ジダン監督誕生!レアル・マドリーの監督に就任!

dice-2457
ジダンがレアル・マドリーの監督に就任!手腕が試される!!!

噂・・・

サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードがラファエル・ベニテス監督に見切りをつけ、結果が出なければ今週末にも解任するとの見方が広がっている。後任監督は 元フランス代表選手で、現在同クラブの2軍チーム、レアル・マドリード・カスティージャを率いているジネディーヌ・ジダン氏が最有力候補とみられている。
ジダン氏がレアル・マドリード監督就任か…フランス、スペイン紙報じる (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

本人も・・

現地時間13日のビジャレアル戦で敗れ、ラフェエル・ベニテス監督の解任が噂されているマドリー。後任候補としても名が挙がってきたジダン監督だが、どうやら本人にはその意思がないようだ。

「私についてどう書かれているかということは知らない。何が起こっているのかは把握しているが、私は冷静だ。カスティージャ(マドリーの下部組織)に全力を注ぐべきで、他のことには興味がないからだ」

「私はカスティージャのためにここにいるし、カスティージャのことしか考えていない」

なおベニテス監督については「私はベニテスを支持する」とし、その理由について「トップチームは彼と共に素晴らしい成績を残している」と語った。
レアル下部組織のジダン監督、トップチーム指揮には興味なし「ベニテスを支持する」 (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

会長は・・・

ジョゼ・モウリーニョでも、ジネディーヌ・ジダンでもない。レアル・マドリーの監督は、ラファエル・ベニテスだ。フロレンティーノ・ペレス会長がそう強調した。
モウもジダンもない! マドリー会長が「監督はベニテス」 (GOAL) – Yahoo!ニュース

ジダン監督はペレス会長が盲目的な信頼を置く“秘蔵っ子”である。会長自身が2001年に獲得し、その後マドリーで引退し、会長補佐やトップチームのアシスタントコーチ、さらにはBチームの監督を務めている。既に選手たちから信頼と尊敬を得ており、監督就任は全く問題はないと考えられているようだ。
レアル、様々な監督候補が挙がるも…会長はレジェンドの大抜擢を決断済み? (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

フィーゴ

「ジダンがレアル・マドリードの監督になりたいと思っている。それは彼の目標の一つなはずだ。レアル・マドリード・カスティージャを率いている彼にとっては、いつかトップチームの監督になると頭のなかでは目標にしていると思う」

また現在、監督を務めるラファエル・ベニテスに対しては「レアル・マドリードというクラブでは短い期間でも常に勝利する必要がある。だが、決定を下す人たちにはベニテスにもう少し時間を与えて欲しい」と自らの意見を語った。
フィーゴがレアル監督問題について一言 「ジダンはレアル・マドリードの監督になりたい」 (theWORLD(ザ・ワールド)) – Yahoo!ニュース

アンケートでは・・・

ユーザーを対象に誰がレアルの監督にふさわしいかをアンケート調査した。その結果、クラブのレジェンドであるジダンが52%の票を獲得。かつてレアルで勝ち点100を達成したモウリーニョよりもジダン監督の誕生を望んでいる者が多い結果となった。モウリーニョは33%で、現任のベニテス続投を選んだのはわずか14 %だけだ。
モウリーニョよりもジダン! サポーターはレジェンドの指揮官就任を希望 (theWORLD(ザ・ワールド)) – Yahoo!ニュース

モウリーニョ

過去マドリーを率い、今季チェルシーの指揮官を解任されたジョゼ・モウリーニョ氏の名前も後任候補として挙がっている
レアル、様々な監督候補が挙がるも…会長はレジェンドの大抜擢を決断済み? (フットボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

ラウル

「レアルには数多くのタイトルを勝ち取った素晴らしい監督がいるし、そのリストにふさわしいものを示すはずだよ」

ラウルはそう切り出し、ベニテス監督がレアルにふさわしい実績を持つ監督であることを強調している。
レアルの英雄ラウルがベニテス監督の手腕を評価 「僕はこのプロジェクトを信頼している」 (Soccer Magazine ZONE web) – Yahoo!ニュース

いよいよベニテス解任を検討

レアル・マドリーの理事会は、ついにラファ・ベニテス監督の解任を検討するようだ。スペイン『マルカ』は、理事会が現地時間14日午後に緊急会議を行い、同指揮官の処遇について話し合うことを報じた。
マドリー、ベニテス解任を本格的に検討 現地時間4日午後に緊急会議 (GOAL) – Yahoo!ニュース

ついに・・・

レアル・マドリードは4日、公式会見を開き、ラファエル・ベニテス監督の解任とジネディーヌ・ジダン氏の就任を発表した。同クラブ公式HPが伝えている。
ジダン氏がレアル新指揮官に決定…3年契約のベニテスを半年で解任 (SOCCER KING) – Yahoo!ニュース

「まず、チームを指導する機会を与えてくれた会長に感謝をします。私たちが所属しているのは世界最高のクラブであり、ここには世界最高のファンがいます。私たちはシーズンの最後に何かを勝ち取るため、最大限のことを試みる必要があります。私から言えるのは、全選手とともに可能な限りのことを試みるということです。思うに、すべてがうまくはずです」

「今日は私にとって大切な日です。少しばかり感情が先走っていますね。選手として交わした契約以上にそうなのですが、それも当たり前のことでしょう。すべてがうまくいくように、私はこのクラブのために全身全霊を捧げます」
ジダンがマドリー監督として第一声、「全身全霊を捧げる」 (GOAL) – Yahoo!ニュース

ペレス会長

「レアル・マドリーの監督は、ジネディーヌ・ジダンとなります。彼がサッカー氏において、最も偉大な人物の一人であることに疑いの余地はありません」
ペレス会長はジダン監督の成功を確信、「君に不可能という言葉はない」 (GOAL) – Yahoo!ニュース

OBとしてクラブを知り尽くすジダン新監督は、「ここは世界一のファンを持つ、世界一のクラブだ」とレアル・マドリードを評価。その上で、「ベストを尽くして、シーズンが終わるときにはトロフィーを手にしているだろう」と、監督就任初年度でのタイトル獲得を誓った。

また、「私は選手全員と共に全力で取り組んでいくつもりだ。そしてそれはうまくいくと思う。初日の明日は、私にとって大事な日だ。私の持つ情熱や魂を全てクラブに注ぐよ」とコメントし、5日午前に行われるジダン氏にとっての初練習に向けて意気込みを語った。
レアル新指揮官のジダン氏、意気込み語る「情熱や魂をクラブに注ぐ」 (SOCCER KING) – Yahoo!ニュース

そんなジダン氏には指揮官としてトップリーグでの実績がない。それでも超ビッグクラブが監督に指名したのには理由がある。スペイン紙「マルカ」によると、13年にカルロ・アンチェロッティ監督(56)の下でアシスタントコーチを務めており、エースFWクリスチアーノ・ロナウド(30)ら現イレブンが信頼を寄せていることが大きな要因という。2季連続で無冠危機と苦境に立つスター軍団を率いるには最適な人材というわけだ。
「実績ゼロ」ジダン氏がレアル監督に指名された理由 (東スポWeb) – Yahoo!ニュース

BBC

ジダン監督は、今後FWカリム・ベンゼマ、ガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”をどう起用するのだろうか。また、ベニテス前監督と問題を抱えたMFイスコやハメス・ロドリゲスの扱い方にも注目が集まる。

「それ(“BBC”)こそが私の考えだ。その点において、私は非常に明確だよ」

「選手全員が重要な存在になる。それを第一に言っておきたい。ハメスとイスコは敬服すべき選手だよ。彼らも重要な存在になる」

ジダン監督はマドリーが攻撃的なサッカーをすることを明言している。

「スペインでは、常に美しいフットボールが重要なものとして扱われてきた。攻撃的で、バランスの取れたフットボールを実践することがね。我々はそれをフィールドで体現できるように全力で働く。それが私のメッセージだ」
“BBC”外しは考えないジダン 「その点において私の考えは明確」 (GOAL) – Yahoo!ニュース

さっそく狙うのは・・・

ジダン監督は先日、「(リオネル・)メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドに続いて、アザールが私のお気に入りの選手だ。彼のプレーを見るのは楽しいね。アザールがレアル・マドリーに来ることを想像できるか? あの選手のことは好きだ。私に言えるのは、それだけだね」と話していた。マドリーのトップチームを率いる前から、チェルシーMFへの関心を示していたのだ。
ジダン監督就任でマドリーが狙うのはやはり…? チェルシーで不振に喘ぐあの選手 (GOAL) – Yahoo!ニュース

さっそく改革

ジダンはポルトへ移籍したイケル・カシージャスの復帰を求めたという。この負の状況を好転させるには大ベテランの力が必要ということなのだろうか。

カシージャスはクラブのレジェンドだが、最後の方はクラブとの関係が悪化したと言われていた。思えばジョゼ・モウリーニョとのトラブルが噂されたあたりからカシージャスの立場は揺らぎ始め、カシージャスも第二のキャリアを求めてポルトへ移籍する道を選んだ。

同メディアによると、カシージャスにレアル復帰の意思はなく、ポルトに留まることになる。ジダンの思惑通りとはいかなかったが、改革に動こうとしたところは評価できる。ジダンといえばカルロ・アンチェロッティの下で監督業の勉強をし、選手との人間関係を大切にするアンチェロッティの姿勢を見てきている。ベニテスは選手との関係が問題視されたが、ジダンはそれを解決しようとしている。
早くもジダンに名将の香り……カシージャス復帰へアプローチ!? (theWORLD(ザ・ワールド)) – Yahoo!ニュース

初練習

グレーのジャージーに蛍光色のシューズという姿のジダン監督がグラウンドに姿を現すと、スタジアムに集まった約5000人のサポーターからは「ジズー! ジズー! 」と歓声が上がった。そして監督が選手を集め、自らボールを蹴り出して練習を始めると、スタジアムからは声援が送られていた
レアル、ジダン新監督体制で初練習―5000人のファンが声援 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

批判も・・・

バイエルンやスイス代表を率いてきた名将は、近年では“ご意見番”としてコメントを取り上げられることが多い。同氏は「ジダンは宝くじに当選したね」と皮肉たっぷりにコメント。レアルの決定は「正気の沙汰ではない」と言い切った。

また、ジダン監督に対して「経験が全くない」と疑問を呈したヒッツフェルト氏は「彼は選手としては素晴らしかったが、素晴らしい監督になれるかどうかは別問題だ。フロレンティーノ・ペレス会長の決断は、ひとまず周囲の批判を落ち着かせた」と話した。
ジダン氏の監督就任をヒッツフェルト氏が一蹴「正気の沙汰ではない」 – ライブドアニュース

https://matome.naver.jp/odai/2145204715786985001
2016年01月21日