同性カップルの子育て

kortponp
レズビアンカップルの子育てについて。育児に携わるゲイカップルについて。里親として子どもを育てるLGBTについて。様々な家族のカタチを紹介します。 検索ワード:同性愛 同性婚

同性婚の話題が絶えない国内で、最近20~30代のレズビアンの間に「妊活」が広まっている。
「お母さんが2人」 日本のLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

「私たちのなかでは、ごくごく普通の当たり前の家族。親しい友達や家族、親戚などには言っていて、理解もしてもらっています」。
「お母さんが2人」 日本のLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

子どもたちの学校ではカミングアウトしていないが、2人は保護者として同様に認識されていて、互い先生たちに「もう1人のお母さん」として自然に接してもらっている。
「お母さんが2人」 日本のLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

産みの親が亡くなった場合、もう1人の育ての親は社会的に他人としてみなされているため、未成年の場合子どもは引き離され施設に入れられるリスクもあり、権利が保障されていないのも現状だ。
「お母さんが2人」 日本のLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

愛し合う二人ともう一人が、赤ちゃんを授かった。

籍をいれたら、家族になるのか。子どもができたら、家族になるのか。「家族になる」ってどういうことだろう。

子どもを持つストレートの女性の友人の一言が背中を押してくれた。「親になる自信なんて誰にもないわよ。私だってなかった。誰だって親になるというのは初めての経験なのだから。それはゲイもストレートも同じじゃない?」
父が2人 日本とスウェーデンのLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

国内で育てる場合は、学校や周りにカミングアウトしていくつもりです。簡単にはいかないかもしれませんが、受け入れてくれる学校が見つかるまで探します
父が2人 日本とスウェーデンのLGBT家族 – Time Out Tokyo(タイムアウト東京)

諦めていた結婚、子育て。

ゲイも結婚して子育てできる。北欧の“ふたりぱぱ“は伝えたい「昔の自分のように諦めないで」 #家族のかたち
huffp.st/jU9yG8W

性的少数者であるLGBTの人たちが子どもを持つ動きがじわりと広がっています。

ランドリーガール@LaundryGirl__

ハフさんで取材させていただきました。本当に本当に素敵なお2人でした→3年間、不妊治療しました。おんなふたりで子育てするまで。 huffingtonpost.jp/2018/12/08/2mo…

大阪市の法律事務所で働く2人の男性弁護士と事務員の年配女性。3人は実は「家族」だ。 3人が理解し合い、同じ職場で机を並べて仕事をするようになるまでには、長い葛藤の歴史があった。

里親になるLGBTについての記事です。

淀川区・虹色ニュース!Vol.11(2015.9)に、「LGBTと里親」意見交換会の記事。区長と職員が子ども相談センターで(里親について)「差別や偏見でもってLGBT当事者を排除することは絶対にない」との内容を確認した、とのこと。urx.red/p4RP
週末里親だけじゃなく、毎日子どもの養育するいわゆる「養育里親」も可能です。大阪市こども相談センターからは、むしろLGBTの方に「養育里親」の登録を、とのことです。 twitter.com/libertyouen/st…

2015年6月に米国の全州で同性婚が合法化されるなど、性的マイノリティーの権利を認めていこうとする動きは各国で広がりつつある。 家族のかたちが多様化する中で、性的マイノリティーの人たちにとって「子どもを持つかどうか」は現実的で重要な選択だ。

「同性婚」を公式に認める動きが、世界で加速している。日本でも、2015年に東京渋谷区の「同性パートナーシップ条例」ができるなど、同性カップルの権利を認めていこうという機運が高まっているが、まだ同性婚は認められていない。そんな中、「私たちには同性婚をする権利がある」として、日本弁護士連合会に人権救済を求めている人たちがいる。

「国内外のLGBT里親についての情報を提供し、 里親制度に関わる方々と里親制度に関心のある
LGBTとの交流支援などを行いながら、 子どもとLGBTを取り巻く環境について幅広い視点から
考える場を提供」するサイト。

▼ブックリスト

ニューヨークで暮らす著者の長男の親友チャーリーには、二人のパパがいる。この一〇年間で子どもを育てる米国の同性カップルは倍増し、一〇万組以上にのぼるとされる。チャーリー一家のような同性親家庭は、米国の都市部を中心に日常の風景となりつつあるようだ。同性婚の合法化など性的マイノリティ(LGBT)の権利保障が注目されるなか、本書は、米国で進行中の「家族のかたち革命」の現実を追う。里子や養子だけでなく、精子・卵子提供、代理出産など生殖補助医療で子をもうける同性カップルと、その子どもたちの肉声を伝える。

「子どもを持つことと、親になることとは違う」 NYのゲイの人気作家とその養子が、親子の絆を結ぶまでの軌跡を描いた自叙伝。『ロサンゼルス・タイムズ』『チャイルド・マガジン』で99年度ブック・オブ・ザ・イヤー受賞。

『男だけの育児』の中で、ジェシさんは、養子のエーレズを連れたアンディさんに出会ったときから、「親」になることを考えて考えて考え抜き続けます。そのドラマは、感動的でちょっぴりユーモラスで、そして、「親子」や「家族」を今までにない視点で考えさせてくれます。「自分は何者か?」と問わざるを得ないゲイだからこそ、「親」になることの意味も考えられるのです。

同性カップルが養子縁組によって子どもを迎えるまでの事の次第を等身大で綴った痛快ノンフィクション。
ダンとテリーはゲイのカップル。オープン・アダプション(開かれた養子縁組)で子どもを迎えようと決めた二人だが、男二人で「育ての親」になるという挑戦に加え、「生みの母親」であるホームレスのパンク少女メリッサの事情も絡んで、縁組成立まで一喜一憂の道のりに……。前例のないさまざまなステップを踏破して、ついに愛する息子D・Jの親になるまでの自身の体験を、機知とユーモアたっぷりに語る。

東京ディズニーリゾートで結婚式を挙げて話題になったレズビアンカップル、小雪とひろこ。家族になって3年後、二人の心には強い願い芽生えていました。
「子どもがほしい!」
「でも、お母さんふたりの“ふつうじゃない家族”で子どもはどう思うかな……?」
期待と不安をいっぱい抱えながら、女どうしの妊活の旅がはじまりました。
まずは、精子を提供をしてくれるドナー探しからスタート!
新しい家族のカタチを探る、女ふたりの物語。

恋に落ちた相手はレズビアンのシングルマザーだった!
彼女との出会いから女二人での育児、
子供の「お父さん欲しい」問題まで、
新しい「家族」の形を描くコミックエッセイ。

▼海外での動き

日本で知り合ったシンとマークは子供を持ちたい一心でカナダに移住。今では双子の男の子の父親となった彼らは騒がしい家族に囲まれる幸せを感じている。しかし、それまでの道のりは決して簡単なものではなかった。今回はそんなおふたりが同性婚姻するまでのラブストーリーを伺った。

ドラマ「ホワイトカラー」でおなじみの俳優のマット・ボマーさん。
そのスタイルと圧倒的なハンサム顔にとりこになった女性も多いと思います。
しかしながら彼は2011年に極秘婚をしていました…お相手はサイモン・ホールズさん。お二人には三人の子供もいます。そんなマット・ボマーさんについて調べてみました。

PinkNews@PinkNews

This amazing poster explaining different families could go up in every school in Ireland p.ink.cx/1KJBQPf pic.twitter.com/49Nux4NMmg
https://matome.naver.jp/odai/2145008727845968001
2019年03月17日