薄毛の仕組みが解明!?5年から10年の間に治療薬ができるかも!?

8318380

人は年をとると、なぜ頭の毛が薄くなるのか。その仕組みを、東京医科歯科大学の研究チームが解明したと発表した。
発表したのは、東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究チームで、年をとると薄毛になる仕組みを解明するため、毛を生み出す細胞を作る「幹細胞」に着目し、その幹細胞の一生を追跡する研究を行ったという。
研究の結果、この幹細胞は、年齢が若いうちは毛を生み出す細胞を作り続けるが、年をとると、作る能力が低下し幹細胞がふけや垢(あか)となって皮膚からはがれ落ちることがわかったという。このため、徐々に毛根が小さくなり、それにつれて、生えてくる毛も細くなって最終的には生えなくなるという。
毛根が小さくなり薄毛になるのは、これまで男性の特徴と考えられてきたが、今回の研究で、毛根は性別に関係なく、年をとると小さくなることもわかったという。
幹細胞にあるタンパク質の一種「17型コラーゲン」の減りを抑えることで、薄毛の進行を抑えられることもわかっていて、西村教授は「5年から10年の間に治療薬ができれば」と話している。
年をとるとなぜ薄毛になるのか…仕組み解明|日テレNEWS24

・ハゲのメカニズム解明か。これで予防は可能らしい。つまり、あと10年くらい耐えればいいんだな。

・禿げたくないから頑張って(切実

・発表してる教授の頭がツルツルorz

・マジで!!!やっぱり女性もハゲるんじゃん!!

・ハゲの人、もう少しお待ちください

・言うまでもない当たり前のことですが、お酒をやめれば濃くなります。 体の機能を調べれば誰でも予想がつきますね。
【ハゲに朗報】薄毛の仕組みが解明!最速5年で治療薬が開発される可能性 : はちま起稿

5日、歳をとると薄毛になる仕組みを、東京医科歯科大学・難治疾患研究所の西村栄美教授の研究チームが解明したと発表した。新しい治療薬の開発につながるのだろうか。
薄毛になる仕組みを東京医科歯科大のチームが解明 新たな治療薬開発も? – ライブドアニュース

研究チームが着目したのは、毛穴の奥にあり人の毛髪をつくりだす「毛包幹細胞」という細胞。この幹細胞が毛を生み出す細胞を作り続けるため、毛は抜けても再び生えるというサイクルを繰り返す。しかし今回の研究で、歳をとると「毛包幹細胞」が減り、フケや垢(あか)となって皮膚の表面からはがれ落ちるということがわかった。
薄毛になる仕組みを東京医科歯科大のチームが解明 新たな治療薬開発も? – ライブドアニュース

これまでは男性の特徴と考えられてきた薄毛だが、性別に関係なく女性も歳をとると毛包幹細胞が減り、薄毛になることもわかった。
薄毛になる仕組みを東京医科歯科大のチームが解明 新たな治療薬開発も? – ライブドアニュース

研究では、17型コラーゲンという物質が薄毛を防ぐのに重要な役割を果たしていることがわかった。コラーゲンが豊富な食べ物を食べたり、直接塗ったりしても、17型コラーゲンは増えないという。
薄毛になる仕組みを東京医科歯科大のチームが解明 新たな治療薬開発も? – ライブドアニュース

研究を率いた西村教授は、コラーゲンの減少を抑えられる物質が見つかれば治療薬になると話す。今回の研究成果は、ガンの放射線治療の副作用で抜け毛に悩む患者の治療にも役に立つとみられている。
薄毛になる仕組みを東京医科歯科大のチームが解明 新たな治療薬開発も? – ライブドアニュース

https://matome.naver.jp/odai/2145467828109199701
2016年02月05日