorem)、系(けい、英: corollary)、命題(めいだい、英: proposition)などとも呼ばれることがある。ここでの「命題」と冒頭文に言う命題とは意味が異なることに注意。
一般的に定理は、まずいくつかの条件を列挙し、次にその下で成り立つ結論を述べるという形をしている。
法則とは!?
法則(ほうそく)とは、ある現象とある現象の関係を指す言葉である。
自然現象についてだけでなく、法規上の規則を法則と呼ぶこともある。また文法上の規則(例えば係り結びの法則など)も法則とされる。 法則を大別し、自然現象に焦点が当てられているものが「自然法則」、人間の行動についての規範・規則は「道徳法則」、と分けられることもある。
それで定理と法則の違いって!?
あるものを決める=定義
前提となる命題を決める=公理

としますと、定義や公理から帰結され、真実と証明されたことが定理

ある条件下で、事物間に普遍的または必然的関係がいられるものを法則

というようです。

代表的な定理とは (50音順)

アロンソンの不貞の法則
「古くからの親しい知人に褒められるよりも、新しく馴染みのない人から褒められる方が、人の心に響きやすい」という法則。
一物一価の法則
一物一価の法則(いちぶついっかのほうそく、英語:law of one price)とは、経済学における概念で、「自由な市場経済において同一の市場の同一時点における同一の商品は同一の価格である」が成り立つという経験則。
ヴィルトの法則
ヴィルトの法則(ヴィルトのほうそく、英: Wirth’s law)は、ニクラウス・ヴィルトによる1995年に発表された記事A Plea for Lean Softwareにおける議論に由来する警句で、コンピュータのプログラム(ソフトウェア)とハードウェアの成長(growth)と性能のバランスに関して「ソフトウェアは、ハードウェアが高速化するより急速に低速化する」とするものである。
ナポレオンの定理
ナポレオンの定理(ナポレオンのていり)は、幾何学における定理の1つである。

任意の三角形に対し各辺を1辺とする正三角形を描き、これら3つの正三角形の重心同士を結んだとき、この三角形は正三角形となる。この三角形をナポレオンの三角形という。

3つの正三角形をもとの三角形の外側に描く場合(右の図)と内側に描く場合で2通りの三角形が考えられるが、いずれも正三角形となる。この2つの正三角形の面積の差は、もとの三角形の面積と等しくなる。

ナポレオン三角形の重心は、もとの三角形の重心と一致する。

この定理はナポレオンが発見したといわれているが、それを証明する資料は発見されていない。

発散定理
発散定理(はっさんていり、divergence theorem)は、ベクトル場の発散を、その場によって定義される流れの面積分に結び付けるものである。ガウスの定理とも呼ばれる。1762年にラグランジュによって発見され、その後ガウス(1813年)、グリーン(1825年)、オストログラツキー(1831年)によってそれぞれ独立に再発見された。オストログラツキーはまたこの定理に最初の証明を与えた人物でもある。
ピタゴラスの定理
平面幾何学において直角三角形の斜辺の長さを c、他の2辺の長さを a, b とすると、
a2 + b2 = c2
が成り立つという定理である。
フェルマーの最終定理
フェルマーの最終定理(フェルマーのさいしゅうていり、Fermat’s Last Theorem)とは、3 以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組が存在しない[1]、という定理のことである。フェルマーの大定理とも呼ばれる。
フォーク定理
無限回繰り返しゲームでのナッシュ均衡利得の集合を特徴づける定理. 毎回のゲームの前にプレイヤーが過去のプレイの履歴に関して完全な情報を得る繰り返しゲームでは, プレイヤーの平均均衡利得の集合は, 成分ゲームのミニマックス利得以上の実現可能な協調利得の全体と一致することを示す. 1950 年代にはすでに研究者の間で知られていたが, 近年になるまで公表されなかったためにフォーク (民間伝承) 定理と呼ばれている.
78対22の法則
ユダヤの78:22の法則は人の体、お金、学習、商売に関連がある。
儲かる商売には何か法則があるのではないか?
その一つとして言われているのが「ユダヤ商法」(ユダヤの法則)です。例としては銀行です。銀行は預金者からお金を預り、それを貸し出して利益を生みます。一見借りたい人が多いと儲かる感じですが、実際には預金者が多い、それも預金者78:借金者22が一番うまく行く。

この「78対22の比率」は昔からユダヤ人が法則として利用してきました。だからこそユダヤ人には商売上手が多い。
これについてはマクドナルドの社長であった藤田田さんが「ユダヤの商法」という本を1972年に書いて紹介している。

法則一覧 (50音順)

エネルギー保存の法則
エネルギー保存の法則(エネルギーほぞんのほうそく、英: law of the conservation of energy)とは、「孤立系のエネルギーの総量は変化しない」という物理学における保存則の一つである。しばしばエネルギー保存則とも呼ばれる。
条件反射
条件反射(じょうけんはんしゃ)とは、動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のこと。ソビエト連邦の生理学者イワン・パブロフによって発見され、パブロフの犬の実験で有名になった。
「パブロフの犬」のような唾液分泌の条件付けは、長い間、哺乳類などの高等生物にのみ起こると考えられていたが、条件付けのモデル生物としての意味ではアメフラシなどにも起こる。また、2006年には東北大学の研究によりゴキブリにも起こることがわかった。
素数定理
素数定理(そすうていり、英: Prime number theorem、独: Primzahlsatz)とは自然数の中に素数がどのくらいの「割合」で含まれているかを述べる定理である。整数論において素数が自然数の中にどのように分布しているのかという問題は基本的な関心事である。しかし、分布を数学的に証明することは極めて難しく、解明されていない部分が多い。この定理はその問題について重要な情報を与える。
ハインリッヒの法則
ハインリッヒの法則(ハインリッヒのほうそく、Heinrich’s law)は、労働災害における経験則の一つである。1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するというもの。「ハインリッヒの災害トライアングル定理」または「傷害四角錐」とも呼ばれる。
マーフィーの法則
マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、英: Murphy’s law)とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、中には重要な教訓を含むものもある。
ムーアの法則
ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore’s law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。
力学的エネルギー保存の法則
力学的エネルギー(りきがくてきエネルギー、Mechanical energy)とは、運動エネルギーと位置エネルギー(ポテンシャル)の和のことを指す[1]。
保存力の場での質点の運動では力学的エネルギー(運動エネルギーと位置エネルギー(ポテンシャル)の和)が一定となる。これを、力学的エネルギー保存の法則(力学的エネルギー保存則)と言う[2]。
https://matome.naver.jp/odai/2145532695821717701
2016年07月06日