メンフィスOP 錦織圭初戦突破! V4へ好発進 【白熱動画】

519gug

男子テニスのメンフィス・オープン第3日は10日(日本時間11日)、米テネシー州で行われ、大会4連覇を狙う世界ランキング7位で第1シードの錦織圭(26=日清食品)が男子シングルス2回戦に登場。世界124位のライアン・ハリソン(23=米国)と対戦し、6―2、7―5でストレート勝ちした。
錦織、∨4へ好発進!2年連続対戦のハリソン下す メンフィスOP (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

白熱の第10・第11ゲーム

http://www.youtube.com/watch?v=u4GRvPVo_iw

第2セットは互いにキープする展開が続いたが、第5ゲームで錦織が積極的に仕掛けてブレークを奪う。勝利目前の第10ゲームでは、粘るハリソンにブレークバックを許したが、続く第11ゲームでブレークを奪って再び1ゲームリード。サービスゲームをキープして7―5で2セット連取し、初戦を突破した。
錦織、∨4へ好発進!2年連続対戦のハリソン下す メンフィスOP (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

▼錦織圭の話 第2セットにマッチポイントを取ってから少しミスをしてしまったが、それ以外はいいプレーができた。この大会でこんなにいいスタートを切れたことはないので良かった。
錦織、∨4へ好発進!2年連続対戦のハリソン下す メンフィスOP (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

今大会の上位4シードは1回戦免除のため、錦織は2回戦からの登場。

この試合、錦織は第1セットからハリソンを圧倒。1度もブレークチャンスを与えずに、自身は2度のブレークに成功してこのセットを先取する。

続く第2セットでも自身のペースを維持し、ゲームカウント5-4で錦織がサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。快勝するかに思えたが、第10ゲームで錦織のミスが目立ちデュースが続く。最後は取りきれず、ハリソンにこの試合初のブレークを許してしまう。

その後は第11ゲームですぐにブレークし、第12ゲームをしっかり取り切り1時間21分で勝利。

トータルで見ると、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率は81パーセントと高かった。しかし、第2セットの第10ゲームで取りきれなかったのは、今後の課題となるだろう。
錦織8強、最後もたつく – テニス365 | tennis365.net

https://matome.naver.jp/odai/2145517416108188201
2016年02月11日