【手越祐也】ポジティブ伝説とその名言!

tyuuki
孤高のアイドル手越祐也。今回はそんな手越君がなぜ今のような芸風になっていったのかを流れとともに紹介していきたいと思います。名言や名シーンもたくさん紹介します。

手越祐也とは

ジャニーズ事務所所属のアイドル。NEWSの一員でその歌唱力には定評がある。
しかしそんな彼がデビュー時の可愛いイメージをぶち壊し最近ドンドン変化してきてるとのうわさが!今回はそんな彼の変化に迫ります!

可愛かった!まだ黒髪のころ

手越君のデビュー当時は黒髪でおとなしい感じ。見ていて抱きしめたくなるくらい可愛い子でした。ドラマ「マイボス・マイヒーロー」では桜なんとかでおなじみの桜小路役で初々しい高校生役をやっていて役と本人どちらも愛らしいキャラでした

世界の果てまでイッテQ出演 運動神経の良さも目立つ!

バラエティの企画で冬のお祭りに行った際は鮮やかなスノーボードテクを披露。趣味がフットサルなどアクティブな彼らしさが出てきました。
このころからファン層も番組のヒットとともにどんどん広がってきます。

そして伝説へ… 大先輩、内村光良を一刀両断

この日から手越君の歩む道が変わったと言えます。
番組の企画でのたたいてかぶってジャンケンポン。相対するは先輩である内村光良。優しく日向のようなおじさん相手に手越祐也は容赦ない閃光のような一撃を見舞います。
番組でも何回かリプレイされたこの所業を境に手越君は覚醒します!

NEWSは4人に、手越は金髪に!

NEWSの危機に立ち上がった手越祐也。ついに黒髪を脱ぎ捨てて現在の金髪王子へと変貌を遂げました。ちなみに彼曰く俺=金ということらしいです。そしてこのころからバラエティ番組でのキャラもどんどん変わっていきます。

そして生まれた「テイ!」

手越君は世界の果てまでイッテQ内でもどんどんと調子乗りキャラとしてお茶の間から愛され、笑われ、時にはオジサンたちからの反感を受けつつ順調に活躍していました。
そんな中で飛び出した名言の中の一つが今の彼の挨拶「テイ!」
これにより彼は正統派でありながら笑いにも答える孤高のアイドルとなりました。

ここからはそんな彼の名言、名場面を紹介!

テイテイテテイテイ♪テイテイテテイテイ♬テイテイテイテイテイテイテイテイ♪テテイテテイテテイテイ♪「もしかしてだけどバージョン」

上の文字は読まなくていいです。どぶろっくのもしかしてだけどのメロディに乗せテイ!を連呼したものです。このころから手越君は壊れかけていたのかもしれませ(笑)

手越VS宮川大輔 仁義なき戦い

手越君の出演するバラエティでは毎回手越祐也VS宮川大輔の争いが起こります。
番組の企画でお祭りに行きさんざんにやられて帰ってくる宮川さん。それを軽んじなじる手越君。この二人の戦いはまだまだ続きます。

仁義なき戦いパート2

二人が再び会いまみえる場所となったのは旅先の風呂場です。
手越君の頭を洗ってあげる優しい先輩の宮川さん…と思いきや手越君の顔に泡を塗りたくりました。

お次は手越君の番。手越君は顔だけでなく鼻の穴や目の近くまで丁寧に洗ってあげました。
この二人が出会うとお風呂も戦場になるんですね!

メンタルモンスター

手越祐也最大の特徴はなんといってもそのメンタルです。自分でメンタルモンスターを自称する彼。とある番組で手越君の神経を衰弱させようとしましたが、手越君には効きませんでした。
手越祐也最大の特徴はなんといってもそのメンタルです。自分でメンタルモンスターを自… : ポジティブの神!【手越祐也】名言&迷言集! – NAVER まとめ

俺マジ一途ッス!

手越君がチャラいと疑われたときに、番組で連呼したヒットワードです。この番組は毎週行う番組で、次の収録回のゲストもこの言葉を使って笑いを取っていました。

(メンバーの仕事を)全部が全部見てると思うなよ!

NEWSのメンバーで食事会をしていた時の事。メンバーであり小説を書いている加藤シゲアキ君の小説が映画化が決まったという話になりました。このとき手越君はそのことを知りませんでした。
まめな小山君らがさてはほかのメンバーのことを気にしてないのかとツッコんだときの手越君の一言がこれです。
縛られないからこそ手越祐也です。

オーケーイ

これは手越君がよく口にしている言葉です。ちなみに「自意識過剰な奴はこの言葉をよくつかう」とのナレーションとともに手越君と狩野英孝の映像を見比べるのがバラエティでのよくある演出です

僕ボンドです、ぼくチャンピオン、ゆくゆくは神になる、サンタに、鳥に、ハヤブサになりたいな

彼のなりたいといったものを一覧にして並べてみたところとんでもない数が出てきました。どんなものにも変化できるところが手越君のすごさです。

芯はは熱い 「だって俺アイドルだもん」

いままで少し茶化してしまいましたが彼の素晴らしいところは自分の仕事に誇りを持っていることです。アイドルはかっこつけられてたくさんの人に夢を与えるすごい仕事だと手越君は誇りに思っています。
なのでボイトレに自前で通ったり自分の足りないことを努力する姿勢がすごいです

さすがスーパーアイドル!

テレビ番組の企画でみんなが的を外し手越君が的の真ん中の方に入れないと無条件で敗退が決まってしまうという場面。
みんなが見守るなか的に向けてはなった矢は見事真ん中に。
起死回生の一矢にも彼は相手との差を広げられなかったことを誤っていました。

やるときにはやる!満足しない!手越君の魅力ですね!

これからのさらなる進化が楽しみです!

これからも彼がどんどん進化していくのが楽しみです。ちなみに彼の絵だけは進化せず画伯ぶりを発揮しているので機会があったら見てみてください!

良かったらこちらも

https://matome.naver.jp/odai/2145448417539235301
2016年10月11日