PS2用ゲームソフト・SIREN(サイレン)が、ひっそりとコミカライズされている

doramugi
10年以上前、プレイステーション2で大ヒットしたホラーゲーム『SIREN(サイレン)』。その『SIREN』が、最近コミック化されてたって、知ってました?

SIREN(サイレン)とは?

SIREN(サイレン)。

プレイステーション2で開発・販売されたホラーゲーム。

2003年11月6日発売。

多くの登場人物と時間軸が複雑に絡み合う難解なストーリー、嫌がらせとも思える遊びにくいゲームシステム、攻略情報なしではまず解けない謎解き、等、すべてが理不尽とも言える難易度の高いゲームですが、それが逆に中毒性を呼び、ハマる人が続出。

2006年2月には続編の『SIREN2』、2008年7月には第3作『SIREN:New Translation』が発売されたほか、2006年にはメディアミックスとして、映画化もされています。

SIREN2(PS2)
シリーズ2作目。

前作のシステムを踏襲しつつ、理不尽な難易度や不親切なシステムを見直し。結果、前作と比べるとはるかに遊びやすくなりましたが、簡単すぎて物足りないという意見も多いです。

ストーリーは相変わらず難解で好評。

SIREN: New Translation(PS3)
ハードをPS3に移して発売した3作目。

新作ではなく、1作目のリメイクですが、登場人物の多くが外国人になるなど、設定に大幅な変更がなされています。

それまで時系列がバラバラに展開したストーリーが一本化され、理解しやすくなりましたが、それではSIRENの持ち味が無くなったという意見が多い結果に。

サイレン FORBIDDEN SIREN(劇場版)
ドラマ『TRICK』『SPEC』シリーズや、映画『20世紀少年』シリーズを手掛けた堤幸彦監督、映画『NANA2』『海を感じる時』などで主演を務めた市川由衣を主演に映画化。

原作の壮大なストーリーを90分程度で表現できるはずもなく、ストーリ-は全く別物に。そういうものだと思って見ればガマンできなくもないですが、コレも評判はイマイチ。

そんなSIRENが、最近コミカライズされているの、知ってました?

第1作目が発売されてから11年経った2014年7月。『コミック特盛・新耳袋アトモス 2014年9月号』にて連載開始(画像は12月号)。結構コアな新耳袋ファンの筆者ですら、その存在を知らなかったほどのマイナー雑誌です。

タイトルは『SIREN 赤イ海ノ呼ビ声』。

2015年12月発売の最新号までに7話が連載され、同月、単行本第1巻も発売されました。

連載開始当時のニュース記事。

ゆめあさり@yumeasari

アッッSIRENコミック化してる、、、?え、いつだ…?いつした…?
10周年記念だから今更SIRENのコミックとか出てるのかしら

ととべんき@toto_benki

あ、SIRENのコミックでてるんだ!買わなきゃだ!
ん!?SIRENのコミックって12月に単行本出てたの!?
買わなきゃ
コレではありません。

と言うか、コレは忘れてください。

でも、どうせまたアレなんでしょ? と思ったら……

一作目の完成度が高いため、何かと『黒歴史』と評価される作品が多いSIREN。この『赤イ海ノ呼ビ声』はどうかと言いますと……?

今作は、ゲームでディレクターを務めた外山圭一郎氏や、シナリオ担当の佐藤直子氏ら『project SIREN team』が監修。原作を忠実に再現しています。

また、作画を担当したのは神尾亘先生。検索しても他の作品が全くと言っていいほど出てこない方ですが、原作の雰囲気にマッチした綺麗な絵で、構成やセリフ等も非常に読みやすいです。

これまでメディアミックス作品に厳しかった原作ファンからも大好評で、マイナーコミックにもかかわらず、売り切れ店が続出しているようです。

LINDEN03@03LINDEN

SIRENのコミック(万乗版ではない)が出てたから買ってきた。マニアックスでも特に書かれていなかった話の導入部分が詳しく書かれていたり、巻末にSDKのモデルこと篠田氏のインタビューまで載ってて期待の140%な内容だった。
SIREN 赤イ海ノ呼ビ声 1 (ホームコミックス) 神尾 亘 amazon.co.jp/dp/4834232387/… @amazonJPさんから
良かった 牧野の笑顔見られるから買いな
しゅんかいどのとせんせいとあと太文さんもいろんな表情見れて良い
あと牧野と宮田の幼少 シコ

ちゃんこ@nonyourai

あああああまって赤イ海ノ呼ビ声やばい支部のやつで一話だけ見たけどこいつはやばい牧野さんいるし石田さんとかマジでゲームのまんま!!こ

早乙女もこ乃@chocomelo_n

SIREN~赤イ海ノ呼ビ声~1巻読了しました。1話読みながらリアルタイムでプレイしてたあの始めの石田戦の恐怖と感動がぶわって思い出されてそれだけで神尾先生には有難うしか言うことがないんだけど、2話以降も異界入りまでのそれぞれのキャラクターの背景が丁寧に描かれてて本当良かった。

サバ夫@sabao_fish

実際、漫画の『SIREN 赤イ海ノ呼ビ声』は面白い。ゲーム中に描写されていないシーンもあって、内容知ってても面白い。

略式眼鏡@2la12la1_2u10

すでにSIRENコミックは買ったぜ!!
SIRENのコミックめっっっちゃくちゃ出来がいいというかものすごく満足できる感じだったのでどうぞ読んでください

ずんだ餅@kagaimousou

SIRENのコミック読んだせいか久しぶりにSIRENプレイしたくなってきた、SDK好きだ!

冬見@@fuyumiheey

このSIRENのコミック、SIRENやった人ならニヤニヤするシーンが色々しっかり描いてあるのでおすすめ

ばんちー@BNC_0116

SIRENのコミック読んでるとゲームのイベントシーンの声で再生されるwこのまま人気出てアニメ化とかしないかな…なんて(  ̄▽ ̄)
【品切情報】
SIREN フェア、ご好評につき『SIREN MANIACS』1、2
コミックス『赤イ海ノ呼ビ声』
入荷した分が只今完売致しました!!
コミックと併せて来週、再入荷予定のです
お待たせして申し訳ありませんが、入荷まで今しばらくお待ち下さいませ
【品切れ情報】
生放送以来、たくさんのお客様にご来店いただいておりますSIRENフェアですが、ただいまSIREN2MANIACSとコミックが品切れ中です。明日少量再入荷予定、来週大きく再入荷予定です。申し訳ございません pic.twitter.com/Sewr87ogM9

つき。@lunatic0609

SIRENコミックまだ入手できてません;;

佐藤直子@310705

呪・重版出来! 『SIREN -赤イ海ノ呼ビ声-』いわゆる初版がはけ、新たに増刷があったという出版業界のハレなアレらしいです。今までSIRENを支えてくれたユーザーさんに感謝∞。そして漫画からSIRENの世界に触れてくれる新たな羽生蛇村訪問者さんを期待しつつ…ぱらいぞうにまうづ!
SIRENシリーズのシナリオ担当・佐藤直子さんのTwitterより。
一時は品薄状態が続き、入手困難でしたが、めでたく重版されました。
SIRENコミック版単行本1巻が重版かーめでたい

mashiro_ro@_mezza9

SIRENコミック重版おめでとう

pixivコミックで第1話を無料で試し読みできます。未読の方は、その完成度を実際にその目でお確かめください。
※現在は読めなくなっているようです。

ただし、今後の展開は『どうあがいても、絶望』?


「怖すぎる」という苦情が殺到し、放送中止となったCM。

……と、ここまではおおむね好評なコミック版『SIREN』ですが、残念ながら、今後も展開は明るい、とは言えないのが現状です。

実際にゲームをプレイされた方は身に染みて判っていると思いますが、原作はあまりにも壮大で長い物語です。

今回のコミック版は、原作を忠実に再現するあまり、連載開始1年以上経った第1巻終了時で、1回目のサイレンが鳴る所までしか話が進んでいません。

ゲーム中では、スムーズにいけば10分もかからない所です。

連載誌の『コミック特盛』は季刊誌(年4回発行)で、さらに、ゲーム中は『アーカイブ』で数行程度でさらっと説明していた登場人物の前日譚や世界観の設定などを細かく描いているので、極めて遅いストーリー展開となってしまっています。このままでは、完結までどれだけ時間がかかるか判りません。

もちろんそれは、非常に難解なストーリーをゲーム未体験の人にも判りやすく描いた結果なので、歓迎すべきことです。

しかし、致命的なのは、連載誌の『コミック特盛』が、2016年2月号をもって休刊となってしまったことでしょう。

幸い『SIREN』を含むいくつかの作品は、Webマンガサイト『画楽の杜』にて連載を続けるようですが、このまま人気が出なければ、ストーリーを短縮して無理矢理完結、もしくは、打ち切りも考えられます。

流れは非常に良くないと言えるでしょう。

連載誌休刊のニュース記事。

『SIREN 赤イ海ノ呼ビ声』は、2016年春よりこちらのサイトで連載再開予定。

誰もが納得する形で連載・完結することを切に願います

とは言え、この先人気が出れば、当然連載は続き、誰もが納得する形で完結を迎えることができるはずです。

2016年2月で『SIREN2』が発売10周年を迎え、製作スタッフや出演者が集まり、ニコニコ生放送を行うなど、秘かに盛り上がってもいます。

春からの連載再開や、今後の展開に期待・応援するしかないですね。

Cache Cache✿@hide_and_seek_b

SIREN 赤イ海ノ呼ビ声、これは次巻も買う!

bocchi@d100roll_100

SIRENの赤イ海は「ほら、これが読みたかったんだろ?」感が半端じゃない。コミカライズって原作を蔑ろにしてても不誠実だし、忠実すぎても劣化でしかないしで難しいけど、赤イ海ノ呼ビ声は補完作品としてすばらしい。このまま丁寧な展開で、打ち切られずに完結して欲しいなあ
独り言ですが、休刊した『コミック特盛』及び『SIREN』のコミックは、ホーム社が発行し、集英社が発売しています。

集英社といえば、『週刊少年ジャンプ』や『週刊ヤングジャンプ』などの人気雑誌を多数発行する、言わずと知れた大手出版社。

そして、『ヤングジャンプ』は、『テラフォーマーズ』や『べしゃり暮らし』など、他誌から移籍された作品が多いことでも知られています。

『SIREN』も、WEB連載から人気が出れば、あるいは……。

関連リンク

公式サイト。ゲームの紹介はもちろん、当時連載されていた外伝小説『羽生蛇村異聞』も、まだ読めます。

ゲームを開発したSCEジャパンスタジオ公式Twitter。SIREN情報も時々つぶやかれます。

SIRENディレクター・外山圭一郎氏の公式Twitter。『SIREN』及び『SIREN2』10周年記念のニコニコ生放送にも参加し、現在でもSIRENを積極的にアピール。その発言に注目が集まります。

SIRENシリーズシナリオライター・佐藤直子氏の公式Twitter。『赤イ海ノ呼ビ声』について、頻繁にツイートされています。

https://matome.naver.jp/odai/2145269185570750801
2016年05月27日