E653系の歴史と全色画像集

cyanmatsu.com
スーパーひたち、フレッシュひたちで活躍していたE653系をまとめました。1000番台いなほや、1100番台しらゆきも記述しています。

E653系

左:E653系 右:485系
常磐線特急「ひたち」のうち、停車駅の少ない「ひたち」で運用されていた485系電車の老朽置換えを名目として1988年(昭和63年)から651系電車の投入が行われたが、停車駅の多い「ひたち」では依然として485系電車での運用が継続した。このため「ひたち」用485系電車置換えを目的として、1997年(平成9年)から製造されたのが本系列である。
E653系
今後のJR東日本特急形電車のスタンダードとして開発が行われ、構造やシステムは従来形特急車両から一新され、車両のデザイン開発はGKインダストリアルデザインが担当。1次車の製造は1997年に日立製作所・近畿車輛・東急車輛製造の3社が担当。その後1998年に2次車、2005年2月に3次車が増備され、総数は7両基本編成8本・4両付属編成4本の72両である。
E653系スーパーひたち
1998年度財団法人日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞受賞。

常磐線で運用されていた頃のE653系

グリーンレイク
東急車輛製造

モチーフは霞ヶ浦と帆曳舟

7両基本編成

イエロージョンキル
近畿車輛

モチーフはひたち海浜公園と水仙

7両基本編成

スカーレットブロッサム
日立製作所

モチーフは偕楽園と好文亭

7両基本編成

ブルーオーシャン
日立製作所

モチーフは塩屋埼灯台と太平洋

7両基本編成

オレンジパーシモン
製造メーカーは各社

モチーフは袋田の滝と紅葉

4両付属編成

2013年にスーパーひたち、フレッシュひたちから運用離脱

左:E653系 右:E657系
2013年3月16日のダイヤ改正で「スーパーひたち」「フレッシュひたち」全定期列車のE657系置換え実施。このため同月15日の上野発高萩行「フレッシュひたち67号」で定期運用は終了した。

その後、新潟車両センター所属車により以下の定期列車に充当される

E653系1000番台いなほ
充当車両は郡山総合車両センターで以下の仕様変更を伴う改造工事が施工された。

・新潟・秋田支社管内での走行環境に適応するため耐寒耐雪構造を強化。(強化スカートへ換装。スノープラウ・着雪防止装置の設置。)
・日本海に沈む夕日と稲穂をイメージしたカラーリングに変更
・クハE652形をラウンジ付きグリーン車のクロE652形へ改造。
・車両番号を1000番台に改番。

E653系1100番台しらゆき
北陸新幹線金沢延伸開業に伴う2015年3月14日のダイヤ改正で新潟 – 直江津 – 上越妙高・新井間を信越本線・えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン経由で運転する特急「しらゆき」を新設、同列車には付属4両編成4本へ転用改造を施工し番台区分を1100番台にした上で充当することが発表された。なお1100番台車は間合い運用で「らくらくトレイン信越・おはよう信越」にも充当される。

充当された臨時列車

足利大藤まつり号(いわき – 桐生)付属編成のみ4両で運転
青森ねぶた(佐貫 – 青森)
イクスピアリ→舞浜・東京ベイエリア号(日立 – 東京)
フレッシュ水上(上野 – 水上)
フレッシュ草津(上野 – 長野原草津口)
春さきどり号(高萩 – 千倉)
横浜ベイエリア号(勝田 – 石川町)
氏家雛めぐり号(大宮 – 氏家)
かすみがうらマラソン(上野 – 土浦)
足利大藤まつり号(いわき – 桐生)
ぶらり高尾散策号(日立 – 高尾)
ぶらり鎌倉号(いわき – 鎌倉)
急行「ロックインジャパン」(上野 – 勝田)
快速「マリンブルー南房総」(高崎 – 安房鴨川)
快速「水戸梅まつり」(大宮 – 勝田間)
https://matome.naver.jp/odai/2145057372177236601
2015年12月20日