BSDとlinuxの違い

twcritique

BSDの歴史

BSDは「Barkley Software Distribution」の略で、UNIXを開発したThompsonの母校でもあるカリフォルニア大学バークレー校で作られました。後にサン・マイクロシステムズの創立者のひとりとなるBill Joyも大学院生としてBSDの開発に関わっています。
[ThinkIT] 第1回:歴史とアーキテクチャを比較してみる (1/3)

1976年のSixth EditionをベースとしてUNIXはPWB3.0とBSDが分岐します。PWB はProgrammer Work Banechの略です。この流れは、後にSystem IIIへつながります。BSDはBerkeley Software Distributionsの略で、UCB (University of California Berkeley)のCSRG (Computer System Research Group)で作られていました。
OS誕生からLinuxまでの歴史 – UnixClassWiki

当時バークレーの大学院生だったビル・ジョイが1977年、それらを first Berkeley Software Distribution (1BSD) としてまとめ始め、1978年3月9日にリリースした[1]。1BSDは独立した完全なOSというよりも Sixth Edition Unix へのアドオンであり、その主なコンポーネントはPascalコンパイラとジョイが開発したラインエディタ ex(英語版) だった。
BSD – Wikipedia

BSDはUNIXとして初めて TCP/IPスタック(Berkeleyソケット)を搭載した。ソケットをUnixのファイル記述子と統合したことで、ネットワーク経由のデータの読み書きをディスクアクセスのように容易に行えるようになった。
BSD – Wikipedia

BerkeleyソケットをTurbo Pascalで書き直したものがのちにWindows 95に取り込まれ、現在のWinsock2の元となった。

1991年に、当時フィンランドのヘルシンキ大学の学生であったリーナス・トーバルズはオペレーティングシステムに好奇心を抱くようになっていた
Linux – Wikipedia

OpenBSDの誕生

1994年12月、NetBSD の立ち上げ時のメンバーでもあったテオ・デ・ラートは、上級開発者の地位とNetBSD中核チームメンバーという立場から退くよう要求され、ソースコードへのアクセスもできないようにされた。そうなった経緯は明らかではないが、NetBSDプロジェクトおよびメーリングリストでの性格の不一致が原因と言われている
OpenBSD – Wikipedia

当初のLinuxの実装は極めて単純なものであり、他の既存の自由でないUnixシステムのどれに対しても、その機能や実績において優位なものではなかった。また当時、自由なソフトウェアによるUnix互換OSを開発しようとしていたGNUプロジェクトは自身のカーネル (GNU Hurd) を完成していなかった(2015年現在もなお開発途上である)[21]。ライバルのBSDは1992年からUSLとの訴訟を抱えており、権利上の問題をクリアしたバージョンがリリースされたのはFreeBSDでは1994年11月だった。
Linux – Wikipedia

FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSD、Darwinはフリーで提供されているが、BSD/OS、Mac OS Xは商用製品として提供されている。
BSDの子孫 – Wikipedia

技術的に直系ではないが、Classic Mac OS (Mac OS、System) の後継として、新たにBSD系UNIXをベースに開発された。
macOS – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2145165846649950001
2019年07月17日