イケメン以外はやめてほしい冬ファッション

cool_boy

人によってはオタクっぽく見えてしまう「ダッフルコート」

「普通の人が着てもカッコよくない」というように、定番のダッフルコートをステキに着こなすには、ある程度の容姿が必要とされるようです。キレイめなコーデの「はずし」として使うなど、インナーとの合わせ方もポイントでしょう。

スタイルのよしあしがむき出しになる「スキニーパンツ」

「細くないとみっともないよ」というように、細身のパンツはスリムな男性にしか似合わないようです。流行っているからといって、自分の体型に合わないアイテム選びをしないよう気を付けたほうがいいでしょう。

不審者に間違われそうな「黒いニット帽」

「イケメンじゃないと陰気な感じになる」というように、ぴったりした黒いニットの帽子は、美しい顔という担保のあるイケメンだからこそ手を出せるアイテムでしょう。特に、黒っぽい服と合わせると怪しさ倍増なので、自分の姿を鏡の前で確認してから家を出るようにしましょう。

おしゃれ上級者向けの「スウェットパンツ」

「やっぱり部屋着みたいだよ」というように、男子の定番おしゃれアイテムになりつつあるスウェット地のアイテムは、イケメンが着ないと従来通りの「トレーニングウェア」に見えてしまうようです。スラックスっぽい形のものを選ぶなど、極力合わせやすいものからチャレンジしていきましょう。

ある程度身長が必要な「トレンチコート」

「背が高い人が着るものだよね」というように、細身のトレンチコートはスラッとした男性のためのアイテムかもしれません。逆に言うと、スタイルさえ兼ね備えていれば「雰囲気イケメン」を演出できるので、試してみる価値はありそうです。

ダサくなる危険もある「柄シャツ」

「小花柄はイモっぽくなる可能性大!!」というように、シャツとしては一般的な花柄は、おしゃれに見せるのが難しい模様でもあるようです。小花柄ならオタクっぽく、大きな花柄なら遊び人っぽく見えやすいことを、心に留めておきましょう。

ホストのような「ファー付きアウター」

「相当王子さまっぽい顔じゃないとチャラいだけ」というように、フードや裾にファーの付いたコートには、水商売っぽい軽いイメージがついてしまっているようです。布面積が広いだけに、コートはコーデの印象を大きく左右するので、選ぶ際には慎重になったほうがいいでしょう。

女子っぽい「ムートンブーツ」

「『それはくの!?』ってビックリした」というように、ボリュームのあるムートンブーツには「女子がはくもの」という印象があるため、男性が挑戦するにはかなりハードルが高いようです。容姿かセンスに自信がないなら、やめておいたほうが無難でしょう。

良くも悪くもポイントになる「派手なマフラー」

「悪目立ちってこういうことを言うんだよね(苦笑)」というように、ビビッドなカラーリングのマフラーは、カッコいい男性にこそぴったりだと思われているようです。赤やピンクではなく、同じキレイな色でも、青や緑のものであれば使いやすいのではないでしょうか。

https://matome.naver.jp/odai/2145507765616413601
2016年02月10日